湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックインレーってどんなもの?

オールセラミックインレーとはセラミックの素材だけで作られた歯の詰め物のことです


保険の治療で一般的な歯の詰め物は金属でできているものか、白いプラスチックの詰め物になります。

オールセラミックインレーとは、セラミックだけでできている白い詰め物で、自分の歯との境目がわからないほど、自分の歯となじみきれいに仕上がります。

保険の金属やプラスチックの詰め物では、周りの歯の色と違ったりフチから変色したり、隙間からまた虫歯になりやすいというデメリットがあります。

オールセラミックインレーの施術は虫歯を取り除くことから始めます

インレーとは歯の部分的な詰め物のことを言います。

オールセラミックインレーの施術の流れは次のようになります。

  1. 麻酔をして、虫歯を取り除きます
  2. 歯の形を整えて、型取りをします
    この際虫歯が深ければ、セメントなどで埋めるなどの処置を行います
  3. 出来上がったオールセラミックインレーを接着し、噛み合わせも調整します
  4. 噛み合わせや見た目などのチェックを行います

これで噛み合わせなどに違和感があれば調整し、問題がなくなれば施術は完了になります。

もし、現在銀歯などが入っていてやり変える場合は、麻酔をして銀歯を外し虫歯を取り除きます。

その後の施術の流れは2以降と同様です。

ただし、インレーは部分的な詰め物なので、虫歯が深かったなどの理由で、自分の歯がほとんど残っていない場合などはクラウンという被せ物になります。

オールセラミックインレーは虫歯になりにくいといわれています


「白い歯がいい」と思っている人は多いと思いますが、「保険のプラスチックの詰め物とどう違うの?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

保険のプラスチックの詰め物は虫歯が比較的小さかった場合に適用されます。

そのため、虫歯が深い場合は保険であれば、基本的には銀歯になります。

保険のプラスチックで施術すると最初は歯と同じ色に見えてもだんだん劣化して、フチが欠けたり隙間ができたり変色してしまったりしてしまいます。

また、保険の金属の詰め物にも限界があり、保険の銀歯は5~7年でやり変えられていると言われています。

保険の銀歯は時間が経つと、合着した中のセメントが劣化し溶けだしてしまいます。

すると金属と歯の間に隙間ができてしまい、そこから細菌などが侵入して再び虫歯になりやすくなります。

しかしオールセラミックインレーは保険の銀歯とは違うレジンのセメントを使って歯と一体化し接着するため、隙間もできず細菌も入ってきません。

オールセラミックは入れる際には費用が掛かりますが、ちゃんとお手入れを続ければ長く美しい歯を保つことが可能です。

費用が安いからと言って保険のものを入れても、5~7年おきにやりかえないといけなくなっていては、長い目で見るといくら保険適用だと言ってもそんなに安いとは言えません。

オールセラミックインレーは体への負担が少ないです

金属アレルギーの人でも安心

最近は金属アレルギーの人が増えており、いきなり発症することもあるため、自分がいつ金属アレルギーになるかは誰にもわかりません。

オールセラミックインレーはその名の通り、セラミックでできており金属を使用していないため、体にやさしく金属アレルギーの人でも入れることができます。

歯茎が黒ずまない

銀歯や差し歯の中に金属の土台を入れていると、時間が経つと金属のイオンが溶け出して体内に吸収されてしまいます。

それだけでも恐ろしいですが、金属イオンが溶け出すと、金属を入れている歯やその歯周辺の歯茎が黒ずみ目立つようになります。

オールセラミックインレーは金属は使っていないため、黒ずむ心配もありません。

(まとめ)オールセラミックインレーってどんなもの?

1.オールセラミックインレーとはセラミックの素材だけで作られた歯の詰め物のことです

オールセラミックインレーとは白い歯の詰め物のことで、自分の歯と馴染みがよく審美性に優れた詰め物です。

保険の銀歯やプラスチックの詰め物は、自分の歯との色が違ったり変色してきたり、また虫歯になってしまうことが多いです。

2.オールセラミックインレーの施術は虫歯を取り除くことから始めます

「インレー」とは歯の部分的な詰め物のことで、オールセラミックインレーは基本的には麻酔をして歯を削って型取りを行います。

インレーを接着・調整、術後のチェックの3回程度で施術が完了します。

3.オールセラミックインレーは虫歯になりにくいといわれています

銀歯は5~7年でやり変えられていると言われていて、保険のものには限界があり、虫歯になりやすいというデメリットがあります。

オールセラミックはセメントで歯と一体化して接着するので隙間ができず、虫歯になりにくいというメリットがあります。

4.オールセラミックインレーは体への負担が少ないです

オールセラミックインレーは自分の歯との境目がわからないほど、きれいに仕上がるだけでなく、金属を使用していないため金属アレルギーの人でも使えます。

できるだけ体にいいものを入れたいという人には特におすすめの詰め物です。

10456
Return Top