オールセラミックとレジンってどう違うの?

オールセラミックはレジンよりも丈夫で自然な色味が特徴です


レジンはプラスチック素材なので柔らかく、噛み合わせの歯を傷つけにくい特長があります。

オールセラミックではレジンより硬めですが、変色しにくく自然な歯の色合いを出すことができます。

それぞれに特長がありますが、歯を長い間白くきれいに保ちないのであれば、オールセラミックにかなうものはないでしょう。

レジンは前歯の施術に用いられ、保険も適用になります

レジンは、プラスチック素材の歯の修復物です。

かぶせ物(クラウン)として使用する場合、今では数種類の色合いのものを選ぶことができ、周囲の歯と違和感のないものを選ぶことができるようになってきています。

プラスチック素材ですから適度に柔らかいので、噛み合わせのたびにわずかながら削れていくという欠点はありますが、言い換えると噛み合わせの歯を傷つける心配がないということもできます。

施術においては保険が適用されますから、自己負担は軽く、レジンでできたクラウンであれば4千円~1万円以内で施術が可能です。

ただ、柔らかい素材であるだけに、強い力のかかる奥歯には使用することができず、そのため保険が適用されるのも前歯の施術のみとされています。

レジンはクラウンとして使用される他にも、歯が欠けた場合の補綴物として使用しやすいのが利点です。

柔らかいセメントを壁に塗るときのように、あるいは壁のタイルとタイルの間に接着剤を付けるときのように、柔らかいレジンを歯の欠けた部分に塗り、光を照射することで固めるという施術が可能です。

ですから施術内容によっては、1日で治療を終えることができるところも、利点と言えます。

オールセラミックは変色や着色の心配が不要です


対してオールセラミックですが、保険が適用されないので施術費用が高く、クラウン1本で約7万円の費用が掛かります。

また、セラミックとは陶器と同じ素材ですから強い力がかかると割れる心配があるために、クラウンをオールセラミックにする場合は、厚みが必要になります。

そのため、土台とする歯を大きめに削る必要が出てきます。

ですが、オールセラミックの最大の長所は、『変色しない』こと、『歯垢(プラーク)がつきにくく着色しにくい』点です。

歯の黄ばみは美観を損ないますが、オールセラミックで施術した部位はその黄ばみの心配が要りません。

また、オールセラミックの場合はクラウンの内部に金属を使用していませんから、唾液で金属が溶けだして歯茎が黒ずんだり、金属アレルギーをお持ちの方ではアレルギー症状を引き起こす心配が不要です。

身体に対してとても優しい素材なので、施術によって歯茎に炎症が起こるなどの心配が要らないのも、利点です。

色合いを考えるとレジンよりもオールセラミックがおすすめです

オールセラミックは施術費用だけを見ると高価で、手が出しにくい印象を受けるかもしれません。

ただ、すべての歯に使用することが可能で、変色や着色の心配が要りませんから、特に前歯ではきれいな色合いの歯を長く維持することができます。

レジンはどうでしょうか。

その柔らかさ故に強い力がかかると接着部分で外れてしまう危険性があります。

そのため、保険適用外であっても奥歯の施術に用いられることはあまりありません。

そして何より、施術から2年程経過すると、唾液や食べ物の水分を吸収して内部から黄ばむ『変色』を、ほとんどのケースで引き起こします。

ですから、前歯の施術にレジンを用いると、施術部分だけ徐々に黄ばんでいくことになり、口元が気になることでしょう。

オールセラミックでは、レジンと比較すると硬い素材であるため、接着方法もレジンの場合とは異なります。

ですから、奥歯で使用しても外れる心配はいらないでしょう。

(まとめ)オールセラミックとレジンってどう違うの?

1.オールセラミックはレジンよりも丈夫で自然な色味が特徴です

レジンとオールセラミックのそれぞれに特長があります。

人と話すことの多い職業では、歯を見られることも多く、オールセラミックでは美しい歯を長く保つことができます。

2.レジンは前歯の施術に用いられ、保険も適用になります

レジンはプラスチック、柔らかい素材なので噛み合わせの歯を傷めにくいことや、パテを塗るように歯に塗り付け固めるという施術法が可能なので、施術に要する期間が短縮できます。

また、前歯では保険も適用になり、安価で施術できます。

3.オールセラミックは変色や着色の心配が不要です

オールセラミックは保険適用になりませんから施術費用が高価になります。

ですが、変色の心配が不要なので、長い場合は20年程度も施術直後の歯の色を保つことができます。

4.色合いを考えるとレジンよりもオールセラミックがおすすめです

オールセラミックは高価ですが、変色や着色の心配が不要で、外れたり欠けたりという心配がないので全ての歯に適用可能です。

レジンの場合は強い力が加わると接着部分から外れてしまう危険性があり、前歯のみに適用されます。

4465
Return Top