湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

セラミック矯正のメリットとデメリットはなに?

セラミック矯正のメリットは短い期間で矯正でき、デメリットは歯は削る場合があることです


セラミック矯正のメリットは、やはり大きな特徴の矯正期間が短いということであり、長くても3ヶ月程度で完了します。

また、すきっ歯や出っ歯、黒ずんだ歯など歯自体も綺麗なセラミックに交換できます。

ただどうしても歯を削りますので、矯正する場合は歯をいくらか失うことになります。

短い期間で矯正ができます

セラミック矯正は、歯を削りそこにセラミックを被せて矯正する方法です。

  • 神経治療
  • 仮歯の取り付け
  • 型どり
  • セラミックの歯の取り付け

このような流れになります。

一度にすべての施術は行えませんので、2週間毎に通院するとして、4回から5回ほどの通院となり、長くても2ヶ月から3ヶ月で施術は完了します。

また1度の施術時間も1時間前後と、それほど長くはありません。

たとえば、ブラケット矯正だと矯正が完了するまでは短くても2年ほどかかるのが普通ですが、そのような方法と比べると、セラミック矯正は遙かに短い期間で終了します。

矯正している間というのは、歯を無理矢理動かしますので、生活も不自由になり痛みもあり、とても大変な期間です。

少しでも短い期間で矯正が終了するということは、それだけ不自由な期間も短くて済み、早く普通の生活に戻れるのです。

そしてなんといっても、一度矯正をすると、後もどりする心配もありません。

他の矯正方法だと、どうしても歯が元の位置に戻ろうとする後戻りが起きますが、セラミック矯正だとその心配がないのです。

後戻りを防ぐための、矯正後のマウスピースなどを装着する必要もありません。

一度自分の理想の歯の並びにすれば、その後もその姿を維持できます。

歯の見た目も改善できます


セラミックの人工歯を被せますので、出っ歯やすきっ歯、虫歯で神経を失い黒くなった歯、黄ばんだ歯、大きすぎるまたは小さすぎる歯、左右不揃いの歯など、様々な歯の悩みも矯正で改善できます。

歯の並びが悪くて気にしている人以外にも、歯の色や形で悩んでいる方も、矯正するとそれも同時に改善が可能なのです。

またセラミックの素材や色を選べば、歯の色も変えることが可能です。

使用するセラミックは、金属と合わせたメタルボンド、ジルコニアを使ったジルコニアセラミック、そしてセラミックのみのオールセラミックがありますので、使いたい素材をこの中から選ぶこともできます。

元の歯が黄色かったり黒ずんでいたとしても、セラミックを被せて白い歯にすることもできます。

歯茎や口の中には外科的な施術は行ないませんので、腫れや出血、痛みなども少なく、矯正を行なう間は、自然な歯に近い仮歯を入れて過ごすために、周囲に矯正をしていると知られる心配もありません。

短期間で思い通りの歯にすることができ、セラミックの歯なんで歯自体は虫歯になる心配もありません。

さらには、短い期間で矯正が終わりますので、他の矯正方法と比べると、施術の費用も少なくて済むというのも、大きなメリットでしょう。

歯を削る必要があります

セラミック矯正のデメリットとして言えることは、必ず矯正を行なうなら歯は削らないとなりません。

歯を削ってそこにセラミックを被せますので、どのような場合でも歯は削ります。

虫歯であれば歯を先に治療しなければならず、歯並びが悪いと神経を抜くようなこともあります。

神経を抜いて薬を付けるとその歯は黒くなってしまいますが、この点はセラミックを被せますので、セラミックによって黒い部分は隠すことができます。

自分の歯を動かして矯正する方法ではなく、セラミックの人工歯を被せますので、経年劣化もおこります。

健康な歯と比べると、一度削りますので、セラミックの人工歯も、削った部分の歯も寿命は短くなります。

また経年劣化が起こりますと、自然と施術部分は目立つようになります。

神経を抜いたような歯だと、虫歯になっても気づかないようなこともあります。

しかしこれは矯正後は定期検診を行なっていけば、その都度虫歯かどうかもわかりますので、矯正後は定期検診は行なった方が良いでしょう。

また経年劣化に関しても、定期検診でその都度チェックを行ない、もしも劣化しているような場合は、新しいセラミックの人工歯と交換しますので、経年劣化の心配もなくなります。

(まとめ)セラミック矯正のメリットとデメリットはなに?

1.セラミック矯正のメリットは短い期間で矯正でき、デメリットは歯は削る場合があることです

他の矯正方法と比べると、とても短期間に行なうことができ、出っ歯などの歯の悩みも解決できます。

しかしどのような歯を矯正するにしても、必ず歯は削らないとなりません。

2.短い期間で矯正ができます

矯正方法の中では一番短い期間で行える方法であり、長くても3ヶ月で完了します。

そして一度矯正を行なうと、歯が元の位置に戻るような後戻りもなく、施術後の煩わしい後戻り対策も必要ないです。

3.歯の見た目も改善できます

セラミック矯正では、歯の並びのみならず、歯の色や大きさも改善できます。

出っ歯だったり歯の左右が不揃いである、一部の歯だけ大きかったり小さいという場合も、矯正で同時に改善が可能です。

4.歯を削る必要があります

どうしても矯正を行なう場合は、歯を削る必要があります。

これはどのような歯でも必ず削ることになり、また虫歯などがあれば、先にその部分の治療を行なってから矯正となります。

67470
Return Top