オールセラミックはどのような構造になっているの?

オールセラミックはフレームも表面にも金属を使わないセラミックのみの構造をしています


オールセラミックというのは、金属を一切使わないでセラミック(陶器)で人工歯を作って被せ、失った歯の一部もしくは大部分を補綴する施術です。

オールセラミッククラウンは、土台となるフレームと、その上の被せ物の二重構造になっています。

オールセラミックは歯の状態によって施術方法が異なります

オールセラミックには歯の状態によって施術の方法が異なります。

まず、削ったり失った歯の面積が小さい場合に行われるのがオールセラミックインレーです。

虫歯を削ったり、既に詰められた銀歯などを取り除いて削り形を整えた上で、オールセラミック製の詰め物で穴に埋めていく施術です。

更に、失った歯の面積が大きい場合に行われるのが、オールセラミッククラウンです。

自分の歯に神経が残っている場合は、歯を削って形を整えて土台とし、型どりをしてその上にオールセラミック製の人工歯を被せます。

神経が死滅した場合は、ぐらつきやすいので自分の歯を土台とせず、まず土台となるコアを作成した後に、人口歯を装着していきます。

コアの素材は、プラスティックや金、銀などの金属など様々です。

そして、歯を完全に失った部位に行うのがオールセラミックブリッジです。

オールセラミック製の人工歯を被せる土台がないので、失った歯の両隣の歯を削って形を整え、土台を作るところから施術は始まります。

オールセラミックの人工歯ブリッジを作成し、被せて装着していきます。

オールセラミックは審美性が高く、劣化しにくいメリットがあります


オールセラミックは、セラミックのフレームの上に更にセラミック素材を貼り付ける二重構造になっています。

より色や形なども天然の自分の歯と合わせて選ぶことができるので、自然な色合いに仕上がり、光を透過するため審美性の高さが大きな魅力の一つです。

また、完全に失った歯であっても両隣の歯を土台とするブリッジを使えば対応できます。

耐久性にも優れ、調整すれば嚙み合わせにも違和感なく、天然の歯と同じ感覚で食べ物を噛むことができます。

金属を使わないので、年数が経過しても金属が溶け出し、歯茎などが黒ずんだり金属アレルギーを起こす心配もなくなります。

歯茎とも馴染みやすいので、歯肉への悪影響もほぼなく劣化しにくため、毎日のブラッシングをしっかり行えば虫歯にもなりにくいという特徴もあります。

また、最近ではコンピューターで人工歯を設計するという手法もあるため、精度が高い人工歯が短時間で仕上がり、トータルの施術時間も大幅に短縮されてきています。

オールセラミックの強度は金属よりは劣りますが、より強度の高い人工ダイヤ(ジルコニア)を奥歯のオールセラミックに用いる方法が採用されることもあり、問題はクリアされています。

オールセラミックはメタルボンドクラウンよりも審美性、耐久性を高く感じられます

オールセラミックは、土台となるフレームとその表面全てがセラミック(陶器)という構造になっています。

一方で、金属のフレームにセラミックを焼き付けた構造のメタルボンドクラウンという施術もあります。

メタルボンドクラウンは、金属を使用しているので耐久性がかなり強く、食べ物を強くかみしめても破壊されにくく、特に奥歯の施術に良いと言われています。

といっても、他の自分の歯よりもかなり硬いためかみ合わせの不備といった問題が発生することもあります。

そしてセラミックを焼き付けてもフレームの金属が歯からどうしても透けて見えてしまいます。

オールセラミックに比べると歯の自然な色合いは保たれにくく、審美性はやや劣ることになります。

また、フレームの金属によっては年数が経過するとどうしても金属が劣化して溶け出し、歯茎に金属色が付着したり歯茎を傷めるリスクが高まります。

お手入れを怠ると、数年後には入れ直す必要も出てきます。

更に、金属アレルギー体質の方だとアレルギー症状が出やすいので体調に不調をきたす可能性も否めません。

(まとめ)オールセラミックはどのような構造になっているの?

1.オールセラミックはフレームも表面にも金属を使わないセラミックのみの構造をしています

オールセラミックは、全てがセラミック(陶器)でできた歯の被せ物のことです。

なかでもオールセラミッククラウンは、土台のフレームと表面の被せ物の二重構造になっています。

2.オールセラミックは歯の状態によって施術方法が異なります

オールセラミックは、失った歯の面積によって詰め物をしたり、人工歯を作って被せるなど施術方法が選べます。

完全に歯を失っていても、両隣の歯を土台としてブリッジを作ることでオールセラミックでの施術を可能としています。

3.オールセラミックは審美性が高く、劣化しにくいメリットがあります

オールセラミックは天然の歯に合わせて、色合いや形を選べるのでより自然な仕上がりが期待できます。

金属を使わないため、審美性が高く、虫歯や歯周病にもなりにくいといったメリットがあります。

4.オールセラミックはメタルボンドクラウンよりも審美性、耐久性を高く感じられます

金属のフレームにセラミックを貼り付けるという構造のメタルボンドクラウンは、強度は抜群に優れていますが。

ただオールセラミックに比べると、光で金属が透ける分審美性にはやや劣るとされています。

5288
Return Top