根の治療後の歯にはオールセラミックが良いって本当?

根の治療により欠けた歯はオールセラミックで復元できるといわれています


神経が虫歯菌に冒されたり、打撲などで死滅すると歯茎の腫れなど症状を悪化させないためにも、神経を抜く根の治療が必要となります。

根の治療で失った歯の一部もしくは全部は、自然な色合いと形の人工歯をセラミックで作り、被せるオールセラミックが適しています。

根の治療が必要となるのは虫歯菌の侵食や打撲などにより神経が死滅するからです

歯の外側は硬いエナメル質で覆われ、その奥は軟らかい象牙質があり、更に奥に進むと神経に突き当たります。

虫歯が悪化して虫歯菌が神経に到達したり、打撲などにより歯に大きな衝撃が加わることも神経が死滅する原因となります。

神経が炎症を起こすと、強い痛みを感じて市販の痛み止めも効かなくなったり、冷たいものも温かいものも染みるようになり、神経を抜くつまり根の治療が必要となります。

根の治療を行うことで痛みが解消されたり、虫歯に悪化を防ぐことができます。

一方で、神経が通っていないの更に虫歯に侵されても異変が察知しづらく、虫歯が進行してしまう可能性もあります。

歯の神経部位には血液が流れていますが、それを取り除くことで血液の循環が絶たれ、新陳代謝が行われなくなるので歯がもろくなって欠けたり、色が黒ずむといった弊害も生じます。

他にも温度が感じられないなる、神経は複雑に張り巡らされているので除去には時間がかかるなどのデメリットが生じます。

神経の死滅や炎症を放置すると、歯を失ったり顎が腫れあがるなどのリスクが高まるといわれています


神経が虫歯菌に冒されたり、打撲などの強い衝撃を受けて死滅すると、歯の内部で炎症が起こります。

個人差はありますが、かなり強い痛みに襲われるケースが多いので我慢できずに、根の治療を行うという人がほとんどでしょう。

ただ、既に以前根の治療が済んでいる歯であっても何らかの原因により、自分でも知らないうちに根が膿んでしまっていることがあります。

神経が既にないので、通常であれば感じる痛みも全くないため自覚症状を感じないまま炎症がどんどん広がってしまうケースもあるので要注意です。

そして神経が傷ついたまま放置すると、やがて膿が溜まってその奥にある歯の土台となる骨を溶かしてしまいます。

それでも放置すると膿が歯肉を突き破って外に飛び出し、膿が口の中に流れ込んだり、頬や顎まで膿が溜まって腫れあがり、高熱が出るなど体調にも影響が出始めます。

こうなると歯茎を切開して膿を除去しなければならず、最悪入院が必要な場合もあります。

根の治療をした歯は、大きく削られている上に残された天然の歯ももろくなるので、少しの衝撃でも欠けやすくなるのです。

この残された天然の歯をカバーする被せ物には、審美性が高く耐久性にも優れているオールセラミックが適していると言えます。

根の治療により失った歯は、オールセラミックでキレイに蘇ることが期待できます

虫歯や打撲などにより神経が傷ついたり、死滅すると根の治療を行う必要があります。

歯の黒い虫歯に侵された部位を除去したり、神経を抜くためには歯を削って穴を開けることになります。

そのため、根の治療後は空いた穴を埋めるために被せ物や詰め物がなされます。

この施術には、透明度が高く自然な色合いや形のセラミック製の人工歯が作成でき、審美性にも優れたオールセラミックが適しています。

オールセラミックは、耐久性にも優れているしある程度の強度もあるため、奥歯でかみしめても欠ける心配はまずありません。

更に、金属を使わないの長期間経過しても素材が劣化することなく、歯や歯茎の変色を防ぐこともできるとされています。

根の治療をした歯はとてももろくなり、ちょっとの圧力や衝撃で欠ける確率も高まるため、ここできちんと施術を行っておくことが大事だとされています。

そのため、根の治療と共に残りの天然歯もしくは天然歯を削ってしまい、セラミックなどの素材で土台を作り、セラミック製の人工歯を被せるというオールセラミックを受けておくと安心できます。

(まとめ)根の治療後の歯にはオールセラミックが良いって本当?

1.根の治療により欠けた歯はオールセラミックで復元できるといわれています

歯の神経が傷つくと、歯茎や体への悪影響を食い止めるため根の治療が行われます。

根の治療で欠けたり、失ったりした歯はセラミック製の人工歯を被せる、オールセラミックでキレイにできるとされています。

2.根の治療が必要となるのは虫歯菌の侵食や打撲などにより神経が死滅するからです

歯の奥にある神経にまで虫歯菌が侵食すると、強い痛みや温度が感じられないなどの悪影響が出るので、神経を抜く根の治療が必要とされます。

神経を失った歯は、もろくて黒ずみやすいなどの弊害が生じます。

3.神経の死滅や炎症を放置すると、歯を失ったり顎が腫れあがるなどのリスクが高まるといわれています

神経が傷ついたり死滅したまま放置すると、炎症が顎や頬の方へと広がり大きく腫れあがります。

歯の土台の骨が溶かされた歯が抜けたり、膿を切開する施術が必要となる場合もあります。

4.根の治療により失った歯は、オールセラミックでキレイに蘇ることが期待できます

神経を抜く根の治療により、大きく削られ失った歯は審美性に優れ、丈夫なオールセラミックでの施術が適しています。

金属を使わないので、歯や歯茎への影響も少なく、キレイなままの歯を保てます。

1950
Return Top