湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

セラミック矯正のトラブルにはなにがある?

セラミック矯正のトラブルとして考えていた歯並びと仕上がりが違う場合があります


セラミック矯正は歯を削ってセラミックの人工歯を被せる矯正方法です。

どうしてもお客様がこのような歯並びにしたいと考えて行なっても、多少違う感じになってしまうことはあります。

また染みるようになってしまった、歯茎が後退したとうようなこともあります。

思い通りの歯並びにならないことがあります

お客様の中には、歯並びが悪いからセラミック矯正を行ないたいという方の他にも、芸能人のあの方と同じ歯並びにして欲しいというような希望で、矯正を行なう方もいます。

どうしても歯の大きさやあごの骨の形などは人それぞれなので、他の人とまったく同じ歯並びにすることは不可能なのです。

あの人と同じ歯並びにしたいと考えて矯正を行なおうとするならば、歯を矯正することを一度考え直した方が良いかもしれません。

歯並びを矯正するために行なう場合でも、これも歯の形などに個人差があり、虫歯や歯周病などの要因もあり、綺麗にはできますが、完璧に揃えるなどはできない場合があります。

また歯並びも、その人その人に適した形があり、無理にその部分だけ矯正を行なっても、一部分だけ不自然になり、余計に見た目が悪くなる場合もあります。

無理に矯正を行ない、体調が悪くなってしまうようなケースもありますので、事前に良くカウンセリングは行ないます。

その上でお客様と私たち医師が同意の上で、矯正を行なっていきます。

どうしても矯正を行なう上で悪影響が出たり、無理だという部分があれば素直に伝えますので、その場合は、他の方法などを検討されると良いでしょう。

矯正をすると歯が染みる場合もあります


歯科矯正を始めると、歯磨きがしにくくなるので、虫歯になるのではないかと心配する方がいます。

そんな時に歯が染みてくると、やはり虫歯になってしまったと思うような人もいます。

しかし歯が染みるという現象は虫歯によるものでなく、知覚過敏という症状によるものです。

またその他にも、セラミック矯正では歯を削りますので、どうしても染みることがあり、これは矯正を行ない時間が経てば改善する症状です。

知覚過敏は歯茎がやせたり、歯の根元の部分が外に出てくると染みることがあるので、経験するよな方もいるでしょう。

矯正を行なうと、歯を削る以外にも、特定の歯にだけ力が集中するなどのこともありますので、これにより一時的に知覚過敏のように歯が染みることもあります。

しかし歯が染みるとはいっても、これは知覚過敏ではありませんので、施術を行ない時間経過と共に染みなくなる方がほとんどです。

おおよそ遅くても3週間で矯正は完了しますが、それぐらいの時期になると染みなくなります。

ただどうしても染みていたい、染みることが多いなどの場合は、痛み止めを使う方もいます。

いつまで経っても染みて痛みが多く、その痛みが強い場合は神経を抜くようなこともあります。

歯茎が退縮していくこともありえます

矯正によって歯茎が後退していくということはあります。

きちんとした矯正を行ない、対処することが重要であり、矯正後に歯茎の後退がわかったときは、再度その部分は矯正し見た目を美しくすることもできます。

ただ矯正の影響による後退という場合もあるのですが、その他に日頃のケアでも歯茎が退縮することもあります。

それは日頃の歯磨きの方法によるものであり、ブラッシングの方法が間違っていると退縮は起こります。

歯ブラシを強く歯に宛ててブラッシングをしている、歯茎を必要以上にブラッシングして痛めるなどの場合は、後退が起こりやすいです。

歯茎の退縮や後退を防ぐには、まずは歯と歯の隙間を磨くときは歯ブラシを細かく動かす、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間や歯茎は無理してまで磨かない、という点に気をつけましょう。

歯茎を磨くときは、糸ようじを用いたり、歯肉活性化用の歯磨き剤がありますので、これらを使い間接的に磨くようにすべきです。

また使う歯ブラシも、毛が硬めの歯ブラシだと、歯茎を傷つけやすいので、歯ブラシを持つときはそれほど力をいれなくて良いです。

もしも歯磨きの方法がよくわからず心配だと言う方は、一度ご相談されても良いかと思われます。

(まとめ)セラミック矯正のトラブルにはなにがある?

1.セラミック矯正のトラブルとして考えていた歯並びと仕上がりが違う場合があります

セラミック矯正を行なう場合でも、必ずしも理想的な歯の並びにできるとは限りません。

どうしても歯の大きさや口の形は個人差がありますので、多少違う感じの歯並びになることはあります。

2.思い通りの歯並びにならないことがあります

セラミック矯正ではセラミックを使うことで歯並びを矯正し綺麗にすることはできます。

しかし芸能人などの方とまったく同じ歯並びにすることはできませんので、その点は把握しておきましょう。

3.矯正をすると歯が染みる場合もあります

セラミック矯正を行なうと、施術中は歯が染みる方もいます。

これは歯に強い力がかかるために染みるという他に、歯を削ったために染みるということもありますが、次第に改善していくことが多いです。

4.歯茎が退縮していくこともありえます

歯茎が後退したり退縮するようなこともあります。

これは矯正を行なったことによる影響もありますが、その他に日頃からの歯磨きによる歯茎へのストレスという影響もあるのです。

2512
Return Top