歯科矯正は虫歯があっても行えるの?

虫歯治療を行なってから歯科矯正をすることができます


歯科矯正をする場合は、虫歯があるなら基本は虫歯の施術を行なってから歯科矯正をします。

虫歯や歯周病があるときは、必ずそのまま虫歯などは放置せずに、施術をしてからの歯科矯正となります。

このために虫歯などがあっても、歯科矯正を行なうことはできます。

歯科矯正の前の虫歯の施術を行ないます

虫歯があるような状態では、まずは歯科矯正を行なうときには、虫歯の施術をします。

どのような部分の虫歯であっても、必ず歯科矯正の前には施術をしておきましょう。

そのまま放置して矯正を行なうと、虫歯が悪化することもありますので、大変なことになります。

ただ抜歯するような予定の歯であれば、施術する必要はなく、矯正が終わったあとに抜歯すれば良いです。

ただし痛みが酷いような場合は、先に抜歯した方が良いかもしれません。

そして被せ物のクラウンを入れるような場合は、一時的な仮止めにしておき、矯正後に噛み合わせなどをしっかり調節し、クラウンを入れるのが望ましいです。

どうしても矯正を行なうと、歯が動くことも多いので、先にクラウンを付けるとずれてしまうこともあります。

すでに神経を抜いているような歯は、そのまま矯正しても問題なく、矯正で歯が動いても影響はありません。

ただし外傷などを受けて神経を抜いている場合は、歯根膜が損傷している可能性もありますので、この場合は矯正前によく検査を受けた方が良いです。

虫歯の施術として歯の神経を抜いたときは、矯正を行なっても抜いた部分が影響することはありませんので、そのまま歯科矯正を行なって問題ありません。

歯科矯正中に虫歯ができた場合は、その施術をします


歯科矯正の方法としては、ワイヤー矯正やマウスピース矯正などいくつかの方法がありますが、装置をそのまま長い間歯に取り付ける方法もあります。

このような矯正方法では、歯と歯の間に小さい虫歯が出来たり、装置の裏側に隠れて虫歯が出来るようなこともあります。

小さい虫歯だと、目では確認できずにレントゲンにも写らないということもあります。

このような場合は、歯が動くにつれて虫歯が見えるようになれば、歯科矯正中であっても、虫歯の施術を受けることになる場合があります。

矯正器具を部分的に外して虫歯の施術を行ない、施術後にすぐに装置を再装着するのです。

このような虫歯でもそのまま放置することなく、見つかり次第施術が行えるのであれば、行なった方が良く、放置すれば虫歯が拡大するばかりです。

特に歯科矯正を行なうような場合は、装置を歯に付けますので、歯磨きをしても、歯ブラシが届かない、毛先が届きにくいというような場所もあり、いつもよりも歯磨きがしにくくなります。

そのために、磨きにくいからといって適当に歯磨きを行なうと、すぐに虫歯が出来てしまいます。

歯科矯正中は歯ブラシや歯磨き粉以外にも、マウスウォッシュなどを活用し、虫歯を作らないようにした方が良いです。

差し歯がある場合でも歯科矯正に影響はありません

差し歯があるような場合では、歯科矯正に支障はありません。

たとえばワイヤー矯正では、ブラケットという装置を歯に装着し、ワイヤーを通し歯を動かしていき矯正をしていきます。

装着時は接着剤を使用しますので、差し歯にもブラケットを取り付けることができます。

ただセラミックの差し歯の場合は、天然の歯と比べると接着力がやや落ちるということがあり、状態によっては器具が外れることもあります。

万が一セラミックの部分で何度も外れるようなことがあれば、奥歯ならバンドの輪をかける、前歯なら差し歯に穴を開けて接着しやすくするという方法をとります。

差し歯が連結していたり、ブリッジになっているような場合は、一部分を撤去したり連結部分を切断するようなこともあります。

このような差し歯に穴を開けたり切断するなどを行い矯正をしたときは、矯正終了後に差し歯の施術を再度行ない、場合によっては差し歯ごと取り替えます。

どのような差し歯でも、歯科矯正を行なうには、支障となることはありません。

しかし差し歯があるときに矯正器具を取り付けると、やはりこの場合も歯磨きがしにくくなるので、虫歯が出来ることだけは気をつけて、しっかりと丁寧に歯磨きを行なうようにすべきです。

(まとめ)歯科矯正は虫歯があっても行えるの?

1.虫歯治療を行なってから歯科矯正をすることができます

歯科矯正を行なうときに虫歯がある場合は、まずは虫歯の施術をしてからの歯科矯正となります。

そのために虫歯がある方はすぐに矯正を行えるとはいえませんが、施術を行えば歯科矯正は可能といえます。

2.歯科矯正の前の虫歯の施術を行ないます

虫歯があるような状態では、歯科矯正を行なう前には、まずは虫歯の施術をしてからの矯正となります。

また虫歯のために神経を抜いたような歯は、そのまま矯正しても構いません。

3.歯科矯正中に虫歯ができた場合は、その施術をします

歯科矯正中に虫歯が出来てしまったことが見つかれば、矯正中であっても虫歯の施術は行ないます。

矯正器具を一部分だけ取り外して施術を行ない、それが終われば再度矯正器具を取り付けます。

4.差し歯がある場合でも歯科矯正に影響はありません

差し歯があるような場合は、歯科矯正に支障はないので、そのまま矯正は行えます。

ただし差し歯に穴を開けるなど、矯正で必要とあり行なったなら、再度差し歯の施術が必要です。

5317
Return Top