湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックブリッジのメリットデメリットは?

オールセラミックブリッジのメリットは見た目の美しさ、デメリットは保険適用外でやや費用が高めなことです


オールセラミックブリッジのメリットは、見た目にも違和感がなく、自然でキレイな仕上がりになるという点です。

更に、噛み心地や味覚も天然の歯とほぼ変わりません。

一方で、オールセラミックにすると保険適用外になるので費用が高くなり、耐用年数も約8年とやや短いのがデメリットと言えます。

オールセラミックブリッジが必要となるのは歯の喪失が原因であることが多いといわれています

オールセラミックブリッジは、喪失した歯の前後の歯を削って、オールセラミック製の人工歯を被せる施術です。

つまり、歯の喪失が原因でオールセラミックブリッジが必要となってきます。

歯を失う原因としては、虫歯と歯周病の2つが挙げられます。

虫歯を処置しないでそのまま放置した結果、歯全体が虫歯菌に侵されてボロボロになり、歯がもろくなって割れたり潰れたりして失うケースもあります。

更に虫歯処置をしても銀歯などのクラウン(冠)が被せてある歯は、銀歯と歯を装着しているセメントが年月の経過とともに溶け出して隙間ができ、そこから知らないうちに虫歯が広がり、神経をとる処置をしても歯の根の部分に残っていた病変により歯が侵された結果、歯を喪失する場合もあるのです。

また、歯周病が進行して歯茎がやせ細って下がると、歯を支えることができずに歯が脱落して、消失してしまうこともあります。

他にも、部分入れ歯を入れている人だと、部分入れ歯の針金がひっかかる歯は相当な圧力がかかるので、歯の根の部分が引っ張られてしまい、歯が抜け落ちることもあるのです。

オールセラミックブリッジはトラブルが少なく、安心して長く使うことができます


オールセラミックブリッジは、無くなった歯の両隣の歯を土台とします。

まず、両隣の歯を削って人工歯を被せる際の支柱となるように、形を作ります。

もし両隣の歯も虫歯などで神経を処置してあり、土台となるほど残っていないなら、コアと呼ばれる人工の支台を作って埋め込みます。

そして、支台歯や噛み合わせなどの型を採取して、支台に被せるための人工歯をセラミック素材で作ります。

コンピューター技術の進歩により、セラミックの塊から一人一人の歯の形に合わせて削り出す、CAD-CAMというシステムも開発されています。

このプログラムを使うことで、元からあった歯により近い形、自然な色合いの精巧な人工歯の作成も可能になりつつあるのです。

人工歯ができたら支台歯に被せて、噛み合わせなどを調整してチェックを行います。

オールセラミックブリッジは金属を使用しないので、金属の錆びにより歯の付け根や歯茎が黒ずむトラブルもなく、長期間キレイなままの歯を維持できるとされている点がメリットの一つです。

また、金属アレルギーの心配もないので、安全性も高いと言えるでしょう。

オールセラミックブリッジは、見た目の形や色合いも自然歯に近く、透明感があって美しいとされています。

気になる噛み合わせも自然歯とほぼ変わらないほど違和感がないと言われています。

オールセラミックブリッジは他のブリッジ素材を比べると見た目が格段に美しいという特徴があります

ブリッジに使われる被せ物は、オールセラミックの他にも金属のフレームに歯の部分がレジンというプラスティック素材を使ったものが挙げられます。

更に、銀歯や金歯、金属のフレームに歯の部分がセラミックのメタルボンドなどの種類があります。

レジンのブリッジは、保険適用診療ですがフレームが金属なので強度はありますが、長期の使用で歯と被せ物の間が黒ずんたり、レジンが変色してしまいます。

銀歯は保険診療で強度があるので奥歯のブリッジによく使われますが、審美性は劣ります。

また金歯は自費診療になりますが、程よい柔らかさで噛み心地も良く、歯にマッチしやすい素材ですがやはり審美性は良いとは言えません。

そして、メタルボンドはフレームが金属なので強度に優れており、奥歯にも使用できますが、自費診療です。歯の部分はセラミックなので、自然な色合いですが裏に金属が張ってあるのでやや透明感には欠けます。

ただ金属アレルギーの心配があり、また長期間使用すると金属の錆びで歯茎は黒ずむ可能性もあります。

他のブリッジ素材と比べると、オールセラミックブリッジは、耐久性や審美性、体への影響などの面ではかなり優れていると言えます。

(まとめ)オールセラミックブリッジのメリットデメリットは?

1.オールセラミックブリッジのメリットは見た目の美しさ、デメリットは保険適用外でやや費用が高めなことです

オールセラミックブリッジのメリットは、何と言っても見た目にも自然歯に近く、審美性が高い点です。

逆にデメリットは、保険適用外なので施術にかかる費用が高い点です。

2.オールセラミックブリッジが必要となるのは歯の喪失が原因であることが多いといわれています

オールセラミックブリッジは、歯の喪失を補うための審美施術です。

歯の喪失は、虫歯や歯周病などにより、歯が虫歯菌に侵されてもろくなるほか、歯茎がやせ細って下がり、歯を支えきれなくなることが原因とされています。

3.オールセラミックブリッジはトラブルが少なく、安心して長く使うことができます

オールセラミックブリッジは、喪失した歯の両隣の歯を削って土台とし、そこへオールセラミックの人工歯を被せる形で歯を復元します。

金属未使用なので、長期な使っても歯や歯茎の変色もなく、審美性が高いのが魅力です。

4.オールセラミックブリッジは他のブリッジ素材を比べると見た目が格段に美しいという特徴があります

ブリッジはレジンや銀歯、金歯、メタルボンドなど使われる素材によって種類が色々あります。

他の素材と比較しても、オールセラミックブリッジは見た目がより自然歯に近く、審美性が高いと言えます。

7175
Return Top