口内炎は歯科矯正で解消されるって本当?

口内炎が歯科矯正で歯並びを整えることで解消される場合もあります


口内炎は歯並びが悪くて、歯列からはみ出た歯の角が粘膜に擦れることも要因とされています。

更に、虫歯処置で入れた詰め物や銀歯が歯に合っていなかったり、劣化して粘膜を傷つけている可能性もあります。

歯科矯正で歯並びを整えたり、被せ物を直すことで頻繁にできた口内炎が解消されることもあります。

口内炎は免疫力の低下など以外にも歯並びの悪さが原因として考えられます

口内は元々雑菌に対する防御力がありますが、体の抵抗力が弱まっている場合、口内に傷ができると炎症を起こしてしまうことなどにより口内炎が発症します。

主に体の疲れやストレスが溜まって免疫力が低下していたり、梅毒などのウイルスや細菌に体が感染することなどが原因として挙げられます。

また、虫歯を処置した際に被せた銀歯などの被せ物や詰め物がきちんと歯に合っておらず、被せ物が飛び出て粘膜に擦れているというケースもあるのです。

他にも入れ歯に発生したカビによる口内炎や、銀歯などの金属に対しアレルギー反応が起きて口内で接している部分が赤く炎症を起こすというケースも考えられます。

更に、歯並びが悪くて正しく噛み合わせができていないと、頬の内側の粘膜を歯で頻繁に噛んでしまったり、歯列から飛び出したとがった歯の角が頻繁に頬の内側や上下の唇の裏側の粘膜に擦れて、傷ができ潰瘍となってしまうこともあります。

つまり今まではうっかり頬の内側を噛んでしまって、たまたま傷ができて口内炎になってしまったと思っていた人もいるでしょうが、実は歯並びが悪いせいで頻繁に粘膜を傷つけている可能性があるかもしれないのです。

口内炎を放置すると、歯磨きが思うようにできず虫歯になるなど様々なリスクが考えられます


口内炎ができると、口の中に違和感を抱いて不快な気分になります。

更に、飲んだり食べたりする度に口内炎に染みて痛みを感じたり、好きな物を食べても美味しい、幸せだと感じにくくなり、ストレスが溜まってきます。

必要以上に飲食を控えるようになって、体が栄養不足になり、口内炎も治りにくくなるといった悪循環に陥るリスクもあります。

また、口内炎は通常1,2週間位で治りますが、歯並びが悪いことにより、歯列から飛び出た歯の角や被せ物などが粘膜に当たるのが原因ならば繰り返し粘膜を傷つけるので、治ったと思ったらまたできるというように繰り返す可能性もあります。

更に、口内炎ができていると歯ブラシが当たると痛いからということで、歯磨きが疎かになって磨き残しがでてきて、虫歯や歯周病などの口腔トラブルが発展する場合もあるのです。

口内炎だからしばらく我慢していれば、そのうち治るだろうと放置すると実は口内炎ではなく、口腔がんだったというケースもあります。

口内炎と口腔がんは、見た目も似ているので素人目には区別がつきづらいとされています。

2週間以上口内炎が治らない場合は、一度口腔外科を受診したほうがよいでしょう。

歯並びや被せ物の不具合が原因の口内炎は歯科矯正で解消が期待できます

口内炎が歯並びが悪く、飛び出た歯の角が粘膜に擦れたり、虫歯の処置の際の被せ物の不具合により粘膜を傷つけていることが原因でできる場合もあります。

そんな時は、歯科矯正で歯並びを整えたり、被せ物を直すことにより口内炎ができにくい環境を整えることが可能とされています。

歯科矯正の中でも自分の歯を削って、耐久性に優れたセラミック製の人工歯を被せる、セラミック矯正が注目されています。

天然歯に合わせて歯の形や色合いを選べるため、より自然で審美性の高い歯並びを実現できると追われています。

しかも、施術にかかる期間も短く、ワイヤーで長期間固定し口を開けると矯正器具が見えてしまうブラケット矯正とは異なり、施術中は仮歯を入れるので見た目にも矯正中であることが分からないのもメリットの一つです。

セラミック矯正で歯並びを整えることで、見た目に美しいだけではなく、噛み合わせが改善されるため歯の角が粘膜に当たることもなくなるため、口内炎防止には効果的だとされています。

更に、虫歯による被せ物が不具合を起こしている場合も、被せ物を取り除きセラミック製の人工歯を歯並びに合った形で作り、入れることで不具合を正すことも可能になるとされています。

(まとめ)口内炎は歯科矯正で解消されるって本当?

1.口内炎が歯科矯正で歯並びを整えることで解消される場合もあります

口内炎は歯並びが悪くて、歯列から飛び出した歯が粘膜を傷つけてできる場合もあります。

歯科矯正で歯列を整えることで、頻繁にできていた口内炎が収まる可能性もあります。

2.口内炎は免疫力の低下など以外にも歯並びの悪さが原因として考えられます

口内炎は体の免疫力の低下や、ウイルスの感染などが主な原因とされています。

それ以外にも、歯並びが悪くて歯の角が粘膜に当たったり、虫歯処置での詰め物や被せものが不具合を起こして、口内炎を作ってしまう場合もあります。

3.口内炎を放置すると、歯磨きが思うようにできず虫歯になるなど様々なリスクが考えられます

口内炎ができると、飲食時に染みたり歯磨きがしっかりできず、虫歯ができやすくなるなどのリスクが高まります。

更に、症状が似ている口腔がんと区別がつかず、発見が遅れて命に関わる場合もあります。

4.歯並びや被せ物の不具合が原因の口内炎は歯科矯正で解消が期待できます

歯科矯正で歯並びを整えることで、突出した歯が粘膜を傷つけることもなくなり、口内炎ができにくい環境が整います。

歯科矯正の中でも、歯を削ってセラミック製の人工歯を入れるセラミック矯正は、短期間でできて審美性が高いのが特徴です。

1740
Return Top