オールセラミックで歯茎の変色はキレイになる?

オールセラミックは歯茎の変色の解消や予防をする施術です


歯茎の変色が虫歯処置に際の詰め物の劣化や歯周病が原因というケースが多いとされています。

詰め物を除去して歯を削って整え、オールセラミック製の人工歯を被せる方法でキレイにできます。

また、歯肉の炎症を抑える処置後に歯周病菌により失った歯は、審美性の高いオールセラミックで復元することも可能だと言われています。

歯茎の変色は喫煙や虫歯処置時の詰め物の劣化、歯周病などが原因とされています

健康な歯茎はキレイなピンク色をしていますが、いつの間にか紫や黒っぽい色に変色してしまったという人も多いでしょう。

歯茎の変色は、主に生活習慣や歯科治療が関係していますが、まず喫煙が挙げられます。

タバコにはタールやニコチンなどの有害物質が含まれるため、長年喫煙していると煙が歯茎にしみ込んで黒ずんでしまうからです。

更に、虫歯を削って処置した際にプラスティックや銀歯などの金属を詰め物として使用した場合、長期間経過すると、詰め物が劣化して腐食した結果、溶けて流れ出し歯茎を着色してしまったという可能性も考えられます。

他にも歯茎に歯石が溜まり酸化して黒ずんできたり、歯と歯茎の間に虫歯菌が侵食してきて黒っぽくなってしまうなどのケースもあります。

そして、歯石が溜まって細菌が繁殖すると歯茎が炎症を起こして赤く腫れあがったりしますが、更に症状が悪化すると細菌が死滅して、歯周病となり黒や紫の色に歯茎が変色することもあります。

歯茎の変色を放置すると見た目にも悪く、口内や体の健康も損なわれるリスクがあるといわれています


歯茎の変色を放置すると、口の中や体の健康を大きく損なうリスクが高まるといわれています。

歯茎が変色すると、見た目にも良いと言えず、特に初対面の人からは清潔なイメージを持たれにくいでしょう。

更に歯肉が炎症を起こしていると、歯茎が下がり歯の内部に露出すると神経が過敏になって、冷たいものがしみやすくなります。

また、少しの刺激で歯肉が出血したり、血流が滞って歯茎が柔らかくなり歯の周りに歯垢が付着して細菌が繁殖するという悪循環を招きます。

細菌が増えるとそれに伴い腐敗臭を放つようになり、口の中も粘ついて口臭が強くなるという悪影響も出始めます。

こうして歯周病が悪化すると歯茎がどんどん下がってしまい、歯と歯茎の間に隙間ができて、やがては歯を支える骨まで細菌によって溶かされて、歯がグラグラになって抜け落ちるという事態も起こり得るのです。

また歯周病が血管に入り込むと、血液にのって全身をめぐり、動脈硬化などの重篤な病を発症させるリスクも高まり、最悪命に関わる場合もあるのです。

歯茎の変色の原因はオールセラミックで対処できるとされています

歯茎の変色は、原因によって対処法が異なります。

喫煙による場合は、一般的にレーザーを照射したり薬剤を塗布するなどの方法で色素を除去していきます
中でも、金属やプラスティックなどの被せ物の劣化が原因となるケースも多く、この場合の対処法としてはオールセラミックが効果的だとされています。

オールセラミックは、セラミック(陶器)製のフレームにセラミック素材を貼り付けた人工歯を被せるという施術です。

銀歯などの金属の詰め物は、白い歯に詰めるととても目立つ上に、長期間経過すると劣化により酸化したり腐食して、金属が溶け出してしまう場合があります。

また詰め物と歯や歯茎の隙間に食べかすが溜まり、新たな虫歯ができやすいとされています。

劣化した詰め物を取り除き、歯を削って整えたり、土台の金属を除き、オールセラミックの土台と人工歯を装着するだけで、歯茎の着色が抑えられます。

そして、歯周病の悪化が原因の場合は、洗浄により歯茎の歯垢や歯石の除去や薬剤による殺菌などで炎症を抑える処置が行われます。

ただ歯周病により歯を失った場合の処置として、オールセラミックブリッジが用いられることもあります。

失った歯の両隣の歯を土台として、セラミック製のブリッジを作成し被せていきます。

見た目にも美しく、審美性が高い上に耐久性にも優れているというメリットがあります。

(まとめ)オールセラミックで歯茎の変色はキレイになる?

1.オールセラミックは歯茎の変色の解消や予防をする施術です

オールセラミックなら、劣化した歯の詰め物を除去し、丈夫で自然色合いが表現できるセラミック製の人工歯を入れることで歯茎の変色を抑えることができるとされています。

また、歯周病菌により消失した歯もオールセラミックで蘇らせることもできます。

2.歯茎の変色は喫煙や虫歯処置時の詰め物の劣化、歯周病などが原因とされています

歯茎の変色には、喫煙の際の煙による歯茎への着色や、虫歯治療の際の詰め物の劣化が原因とされています。

更に、歯周病による細菌の繁殖に伴う歯茎の炎症なども考えられます。

3.歯茎の変色を放置すると見た目にも悪く、口内や体の健康も損なわれるリスクがあるといわれています

歯茎の変色をそのままにすると、歯肉が腫れたり出血や知覚過敏などの症状が出て、悪化すると細菌が骨まで溶かし、歯を失う恐れがあります。

また、歯周病菌が血管に入り込むと全身に回り、重篤な病を引き起こして最悪命を落とす危険性もあります。

4.歯茎の変色の原因はオールセラミックで対処できるとされています

歯茎を変色させていた劣化した歯の詰め物は、取り除いてセラミック製の人工歯を入れることで変色を抑えることができるとされています。

更に、歯周病による歯の消失は審美性が高く、丈夫なオールセラミックで復元できます。

1687
Return Top