セラミック治療にはどんなリスクやトラブルがある?

セラミック治療のリスクやトラブルは医師選択に原因があると考えられます


セラミック治療の技術は非常に高くなってきており、優秀な技師が作製したセラミックは実際の歯と区別がつかないほど見事に作られているもののようです。

そのようななかでセラミック治療のリスクやトラブルがあるとすれば、それは賢明に医師を選択しなかったということが挙げられるでしょう。

専門的な医師を選択せず、単に価格だけで安いところを選んだり、実績が不安なところを選んでしまうと、満足の行く治療結果にならないケースもあるかもしれません。

例えば微妙に透明感や美しさの足りないオールセラミックにされてしまったり、虫歯になりやすくなってしまったなどの問題が起こりかねません。

セラミック治療を希望する場合はまず医師選択の段階から慎重に行う必要があります。

リスク・トラブルよりもセラミック治療はメリットが多いです

しっかりとした技術と知識、そして備えを持っている医師にかかれば、セラミック治療は決してそれほどリスキーなものではなく、多くの人々の口元のコンプレックスを解消してきた有効な手段と言えます。

そもそもセラミック治療というものは、セラミックという素材を用いて、黄ばんだり銀歯が詰められてしまった歯を再び自然で美しい歯にしようという治療です。

代表的なのはセラミッククラウンという治療で、セラミックの材料を用いて歯に詰め物やかぶせ物をするという方法です。

昔ながらの銀歯における問題の一つは金属アレルギーという体質の問題でしたが、セラミックを用いることによってこの金属アレルギーの問題からも解放されますし、強度も強い素材なので安心して使うことができます。

セラミックの素材にもいくつかの種類があり、代表的なものとしては「メタルボンド」「ピュアジルコニアクラウン」「オールセラミッククラウン」「ダイヤモンドセラミッククラウン」などがあります。

セラミック治療は保険は利かないが価値が高い方法と考えられます


費用の面でも高額になるセラミック治療ですが、健康保険が使えないので二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。

セラミック治療の場合は単純に歯を治すという目的以外に、見栄えをよくするという美容面での目的が強くあるために、健康保険の対象とはならないのです。

そうなると歯の治療にそれだけのお金をかけるのはある意味金銭的リスクが高いと判断する人もいるかもしれません。

確かにただ虫歯を治したりするだけならセラミック治療にする必要はありませんが、歯の美しさは見た目の向上にかなりの貢献をします。

美容整形や脱毛にかなりのお金をつぎ込む人も多いですが、それを考えるとセラミック治療をした結果の美容効果というものも投資するに値するものだと言えるかもしれません。

ちなみに保険が利いているのかと思うほどの格安セラミックも存在していますが、それだけ格安で提供できる納得のいく説明があるかどうかきちんと調べるようにしましょう。

セラミック治療は二次虫歯にもなりにくいです

せっかく歯の治療をして銀歯にしたり、差し歯にしたりしてもすぐにまた虫歯(二次虫歯)になってしまう人もいます。それはかぶせた物と歯の間に徐々に隙間ができてしまい、唾液などがそこの侵入し新たな虫歯ができてしまうという仕組みです。

セラミック治療の場合は陶器でできているので、歯との密着性が高く、二次虫歯になりにくいというメリットがあります。

さらにオールセラミッククラウンなどは金属を使用していないので、歯茎の黒ずみなど嫌な変色の心配があまりないようで、見た目の面で劣化しにくいという安心感があります。

さらに陶器は素材の変化があまりなく劣化が起きにくいので、セラミックは寿命がかなり長いと言われています。

セラミック治療に関するリスクや起こりうるトラブルはきちんと考える必要がありますが、基本的に安心して利用できるものであるため、本格的な歯の治療を考えている方はセラミック治療を調べてみてください。

(まとめ)セラミック治療にはどんなリスクやトラブルがある?

1.セラミック治療のリスクやトラブルは医師選択に原因があると考えられます

セラミック治療のトラブルというと、透明感の足りないオールセラミックになってしまったり、虫歯になりやすくなったなどのケースがあるかもしれません。

まずは専門的な医師のもとで治療を受けるということが大前提になります。

2.リスク・トラブルよりもセラミック治療はメリットが多いです

セラミック治療を使えば、今まで目立ってしょうがなかった銀歯などの詰め物をより自然な色のセラミックに変えることができます。

金属アレルギーなどの問題もないのでかなり安心して用いることのできる素材ということがわかります。

3.セラミック治療は保険は利かないが価値が高い方法と考えられます

セラミック治療は美容目的の側面が強いので保険の適用外となりますが、自分の美容への投資と考えて高額でもセラミック治療を受ける人もいます。

安すぎるセラミックには気をつけて、納得のできる情報を集めるようにしたいものです。

4.セラミック治療は二次虫歯にもなりにくいです

セラミックは二次虫歯になりにくかったり、歯茎の黒ずみが生じにくいというメリットがあります。

歯の治療を今考えている方はセラミック治療を考慮してみてはいかがでしょうか。

4384
Return Top