セラミック矯正では年齢は関係ないの?

セラミック矯正には年齢はあまり関係しないといえるでしょう


ワイヤー矯正もセラミック矯正も、今ではどの年齢でも実施が可能な施術法です。

ただし、施術に要する期間や器具装着の要否などに大きな差があり、年齢だけではなく社会的な立場も考慮して施術法を決めることが重要と言えるでしょう。

セラミック矯正は口元を気にすることなく、矯正をすすめることができ、年齢以外の要素にも配慮した施術法といえます。

年齢と歯の関係、歯以外にも考えなければいけないことがあります

1989年に愛知県にて「80・20運動」が開始されました。

これは、80歳までに自分自身の天然の歯を20本残しましょう、というものです。

現代の日本においてはそのような運動が起こるほど、高齢になると歯を抜かなければいけない状況に陥る方が多いのです。

年を取るにつれ歯を抜かなければいけない状況に陥る最大の原因は、歯周病です。

歯周病は20歳代からすでに始まっていて、20歳代の3分の1程度の方にはすでに歯周病が発生しているといわれています。

そして、40~60歳代でピークを迎え、その後は減少していきます。

60代以降で歯周病が減少するのは、歯周病の結果として抜歯を余儀なくされ、歯周病になる元となる歯自体が存在しない人の割合が増えていくためです。

この歯周病は、普段の歯磨き習慣やその方法が影響するのはもちろんですが、実は歯並びも歯周病に大きく関係しています。

これについては、次で詳しくお話しましょう。

歯並びの悪さと歯周病には大きな関係があるといわれています


歯周病の大きな原因は、歯と歯茎の間にある歯周ポケットで、細菌が繁殖することです。

これが歯の奥まで浸透し、歯を支える歯槽骨やその表面にある膜を溶かしてしまい、歯を支えることができなくなると、抜歯が必要になります。

歯周病の予防には歯の表面だけではなく、歯周ポケットの中にもきちんと歯ブラシを届かせ、細菌を掻きだすことが必要になります。

ところが、歯並びが悪く、歯と歯に重なり合いがあったりすると、その周辺の歯周ポケットを綺麗にお掃除することが難しくなります。

そのため、歯並びが悪いと歯周病になりやすいのです。

また、歯並びが悪いことで噛み合わせにまで影響が及ぶと、咀嚼による唾液の分泌が不良になることがあります。

口の中の細菌は、乾燥した状況で繁殖力が高まっていきます。

歯周病予防にとって唾液は必要な存在なので、歯並びや噛み合わせの問題があり、唾液分泌が阻害される場合には、歯周病治療だけではなく歯並びの治療も必要になってきます。

年齢を考慮した矯正ならセラミック矯正が最適といえるでしょう

歯並びを改善させるための歯列矯正の方法は、現在ではワイヤー矯正とセラミック矯正が一般的なのではないでしょうか。

ワイヤー矯正は中高生などの若い年代に人にしか適用されないと思われがちですが、歯や歯茎が健康であれば今ではどの年齢でも実施可能といわれています。

ただ、歯列矯正の間は歯に器具やワイヤーを装着せねばならず、またその期間も保定も含めると4年以上にも及びます。

歯列矯正を行う場合、年齢だけではなく、年齢に伴ってついてくるその人の社会的立場も考慮する必要があることを考えると、器具が見えてしまうワイヤー矯正では不都合を感じる人も少なくないことでしょう。

また、歯周病があればその治療が優先され、ワイヤー矯正の開始が遅れることにつながりますから、なかなか歯並びが改善できないことにやきもきする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

セラミック矯正の場合、歯周病治療が優先されるのは同様なのですが、歯列矯正にかかる期間はワイヤー矯正に比べて非常に短期間で済みます。

また、矯正期間に「歯がない」という時期はまったくなく、たとえ天然の歯を削ったとしても仮歯で過ごすことができるため、矯正していることを周囲に知られることなく施術を進めることができます。

これであれば、営業職などで人と接する仕事をしている人でも、周りの人に気づかれることなく、歯列矯正を進めることができるでしょう。

(まとめ)セラミック矯正では年齢は関係ないの?

1.セラミック矯正には年齢はあまり関係しないといえるでしょう

セラミック矯正は歯に器具を装着する必要がなく、また3ヶ月程度で矯正が完了するため、矯正していることを周囲に気づかれずに進めることができます。

どの年齢でも実施できますし、社会的立場も考慮するとセラミック矯正のほうが良いと言えるかもしれません。

2.年齢と歯の関係、歯以外にも考えなければいけないことがあります

年齢と共に、歯に関して心配しなければいけないことに、歯周病があります。

歯周病は20歳代からすでに始まっているという人が比較的多く、40~60歳代ではその数はピークに達します。

3.歯並びの悪さと歯周病には大きな関係があるといわれています

歯周病と歯並びの悪さは無関係ではありません。その原因は、歯並びの悪さによる噛み合わせの不良により、咀嚼で十分な唾液が分泌されずに口の中が乾燥することが挙げられます。

その場合、歯並びの治療をしなければ歯周病リスクは消えないといわれています。

4.年齢を考慮した矯正ならセラミック矯正が最適といえるでしょう

ワイヤー矯正でもセラミック矯正でも、歯周病があればその治療の後に矯正が開始されるのは同様です。

しかし、施術にかかる期間をはじめ、矯正に必要な器具の有無、見た目にも大きな違いがあり、セラミック矯正は年齢による社会的立場も保持できるといえます。

2020
Return Top