湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックが歯の見た目を良くする理由とは?

オールセラミックはより自然な色合いや形の人工歯が作れるため見た目が良くなります


オールセラミックは、セラミック(陶器)のフレームにセラミックを貼り付けた補綴物で、失ったり欠けたりした歯に詰めたり被せたりして口の中の見た目を整える施術です。

天然の歯の色や形に合わせてカスタマイズできるため、より自然に近く審美性の高い仕上がりになります。

オールセラミックは歯の状態によって見た目にもキレイな施術法が選ばれます

オールセラミックは、歯の状態に応じて様々な施術方法があり、見た目がキレイでより自然な仕上がりになります。

虫歯などで歯を少し削った場合、小さな詰め物を行うセラミックイントレーという施術があります。

銀歯で詰めると目立ちますが、周りの歯と同じような色合いにしてセラミックで詰め物をするため、詰め物と天然歯が一体化して、詰めた後もほぼ分からない見た目になります。

更に、天然歯を削って土台を残したり、土台自体をセラミックで作成したりして歯茎に埋め込み、セラミックで人工歯を作って被せる施術をオールセラミッククラウンと言います。

周りの歯と調和がとれるような色合い、形の人工歯をセラミックで作成し、角度なども調整しながら土台に被せるので、歯の色だけではなく歯並びもキレイにでき、見た目の審美性も高くなります。

他にも虫歯などで消失した歯は両隣の歯を土台として、セラミックで作成した人工歯を連結させてブリッジを作り、はめ込むのがオールセラミックブリッジという施術もあります。

かみ合わせや見た目も自然で、入れ歯など他の施術よりも審美性に優れているのが魅力です。

歯の変色や歯並びの悪さは見た目に悪いだけでなく、口や体の健康を損なうリスクが高まります


虫歯などで歯が黒ずんで変色したり、歯並びが悪かったりすると見た目に良いとは言えず、自分に自信をなくしたりコンプレックスを感じたりする人もいます。

特に初対面の人に口元を見られると、清潔感がないとかだらしない人だという印象を与えかねません。

やはり見た目にも悪いので、ガタガタの歯並びや歯の変色はキレイにしたいものです。

また、見た目に悪いだけではなく、虫歯が悪化して歯が黒ずんだり神経が虫歯菌で侵されると、強い痛みを感じて頬や顎の方まで腫れあがり、物を食べるのも話すのも辛くなります。

そのうち虫歯菌が骨を溶かし、歯がグラグラになって抜ける可能性もあります。

また、虫歯菌が血管に入り込むと全身に回って、他の臓器などに悪影響を及ぼし、重篤な病を発症するリスクも高まります。

そして歯並びが悪いと、嚙み合わせがずれてしまい食べ物をしっかりすりつぶすことができす、消化器官の機能が低下する場合があります。

更に、噛む筋肉は頭の横や首などに繋がっているので疲労して頭痛や肩こりなど体の不調を引き起こすリスクも高まります。

他にも、歯並びがガタガタだと歯ブラシがうまく当たらず、歯と歯の隙間に食べかすが詰まって歯垢となり、虫歯や歯周病になりやすいといった弊害も生じます。

オールセラミックは金属を使ったメタルボンドクラウンより見た目の審美性が高いといえます

審美歯科では、金属のフレームにセラミックを焼き付けるメタルボンドクラウンという施術も行われています。

フレームが金属なので強度に優れ、圧力がかかっても歪みが起こりにくいのが特徴です。

技術の進歩により中の金属が見えにくい加工が施されていますが、それでも光に当たると、金属が透けて見た目がややグレーがかった色みに見えることがあります。

審美性においても、自然な感じの色合いからはやや劣るとされています。

一方オールセラミックはフレームも焼き付ける素材も全てセラミックでできており、白くて透明度が高く、審美性が高いことでも知られています。

周囲の歯と同じような色合いや形などを選んで人工歯を作成できるため、見た目にもセラミックとは分からない位周囲の歯とも一体化しており、より自然に近い感じになります。

また、金属は年数が経過すると酸化、腐食が起こって劣化し、金属が溶け出して歯や歯茎を変色させる可能性もあります。

オールセラミックなら、金属未使用なので長期間経過しても、きちんとお手入れしていれば、元の色のままの見た目にもキレイな歯をキープできるというのも大きな特徴の一つです。

見た目の審美性で比較すると、オールセラミックのほうが優れていると言えるでしょう。

(まとめ)オールセラミックが歯の見た目を良くする理由とは?

1.オールセラミックはより自然な色合いや形の人工歯が作れるため見た目が良くなります

オールセラミックは、金属を使わないで全てセラミックで作られている補綴物です。

人工歯の色や形を選べ、角度や位置なども決められるので歯並びをキレイにすることもできるとされています。

2.オールセラミックは歯の状態によって見た目にもキレイな施術法が選ばれます

オールセラミックは、虫歯処置などで歯を削った部分の大きさにより、いくつかの施術法があります。

どれも周囲の歯と一体化し、見た目にもセラミックとわからないほどキレイで自然な仕上がりが期待できます。

3.歯の変色や歯並びの悪さは見た目に悪いだけでなく、口や体の健康を損なうリスクが高まります

ガタガタの歯並びや歯の変色を放置すると、見た目に悪いだけではなく虫歯や歯周病が悪化し、顔が腫れたり肩こり、頭痛など体に不調をきたすリスクが高まります。

場合によっては、細菌が血液にのって全身に回り、命に関わる病を発症することもあります。

4.オールセラミックは金属を使ったメタルボンドクラウンより見た目の審美性が高いといえます

金属のフレームを使うメタルボンドクラウンは、耐久性に優れており物をしっかり噛むことができます。

ただ、金属を使う分オールセラミックに比べると見た目の美しさはやや劣るとされています。

1074
Return Top