歯科矯正後に装着が必要となるリテーナーとは?

リテーナーは歯科矯正後の歯並びを定着させるための装置です


ワイヤーで歯を固定するブラケット矯正の場合、矯正器具を外すと歯は元に戻ろうとする力が強く働いてしまいます。

そのため、矯正で整えた歯列を安定させるために、歯に装着するマウスピースのような形状の装置、リテーナーの装着が必要となります。

リテーナーは矯正後の歯並びが元に戻るのを防ぐために装着します

ワイヤー器具で歯を引っ張って乱れた歯列を正しい位置へと戻すブラケット矯正は、数年かけて歯をゆっくり移動させる矯正法です。

矯正期間が終了すると器具を外しますが、歯には以前の乱れた歯並びへ戻ろうとする力が残っているのでそのままにしておくと、歯列が元通りになる可能性があります。

整えた歯列をしっかり歯に定着させるためにも、保定装置とされるリテーナーの装着が必要不可欠になります。

更に、ブラケット矯正では徐々に乱れた歯並びを正しい位置へと移動させていきますが、これまで物を噛んだりしてすり減った面積が大きいと、歯列が整っても実際にかみ合わせた時に、歯同士がきちんと合わさる面積が少なくなってしまいます。

リテーナーは素材が柔らかく、弾力性があるので、装着して噛んでいるうちに、矯正後の歯が小刻みに移動するので、噛み合わせをより良くなる効果も期待されています。

更に、ブラケット矯正では長期間器具を装着していると、歯磨きが十分に行き届かず食べかすが詰まって虫歯になるリスクも高まるので、すこし早めに外してリテーナーに交換することで見た目にもよく、歯磨きがしやすくなるという理由もあります。

リテーナーは脱着に手間がかかりお手入れが必要になります


リテーナーは、矯正器具を外したら24時間装着し続けなければならず、やや厚みがあるので発音しづらく、話しにくいというデメリットもあるのです。

更に、食事や歯磨き前には外さなけらばなりませんし、口の中の雑菌が付着しており、付けたままだと虫歯になりやすく、リテーナーにもカビが発生することもあるため、毎日洗浄液で洗うなどしてお手入れの必要があるなど、使用には結構手間がかかるのも特徴です。

また、リテーナー装着時は唾液が流れにくくなるので、外すのが面倒だといって糖分の入ったジュースなどを飲むと虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

他にも、リテーナーの扱いが悪いとゆがむ場合や、歯にはまらなくなる場合もあるので脱着は手で丁寧に行う必要があります。

こうしてみると、リテーナーはブラケット矯正後の歯列を安定させるには有効的ですが、ケアや使用方法などが結構面倒に感じるという人もいるではないでしょうか。

リテーナーを装着しなくても、歯列が整えられる歯科矯正だと負担も軽くて済むと言えます。

セラミック矯正だと短期間で済みリテーナーは不要となります

リテーナーはワイヤーで固定して歯列を整えるブラケット矯正後に、歯列を安定させるために必要となる器具です。

同じ歯科矯正でも、セラミック矯正なら短期間で施術が終わる上に矯正後にリテーナーを装着する必要がないので、日常生活においてのリテーナーの煩わしさもありません。

セラミック矯正は、元からある天然歯を削って土台とし、そこへ丈夫なセラミック素材で作られて人工歯をはめ込み、乱れた歯列を整えるという矯正方法です。

矯正後は、歯自体が人工歯に変わっているので元の位置に戻ろうとする力も働きにくく、噛み合わせも安定しているのでリテーナーで保定する必要もありません。

また、矯正期間中は仮歯を装着するので、見た目にもいつもとは変わらず、歯磨きなどもスムーズに行えます。

セラミック矯正は、何と言っても天然歯に合わせて色や形、大きさなどを選べるのでより自然で審美性に優れた歯並びが実現しやすいのが大きな特徴でもあります。

(まとめ)歯科矯正後に装着が必要となるリテーナーとは?

1.リテーナーは歯科矯正後の歯並びを定着させるための装置です

リテーナーとは、ブラケット矯正により治った歯列が、元の乱れた歯並びに戻ろうとするのを防ぐために、歯に被せる器具のことです。

リテーナーには、正しい歯並びを安定させる効果が期待できます。

2.リテーナーは矯正後の歯並びが元に戻るのを防ぐために装着します

リテーナーには、矯正後の歯並びを定着させる以外にも、素材の弾力性を生かして噛み合わせがより良くなる効果も期待できます。

更に、矯正器具を装着している時よりも歯磨きなどがしやすいので、虫歯予防にもなるなどのメリットがあります。

3.リテーナーは脱着に手間がかかりお手入れが必要になります

リテーナーはブラケット矯正後に欠かせない装置ですが、24時間装着が基本で飲食や会話がしづらいという面もあります。

更に、食事や歯磨き前には外し、菌やカビなどが付着しやすいのでお手入れも必要なので、面倒だと感じる方もいるでしょう。

4.セラミック矯正だと短期間で済みリテーナーは不要となります

ブラケット矯正では矯正後のリテーナーの装着が必要となります。

一方で、セラミック矯正なら矯正期間が短い上に審美性が高く、リテーナーも必要ないため煩わしい思いをしなくても済みます。

4274
Return Top