セラミック矯正した歯は不自然に見える?

セラミック矯正は不自然な歯にならないように工夫されています


ギラギラと光る銀歯がイヤで、改めてセラミック治療を受けたいと考える方も多いと思いますが、ものすごくキレイな歯になってかえって不自然に見えるんじゃないかと心配する方もいます。

しかし今や技術はどんどんと進歩していますので、腕の良い技師の作るセラミックを使用した歯は本物と見分けがつかないほど精巧なものもあるようです。

もちろん材料から治療する場所までしっかりと選ぶ必要がありますが、極力自然に見える形で歯の矯正や治療ができるように技術が上がってきているということがわかります。

歯並びなどで長年悩んでいたり、以前治療したところや差し歯などが汚くなってしまっていてキレイにしたいと思っている方はセラミック矯正に注目してください。

不自然さのない美しい歯はセラミック矯正で実現が期待できます

今の時代は芸能人でなくても歯が命なのは常識になってきているのではないでしょうか。

歯科の世界の治療法もどんどんと進んでおり、よりナチュラルに美しく見える歯の治療方法が登場してきています。

歯の治療といっても、保険が適用される範囲の安価な治療だけでなく、自費で行うような高額な治療も積極的に行う人は多くいます。

その中の一つがセラミック治療であり、歯の黄ばみに悩んでいる人や、銀歯が見た目的にも、また金属アレルギーなどの問題の面でも気になっている人にはおすすめの治療方法です。

セラミックという素材で実に自然で美しく見える歯を実現できるので、多くの人がこのセラミック矯正を使って治療をしています。

セラミックは自然の歯に近い色調なので、なにか不自然な輝きをギラギラと放つようなものではなく、またセラミックの中でも複数の素材が存在するので、予算や好みに応じて選択する余地があります。

扱っている材料が多く、また技術的にも評判の良い医師を選ぶのも大切なことです。

見た目の美しさのためのセラミック矯正は保険適用外です


セラミック矯正はオールセラミッククラウンで1本10万円を超える費用が相場なので、決して安くない治療と言えます。

そこで保険が使えるのかどうか気になっている方も多いのではないでしょうか。

残念ながら基本的にセラミック治療に関しては保険の適用外となっています。

これはセラミック治療が単なる歯の治療ということではなく、見た目の美しさを気にしての美容の側面があるからというのがその理由です。

もちろんこれは歯科医院が勝手にそう言っているわけではなく、国によって決められていることです。

健康保険というのはその名のとおり、身体の健康のための治療に関する保険であって、見た目の美しさのための治療に使うものではないということです。

反対に言うと単なる治療ではなく、美容の面での価値があるので、費用がかかったとしてもセラミックにする価値は十分あると言えるのではないでしょうか。

自分への投資としてそれだけの歯の治療ができるかどうか考えてみましょう。

セラミック矯正でブラックマージンを避けましょう

差し歯などをしている場合、その差し歯と歯茎の間に黒ずみができてしまうことがあり、これを「ブラックマージン」と呼びます。

口を開けて笑った時などに見えてしまうので見栄えが良くなく、これがコンプレックスになってしまう人もいます。

このブラックマージンは歯のかぶせ物に金属が使われていて、時間の経過と共に歯茎のラインが下がってきて、金属部分が露出して見えたり、土台のところに用いられている金属の成分が歯茎の中に流出してしまうということによって生じます。

金属アレルギーにもつながりかねないこのブラックマージンですが、セラミックを使用して治療することによって金属を使用しなくなるので、ブラックマージンも避けられますし、かぶせ物自体の変色も避けられます。

自然で美しい歯を実現するためにセラミック矯正はとても有効な治療方法なのです。

(まとめ)セラミック矯正した歯は不自然に見える?

1.セラミック矯正は不自然な歯にならないように工夫されています

最近のセラミックの技術では本物の歯と見分けがつかないほどクオリティの高いものも作れるようになってきています。腕の良い歯科で美しい歯を手に入れるのはいかがでしょうか?

2.不自然さのない美しい歯はセラミック矯正で実現が期待できます

セラミックは自然の歯に色調が近く、透明感がありながらもナチュラルで綺麗な歯を手に入れることが可能です。

セラミックにも種類があるため、扱っているセラミックの材料が多い医師を選択して治療を受けるようにしましょう。

3.見た目の美しさのためのセラミック矯正は保険適用外です

セラミック矯正は残念ながら保険の適用外です。

健康保険は身体の健康のための治療に用いるものですので、美容目的の強いセラミック治療には使うことができないのです。

あくまで美容の面での自己投資というイメージになります。

4.セラミック矯正でブラックマージンを避けましょう

歯茎のところが黒ずんでくるブラックマージンという症状がありますが、セラミック治療をすることによって金属を使わない治療になるので、ブラックマージンを避けることができます。

3599
Return Top