湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ぐらつきがある歯でもオールセラミック治療はできる?

ぐらつきがある歯でもオールセラミックにすることができます


歯がぐらついているから「もう抜歯しか治療がないかもしれない」と諦めていませんか?
そのまま放っておくとさらにぐらつきがひどくなったり、痛みを伴ったりする可能性があります。

歯がぐらついていてもオールセラミックにすることは可能です。

できるだけ早めに歯科医院に相談に行きましょう。

歯がぐらつく原因は主に歯周病が原因です

歯周病

歯がぐらつく原因の多くは歯周病によるものです。

歯周病とは歯を支える骨が溶けてしまう病気で、軽度、中度、重度と段階があり、ひどい場合は歯が抜けてしまいます。

軽度の場合は歯の周りの汚れや歯石を落とすことで、ぐらつきがなくなります。

しかし、進行していくとなかなか治すことは難しく、今以上に進行させないように定期的に歯のクリーニングを行うことが大切になります。

溶けてしまった骨を元に戻すことは基本的にはできません。

歯の周囲にある一部の骨だけが溶けている場合などは、骨を再生させる施術を行うこともできますが、今以上に悪化しないよう予防をする施術が一般的です。

被せているものなどが取れかけている

被せている差し歯などや、中の土台が外れている、もしくは外れ欠けているとグラグラします。

外してみて、中に虫歯がなく再度付けられる状態であれば、再度付け治します。

もし中に虫歯があったり付け直しができなかったりするような状態であれば、やり変えることになります。

歯ぎしり

長時間歯に過度の力がかかることで、歯を支える骨がダメージを受けてしまい、歯がぐらついてしまうことがあります。

特に寝ている間は無意識で力の制限できないため、かなり大きな力がかかってしまいます。

この場合は歯ぎしりを止めることは困難なので、歯を守るためにマウスピースを入れます。

ぐらつきがある歯は連結させたり、ブリッジを入れたりすることでオールセラミックにすることができます


歯がグラグラになるとその歯にせっかくオールセラミックを被せても、グラグラのままで長持ちしません。

そのため、多少のぐらつきであれば隣同士の歯と連結させれば、ぐらついている歯でもオールセラミックを入れることが可能です。

隣の歯と連結させることで力が分散され、ぐらつきも抑えることができます。

また、ひどいぐらつきの場合は、土台として十分ではないため抜歯し、隣同士の歯とつなげてオールセラミックのブリッジにできます。

抜歯した部分にはダミーの歯があるので、歯があるように見えます。

セラミックの連結・ブリッジの施術の流れは、基本的にはオールセラミッククラウンと変わりません。

抜歯する場合は抜歯し、隣同士の歯、連結の場合はつなげる全ての歯を削って形を整え、型取りをします。

そして出来上がってきたセラミックの連結クラウン・ブリッジを接着し、噛み合わせの調整も行います。

完成の前に試適といって、仮合わせをする場合もあります。

オールセラミックの連結・ブリッジは自然な仕上がりで、噛む機能も回復できます

連結・ブリッジにするメリット

ぐらつきがある歯を隣と連結させたり、抜歯してブリッジにしたりすることで見た目や噛む機能も回復させることができます。

連結は歯を残すことができ、見た目や噛む機能を改善することができます。

歯を抜きたくないという人もいると思いますが、グラグラの歯を残しているとその隣の骨にも影響してしまいます。

そのため抜歯せず連結にしても、今度は一緒にダメになってしまう可能性が高くなるため、抜歯が必要になる場合もあります。

セラミックのメリット

セラミックの一番のメリットは見た目が非常に天然歯に近いということです。

保険のブリッジなどのようにいかにも「つくりもの」という感じもなく、比べ物にならないほど仕上がりがキレイです。

また、金属を使わないので歯茎が黒ずむ心配もなく、体にやさしい材質です。

(まとめ)ぐらつきがある歯でもオールセラミック治療はできる?

1.ぐらつきがある歯でもオールセラミックにすることができます

歯にぐらつきがあってもオールセラミックで歯を美しくすることは可能です。

歯がぐらついていても抜かずに施術できる場合もあります。

できるだけ早めに歯科で受診しましょう。

2.歯がぐらつく原因は主に歯周病が原因です

歯がグラつく原因は歯周病であることが多く、進行してしまうと元に戻すことは難しくなります。

そのため普段からお手入れや歯科医院でのクリーニングを行い、予防していくことが大切です。

3.ぐらつきがある歯は連結させたり、ブリッジを入れたりすることでオールセラミックにすることができます

歯にぐらつきがあっても連結・ブリッジにすることで、オールセラミックを入れることができます。

ただし歯ぎしりもある人は、オールセラミックが割れてし舞う可能性があるのであまりおすすめできません。

4.オールセラミックの連結・ブリッジは自然な仕上がりで、噛む機能も回復できます

歯周病が原因のぐらつきは歯茎も痩せるため、見た目が悪くなったり痛みが出て物を噛めなくなったりしてしまいます。

この歯をオールセラミックで連結・ブリッジにすることで、見た目や噛む機能を回復させることができます。

4129
Return Top