セラミック矯正と輪郭矯正はセットでしたほうが良い?

見た目の美しさを重視するならセラミック矯正と輪郭矯正を一つの医院で行うこともできます


口周りの美しさの追求には歯並びなどのキレイさだけでなく、輪郭の調整なども関係してきます。

輪郭矯正といって骨格的要素の施術もありますので、その両方を行うならばかなり整った口元を手に入れることができるはずです。

セラミック矯正によって美しい歯並びと歯を手に入れることができるようですが、輪郭矯正は顔のシルエットに大きな影響をもたらすものとなります。

輪郭矯正のことを「受け口の修正」ともいいますが、輪郭が整えられると見た目の印象はかなり変わることが期待できるでしょう。

セラミック矯正と共に輪郭矯正についても調べてみてください。

セラミック治療にはメリットがたくさんあります

今までの歯の治療方法と言うと、差し歯や銀歯というイメージが強かったと思います。

そのような治療をしてしばらく経つと、歯茎との間が黒ずんできたという経験をする方は多いのではないでしょうか。

また人によっては銀歯によって強く金属アレルギーが出てしまうというケースもあります。

セラミック治療の場合、オールセラミックであればまず金属を用いていないので、金属アレルギーがある人でも安心して治療することができますし、歯茎の黒ずみなども発生しないと言われていますので、見た目の美しさも保たれることになります。

しかしセラミックを扱っている医院ならばどこでも一緒というわけではなく、どれだけの実績があるか、セラミックを扱う技術がどれほどのものか、扱っている材料はどれくらいあるか、価格はどれくらいかなど調べておかなければならないことは意外とたくさんあります。

医師選びこそがセラミック治療を成功させる秘訣とも言えますので、信頼できる医師の施術を受けることが大切です。

口元の美しさは歯の形と色です


口元をしっかり美しく整えたいと思う場合に多くの人はすぐに歯並びのことを考えると思います。

実際どのような治療が必要になるかは人によって差があります。

ただ単に歯の色を白くしたいだけなのか、それとも歯並びを整えたいのか、はたまた歯並びも整えて歯の色もキレイにしたいのかなどです。

歯並びも歯のサイズも、そして歯の色も美しくしたい場合はやはりセラミック治療が威力を発揮します。

さらに前述したような輪郭矯正までも考慮に入れるならばまさに口周り全体を整えることになります。

笑ったときに見える歯は非常に重要なので、歯並び、色だけでなく、各歯のサイズまでも気を使って調整する人もいるようです。

自分に合った歯並びやサイズを知るためには専門家に相談するのが一番でしょう。

セラミックの材質も複数存在します

輪郭矯正などと併用して思い通りの美しい歯を実現する手段となるセラミック矯正です。

実は、このセラミックという素材もいくつかの種類に分けることができます。

それぞれ価格も違いますので、なるべく多くの種類を取り扱っている医師のもとでセラミック矯正が受けられると安心です。

専門家に相談しながら、状況や予算に合わせて最適なものを選びましょう。

メタルボンドやダイヤモンドセラミッククラウンなど色々な種類があるなかで、皆さんが一番よく聞かれるのはオールセラミッククラウンかもしれません。

このオールセラミッククラウンはセラミックのベースにセラミックを焼き付けるタイプの素材ですが、このオールセラミッククラウンは歯の付け根の黒ずみが発生する可能性が少ないという点で使いやすく人気があります。

また多くの種類を扱っているかどうかだけでなく、技術的にもセラミッククラウンを扱う技術が高い医師に任せてください。

(まとめ)セラミック矯正と輪郭矯正はセットでしたほうが良い?

1.見た目の美しさを重視するならセラミック矯正と輪郭矯正を一つの医院で行うこともできます

セラミック矯正は美しい歯並びと歯が手に入ると人気ですが、輪郭の矯正も合わせて行う人もいます。

輪郭の矯正をしてさらにセラミック矯正もすると見た目のシャープさと爽やかさが増し、印象が大幅に変わることが期待されます。

2.セラミック治療にはメリットがたくさんあります

セラミック治療を選ぶと、差し歯や銀歯を使ったときのような歯茎の黒ずみなども生じにくく、金属アレルギーに悩まされることもなくなります。

技術も知識も一流の医師の診断と治療を受けることが大切です。

3.口元の美しさは歯の形と色です

人の顔の印象というものは口元の美しさによって左右されます。

歯並びも歯の色調も、そして歯のサイズまでも適正なものにしたければ歯科に相談のうえセラミック治療がおすすめです。

4.セラミックの材質も複数存在します

セラミック治療の中でも一番よく聞くオールセラミッククラウンは歯の付け根の黒ずみが生じにくいという点で人気があります。

ほかにもいくつかの種類がありますので、条件にあわせて最適なものを選んでください。

1958
Return Top