湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

セラミック矯正ができない場合はある?

歯のない方はセラミック矯正ができない可能性があります


セラミックを被せて矯正を行なう方法であるため、歯のない方は矯正は行えません。

重度の歯周病で歯にまで影響が出ている方や、乳歯の方などがその代表例です。

そしてこれ以外にも、麻酔アレルギーで麻酔が使用できない方も矯正はできず、妊娠中の方も場合によってはできません。

歯周病で歯に影響のある方は、まず歯周病の施術を行ないます

セラミック矯正の流れとしては、まずはどのような歯並びにしたいかカウンセリングを行ない、その後施術へと移ります。

最初は矯正したい歯を削り、そこにセラミックの仮歯を取り付け、最後に仮歯を外し本歯を取り付け、様子を見ながら矯正していきます。

このために、歯を削りますので、歯周病で歯に影響の出ている方、虫歯で歯を抜いている方などは、基本的にセラミック矯正はできません。

歯がないとブリッジも取り付けられないので、ブリッジ矯正も無理かと思われます。

歯があれば基本的には矯正はできますので、虫歯で神経を抜いて黒くなってしまった歯などでも、セラミック矯正を行なうことは可能です。

虫歯で治療中の歯も、治療を完了させれば矯正はできますので、まずは治療を終わらせましょう。

そして使用するセラミックは、歯科用にはいくつか種類があります。

金属と合わせたメタルボンド、一般的なオールセラミック、人工ダイヤモンドのジルコニアセラミックなどがあります。

種類によって強度が違ったり、アレルギーへの影響があるかどうかも違ってきます。

どのセラミックを使用して矯正するかによっても、施術料金は変わってきますので、まずは相談して良く決めるべきです。

アレルギーや妊娠中の方は矯正しない方が良い場合があります


セラミック矯正を行なう場合は、歯を削りますので、削る場合は麻酔を行ないます。

通常は麻酔注射によって、歯茎部分に注射針を刺して、麻酔液を注入していきます。

このために麻酔にアレルギーのある方は、基本的にセラミック矯正はできません。

麻酔無しで痛みを我慢して歯を削る方法もありますが、通常の人間であれば、削る痛みに耐えるのは無理でしょう。

麻酔アレルギーの方は、麻酔を行なうと、動悸が激しくなったり、呼吸がしにくくなったり、手足のしびれが出る寒気がするなどの症状を見せます。

アナフィラキシーショックの症状を見せることもあり、最悪命に関わりますので、麻酔アレルギーの方はセラミック矯正は受けない方が無難です。

似たようなケースとして、全身疾患があり麻酔を受けられないような方も、セラミック矯正は難しいです。

妊娠中の方もセラミック矯正を受けない方が良いという方もあり、安定期に入っている妊婦の方は問題ないですが、それ以外の時期の場合は、矯正を受ける前に一度相談をした方が良いでしょう。

もしも妊娠中の方で矯正を行ないたい場合は、担当の医師と連携しカウンセリングを行ない、様子を見ながら矯正を行なっていくことになります。

乳歯の方は残念ながら矯正は行えません

セラミック矯正は乳歯の方にも行なうことはできません。

歯を削りセラミックを被せる矯正方法でありますので、将来的に永久歯に生え替わる乳歯には行なうことはできないのです。

このために、高校生以下の方で乳歯の残っている方はできません。

歯を削る方法なので乳歯にも施術は可能ですが、無理に施術を行なうと、永久歯への生え替わりを邪魔するなどして、余計に歯並びに悪影響を与えます。

似たような名前の矯正方法として、ワイヤー矯正があり、セラミック素材を使用したセラミックブラケットタイプの矯正方法があります。

こちらは歯全体にブラケットを装着して、矯正を行なっていく方法なので、こちらは乳歯の方でも矯正可能です。

小さい頃から矯正を行なうと、その後の永久歯に生え替わっても、歯並びが矯正したままの良い状態で生え替わることも多いです。

セラミック矯正と比べると時間がかかり、痛みもそれなりに発生しますが、乳歯のある小さい子供でも大人の方でも矯正可能な方法です。

通常のブラケットよりも目立ちにくいので、あまり矯正していることを目立たせず行えます。

乳歯の方ならこのようなブラケットを使用した方法、または永久歯に生え替わってから行なうという方法があります。

(まとめ)セラミック矯正ができない場合はある?

1.歯のない方はセラミック矯正ができない可能性があります

歯を削って矯正していきますので、歯のない方は基本的に矯正ができません。

また麻酔によるアレルギーのある方もできず、妊娠中の方は胎児への影響を考えできない場合もあります。

2.歯周病で歯に影響のある方は、まず歯周病の施術を行ないます

セラミック矯正は、歯を削りそこにセラミックの歯を被せる矯正方法になります。

このために歯周病で歯に影響が出ている、虫歯で歯を抜いてしまい歯がないような方は、矯正はできません。

3.アレルギーや妊娠中の方は矯正しない方が良い場合があります

矯正を行なう場合は、麻酔を行ない必ず歯を削り、そこにセラミックの歯を被せます。

このために、麻酔アレルギーで麻酔を使うことができない方は矯正が難しく、妊婦の方もできないケースがあります。

4.乳歯の方は残念ながら矯正は行えません

歯を削ってセラミックを取り付けますので、永久歯に生え替わる前の乳歯の方は施術は行えません
代わりにワイヤー矯正やブラケット矯正という方法がありますので、それらを行なうと良いでしょう。

1942
Return Top