セラミック矯正は歯周病があっても行える?

歯周病の方でも問題なくセラミック矯正できるといわれています


歯周病のある方は、歯科矯正ができるかどうか心配することもあるでしょう。

その場合は、まずは歯周病の施術を行なってから、セラミック矯正に移ります。

このために、歯周病をきっちり施術してから、矯正するという順番です。

必ず歯周病があるまま矯正は行なわず、施術してから行ないます。

歯周病とは歯茎の炎症です

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症のことであり、歯と歯肉の境目の歯磨きを怠ると、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりします。

虫歯は歯を溶かす症状なので、歯周病と虫歯ははっきりと違います。

そして歯周病は徐々に歯肉を侵していき、歯肉を後退させますので、次第に歯を支える土台が溶けて少なくなっていきます。

初期症状では歯がぐらぐら動くぐらいになりますが、そのまま症状が進行すると歯が抜け落ちることとなり、またはその前に歯医者で抜歯することもあります。

歯周病になると、歯肉が赤くなり歯と歯の間の歯肉が丸みを帯びていきます。

少しのブラッシングでも血が出たり、リンゴなどの硬い物を噛んでも血が出るようになります。

そうして歯と歯肉の間に歯垢が溜まっていき、これがいわゆる歯周ポケットというものであり、どんどん症状を悪化させ、歯茎も後退するので歯が長く見えるようになっていきます。

歯肉に溜まる細菌が原因となる症状なので、毎日の歯磨きをきちんとせず怠ると歯周病となります。

歯磨きでは歯肉の奥までの細菌も、歯ブラシを届くようにして、よく磨くのが大切ですが、歯磨きを適当にしていると、どんどん歯周病は悪化していきます。

歯周病は歯茎を後退させてしまうことがあります


歯周病は以下のような症状があれば、発症している可能性が高いです。

  • 起きると口の中がネバネバする
  • 歯磨きすると血が出る
  • 歯肉がむずむずして痛い、赤く腫れている、違和感がある
  • 硬い物が噛みにくい
  • 歯が長くなった気がする
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間が出来る

このような症状があれば歯周病である可能性が高いです。

また口の中を見たときに歯茎が赤く腫れていれば歯周病であり、歯が動いているなら歯周病がかなり進行している可能性があります。

その他にも、歯周病は歯ぎしりやくいしばり、不規則な食生活や喫煙、ストレスなどによっても症状を誘発します。

歯磨きを怠っていると歯肉の部分に歯垢が出来ていき、この中にいる細菌によって炎症を引き起こします。

歯垢は溜まっていけば、次第に歯石となり、歯石となった部分は歯磨きでは取れなくなります。

そのままにしておくと細菌が歯周病を悪化させますので、歯磨きをしてもすぐに口の中は汚れるようになり、歯周病を悪化させます。

歯周病の初期症状としては、歯茎が腫れることや歯がグラグラ動くことなどであり、硬い物を噛みにくかったり噛むと血が出るなどもあります。

これぐらいだとさほど食事や生活に支障はないですが、症状が悪化すると歯が抜けますので、早めに歯医者で施術して治していくべきです。

歯科矯正は歯周病の施術を行なってから開始します

基本的に歯周病のある方は、歯科矯正を行なう前には、まず歯周病を治していきます。

歯肉の状態を見て歯周病かどうか検査し、炎症を納める施術を行ないます。

そして施術後に再度検査を行ない、腫れや炎症が引いているかを確認し、確認できたらセラミック矯正へと移ります。

歯科矯正では歯に力をかけますので、健康な歯では問題ありませんが、歯周病がある方がそのまま矯正を行なうと、歯周病がさらに進行することもあります。

このために、歯周病のある方は、必ずまずは歯周病を治す施術を行なってから矯正に移ります。

ただ最近では、歯周病があるような方でも、完全に治すのではなく、歯肉の腫れを抑えることで矯正が行なえるようになってきました。

さらには矯正を行なうと、歯周病が改善しやすくなるというメリットもあります。

歯周病の原因は歯肉にある歯垢であり、これを取り除き綺麗に歯を磨いていくと、症状は改善できます。

このために、ご自身で歯磨きを丁寧にしっかりと行い、歯や歯茎の隅々まで磨き残しが無いように磨くだけでも、改善は可能です。

歯石となっている場合は、歯医者で歯石除去を行ない、炎症を引き起こす細菌を除去することで、健康に近い歯肉になっていき、症状の改善も可能となります。

(まとめ)セラミック矯正は歯周病があっても行える?

1.歯周病の方でも問題なくセラミック矯正できるといわれています

歯周病のある方でも、歯科矯正を行なう場合は、その前に歯周病施術を行ない治します。

そして歯周病の施術を行ない、腫れなどを治してから、セラミック矯正へと移ることができます。

2.歯周病とは歯茎の炎症です

歯周病は歯肉と歯の間に溜まった細菌が原因で起こる症状です。

初期症状では歯肉が腫れる、歯がグラグラ動くぐらいですが、症状が悪化すると歯が動きやすくなり、最後は歯が抜けます。

3.歯周病は歯茎を後退させてしまうことがあります

歯周病になると、歯茎が腫れる、物を噛むと歯から血が出る、歯がグラグラ動くなどの症状が出ます。

そして症状が悪化すると、歯茎が後退していき、歯が抜け落ちてしまいます。

4.歯科矯正は歯周病の施術を行なってから開始します

歯周病のある方が歯科矯正を行なう場合は、まずは歯周病の施術を行ないます。

歯周病があるまま矯正を行なうと、症状をさらに悪化させることもあるので、必ず矯正前に施術を行ないます。

4813
Return Top