オールセラミックにすると白すぎてしまわないの?

オールセラミックの色は調整できるため白すぎてしまうことはないでしょう


オールセラミックを使用した場合、その白さは本人の好みに応じてかなりの程度は自由に調整することができます。

特に前歯の差し歯などでオールセラミックを採用すると、ほかの歯と白さが違って見えてしまう可能性もありますが、事前にしっかり打ち合わせをすればそうした不安も解消できるでしょう。

オールセラミックの白さには種類があります

色の感じ方には個人差があります。

ある人にとっては白すぎると感じても、ある人にとってはちょうど良い場合もあるでしょう。

そのため、自分が納得する白さの具合はどの程度の物なのかを治療する前に入念に相談しておくとよいでしょう。

オールセラミックの場合、芸能人のように不自然なほどの白さを期待される方もいますが、一部の歯を治療する場合には、周囲の歯の色とバランスを考える必要があるでしょう。

せっかく高額な治療をするのですから、仕上がりも納得のいくものとなるよう、色合いにはこだわりましょう。

ただし、オールセラミックならではの美しさも魅力ですので、広範囲に治療をされる場合には、思い切って白くすることもお勧めです。

もちろん、自然な歯の色にとことんこだわって、少しだけ白くすることも可能です。

いずれにしても、治療前に十分なカウンセリングで、自分の好みを伝えておくことや、ほかの症例の写真などから、イメージに近い白さを選んでおくことも良いでしょう。

オールセラミックは汚れにくい素材ですので、長い間美しい色を保てる優れた治療法といえます。

治療後もずっとお気に入りの歯であるために、最初は慎重に検討しましょう。

オールセラミックは透明感も出せます


オールセラミックとは、差し歯や詰め物などに使用される素材の一つです。

特に差し歯の場合、今までの素材ではどうしても経年の汚れの付着などに伴って、徐々に周囲の歯と比べたときの変化が目立ってしまう傾向にありました。

そのためせっかくお金を払って入れた差し歯であっても、色の変化を改善するために作り直すというケースも少なくありませんでした。

しかし、オールセラミックの場合、汚れが付着しにくく、クリーニングもできるので、どうしても気になる場合でも簡単に元の状態に戻すことが可能となります。

ですから、最初はほかの素材よりも高額なので躊躇してしまうかもしれませんが、長い目で見ると非常にコストパフォーマンスの高い素材といえるでしょう。

そのうえ、ただ白いだけでなく、転園の歯のような透明感も出すことができます。

そのため、従来の差し歯のようなほかの歯とは白さが浮いてしまい、違和感が出てしまうということも基本的にはないでしょう。

透明感を出すことによって歯の境界をぼやけた感じにすることができますので、周囲の歯と比べても違和感がなく、差し歯と気づかないこともあるでしょう。

近年、特に前歯の目立つところへの治療に幅広く使用されているもの頷ける、優れた素材なのです。

歯の変色にも対応することができます

自然の歯であっても徐々に変色していくことがあります。

理由は様々で、神経を抜いたことが原因となる場合や、金属の土台を入れたために歯が変色してしまう場合、また、とくに何もしていなくても歯が変色してしまうということもあり得ます。

とりわけ、前歯などの目立つ部分の歯が変色してしまうと、特に不自然に見られますし、清潔感という点でもマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。

こうした状態の歯にオーリセラミックを接着するという治療方法もあります。

色の変わってしまった歯の表面を少しだけ削ってそこにラミネートべニアというオールセラミックを接着することによって歯の形を変えることなく、自然な色合いへと変化させることもできるのです。

もちろん、もともとの歯をどれくらい削るかも、歯の変色具合によって微調整をすることが可能です。

こうした、歯の白さは印象に大きな影響を与えます。

芸能人のようにすべての歯をオールセラミックで真っ白にとまではいかなくても、自然な色合いで美しい白さにすることはできるため、営業職や女性にとっては得に魅力的な治療といえるでしょう。

治療も特に年齢制限があるわけではありませんので、いつでも思い立った時が治療時といえるかもしれません。

(まとめ)オールセラミックにすると白すぎてしまわないの?

1.オールセラミックの色は調整できるため白すぎてしまうことはないでしょう

オールセラミックは、ほかの歯との兼ね合いも考慮しつつ白さを自在に調整することができる点も魅力の一つです。

オールセラミックの技術によって、美しい白さを取り戻し維持するための方法もたくさん生み出されています。

2.オールセラミックの白さには種類があります

オーリセラミックで好みの白さにするためには、周りの歯とのバランスも考えて慎重に吟味するとよいでしょう。

オールセラミックはいろいろな白さに対応することが可能です。

3.オールセラミックは透明感も出せます

オールセラミックとは、自然な歯の色合いを出すことのできる優れた素材です。

それだけでなく、汚れが付着しにくく、汚れたとしてもクリーニングができるので長い期間美しさを保つことができます。

4.歯の変色にも対応することができます

オールセラミックは自然な歯の変色の治療にも用いることができます。

ラミネートべニアというオールセラミックを歯の表面に接着させることで、自然な色あいで美しい仕上がりへと変化させることができるのです。

4739
Return Top