セラミック矯正では虫歯になりにくいって本当?

セラミック矯正では虫歯になりにくいといわれています


虫歯は、食事の内容や歯磨き習慣の有無が原因でできますが、実は歯そのものにも虫歯になりやすくする原因が存在します。

セラミック矯正は、天然の歯よりも硬い素材です。歯磨きで小さな傷ができにくく、歯垢や虫歯菌の付着が起こりにくいため、土台との密着度がしっかりとしていれば虫歯の心配がありません。

歯の表面に付着した歯垢を放置すると虫歯になる危険性があります

黒ずみを起こし、酷くなると歯の痛みをもたらすのが虫歯です。

あるいは、銀歯やレジン(プラスチック)のかぶせ物(クラウン)の下で、虫歯が発生することもあります。

では、虫歯はどのようにして始まり、酷くなっていくのでしょうか。

天然の歯の表面はエナメル質によってツルツルしていますが、細かな凹凸があります。

この、歯の凹んだ部分に虫歯菌の一つであるミュータンス菌が付着するのが、虫歯の始まりです。

もちろん、付着した菌を歯磨きで除去すれば、虫歯は防げます。

ですが、それをそのままにしておくと、恐ろしいことが起こります。

歯の表面に付着したミュータンス菌は、菌自身がもつ酸によって糖分を分解、ネバネバとしたフィルムのような物質を作り、そのフィルムが糊の役割となってさらに虫歯菌を引き寄せ集めます。

その後、ミュータンス菌は酸を発生させて歯の表面を溶かし出し、歯に少しずつ穴をあけていきます。

そして、その空いた穴にもう一つの虫歯菌であるラクトバチラス菌が付着、歯の中にできた穴に住み着いてさらに歯を溶かし、虫歯を大きくしていきます。

その穴がどんどん大きくなっていくと、歯ブラシが届くのは難しいため、虫歯菌の除去は困難となるので、虫歯は進行の一途をたどります。

虫歯を予防するためには、歯に穴が空くよりも前に、歯の表面に付着した歯垢を歯磨きできちんと取り除くことが、最善の策となるのです。

セラミック矯正では虫歯を予防することができるといわれています


セラミック矯正で用いられるセラミック素材は、虫歯に強いといわれています。

それは、どうしてでしょうか?

まず、表面が非常にツルツルしていて、歯垢が付きにくいという点があります。

天然の歯も、レジンによる修復の場合も、歯磨きの方法や力の入れ具合、あるいは歯磨き粉の研磨剤の作用などによって、歯の表面に非常に細かな傷を作ってしまいます。

その傷は、虫歯菌にとっては格好の住処となるのです。

できた傷が小さいほど歯ブラシは届きにくくなり、虫歯菌が除去されることも少なくなるためです。

そして、そこを足掛かりにして、少しずつ虫歯菌は増殖していきます。

ところが、セラミックの場合は天然の歯よりも非常に硬いため、歯磨きでは傷ができることが殆どありません。

ですから、歯垢はおろか、虫歯菌が付着したとしても、歯磨きで簡単に除去されてしまうのです。

また、かぶせ物(クラウン)の下で虫歯が発生するというのもよく耳にしますが、セラミックの場合は土台の表面にも凹凸や細かな傷がつかないよう、丁寧に成型した上に、それにぴったり合うようにクラウンを製作し装着しますので、虫歯菌が中に入り込む危険性も少ないのです。

このように、セラミック矯正の場合は、虫歯になるリスクを下げることもできるのです。

ワイヤー矯正では虫歯になりやすいといわれています

歯並びの矯正というと、歯の表面にワイヤーのついている「ワイヤー矯正」を思い浮かべる人の方が多いのではないでしょうか。

歯並びの悪さは幼少期から始まりすから、天然の歯を抜かずに対処できるワイヤー矯正の方が良いと思われる方は少なくないでしょう。

また、セラミッククラウンの耐用年数が20年程度ということを考慮すると、中高生でセラミック矯正を行うと、30~40歳代での入れ替えも考慮しなくてはならず、かかる費用のことも考えるとワイヤー矯正の方が選択されやすいかもしれません。

ですが、ワイヤー矯正は虫歯になりやすいというのを、ご存知でしょうか?
歯の表面に付ける器具「ブラケット」やワイヤーと歯の間は、歯ブラシが届きにくく、虫歯になる確率が高いのです。

あるいは、そのことを考慮して歯磨きに慎重になりすぎると、逆に歯ブラシで歯を擦り過ぎて歯の表面のエナメル質を傷つけ、知覚過敏を起こすことも指摘されています。

(まとめ)セラミック矯正では虫歯になりにくいって本当?

1.セラミック矯正では虫歯になりにくいといわれています

虫歯には、なりやすい場所というのがありますが、セラミック矯正の場合は虫歯になりやすい場所というのがほぼ見当たらないといわれています。

装着後に長期間経過してもそのような場所ができにくいため、虫歯予防には非常に良い施術法といえます。

2.歯の表面に付着した歯垢を放置すると虫歯になる危険性があります

虫歯は、ミュータンス菌が歯の表面を溶かして初期の虫歯を作り出した後、ラクトバチラス菌が加わることで進行していきます。

虫歯の予防には、歯の表面に穴が空く前に、虫歯菌が住み着いている歯垢を取り除くことが必要です。

3.セラミック矯正では虫歯を予防することができるといわれています

セラミックによる矯正では、歯磨きなどで虫歯の温床となる細かな傷ができる心配がないため、歯垢が付着したり虫歯菌が付着する心配がほとんどありません。

そのため、虫歯予防にはセラミックがうってつけといえるのです。

4.ワイヤー矯正では虫歯になりやすいといわれています

ワイヤー矯正の場合は、歯の表面に取り付けた器具やワイヤーと、歯の表面との間で虫歯になりやすいことが分かっています。

その理由は、器具やワイヤーと歯の境目に歯ブラシが届きにくいことが原因となっています。

2049
Return Top