湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックなら金属アレルギーでも使える?

オールセラミックは金属アレルギーの方も安心です


歯を削ったあとの詰め物や、歯並びの矯正など、歯科医院では金属を用いた施術を行う機会が少なくありません。

しかし金属アレルギーがあるお客様の場合、注意が必要です。

そこで注目したいのがオールセラミックです。

その名前のとおり、セラミックのみを使った詰め物や被せものをする方法なので、金属アレルギーがあっても使える方法です。

金属よりも見た目が自然な仕上がりになるため、審美性を高めたいときにもおすすめの方法です。

オールセラミックで行える施術にはいくつか種類があります

オールセラミックで行える施術はいくつかあるため、ケースによって使い分けましょう。

まずは、セラミッククラウンです。

セラミックで作った人工の歯を被せる施術方法です。

セラミックにもいくつかの材質があり、すべてがオールセラミックではありません。

強度を高めるのに内側に金属のフレームを用いているメタルボンドという種類もあります。

オールセラミッククラウンの場合、種類によっては強度が足りずにブリッジや奥歯に向かないものもあります。

強度も高く金属を使わないセラミックにはジルコニアセラミッククラウンという種類があります。

用途や金額などに応じて医師と相談して使い分けることになります。

また虫歯の削りあとなど、歯の欠損部分が小さくクラウンを被せるほどでなければ、インレーという詰め物を使う施術もセラミックで行うことができます。

金属の詰め物よりも見た目が良いだけでなく、歯と詰め物との隙間が少ないため虫歯になりにくいともいわれています。

ほかにも、歯の表面にネイルチップのように貼り付けて見た目を良くするラミネートベニアにもセラミックが使われます。

歯の表面を薄く削りセラミックを貼り付け、歯の形や色をきれいにする方法です。

クラウンに比べると強度は落ちますが、歯をあまり削らずに審美性を良くしたいときに手軽に行うことができます。

レジンアレルギーの方にもおすすめです


金属を使わないもうひとつの方法として、レジンというものを使う施術があります。

レジンとは歯科用のプラスチック素材で、ペースト状のものを隙間に埋めて光をあて硬化させるものです。

虫歯のあとの詰め物や、欠けた歯の修復に用いられるものです。

広く用いられているもので安全性が高いものですが、これがアレルギーの原因となってしまうことがあります。

口内で現れる症状としては、粘膜の腫れたり赤くなったり、熱を帯びたり、触れることで痛みが出たりすることがあります。

施術後すぐに症状が出ることよりも、半日から数日経ってから症状が出ることが多いようです。

固まっていない状態のレジンと触れることでアレルギーが発症しやすいともいわれています。

また、ペースト状のレジンには揮発性があり、揮発したものを吸うことで鼻炎や喘息の症状が出ることもあるとされます。

レジンは白い詰め物をセラミックより安くできるメリットがありますが、アレルギーが出る場合は使うことができません。

オールセラミックなら、レジンアレルギーがあるときの代用として施術を行うことができます。

オールセラミックは審美性にすぐれた施術です

オールセラミックのメリットとして最初に思いつくの、金属アレルギーでも心配ないということでしょう。

実際、金属を使わないため今までアレルギーで施術の幅が狭くなっていたひとでも、矯正などを行うことができるメリットがあります。

それに加えて、オールセラミックは見た目も良いというメリットがあります。

メタルボンドの場合は、セラミックの内側に金属のフレームが入っています。

セラミックだけでは強度が足りない分を、金属フレームで補っているものです。

酸化メタルという金属が用いられていてもちろん安全性が高い素材なのですが、これが歯や歯茎を変色させてしまうこともあります。

さらに、最初の段階でも見た目に違いがあります。

中に金属が入っているため、どうしてもその色が透けてしまい仕上がりが自然にならないのです。

セラミックの種類にもよりますが、オールセラミックの場合はメタルボンドよりも見た目を自然に仕上げることが可能です。

アレルギーの問題だけでなく、見た目をより自然に仕上げたい、きれいな見た目を長持ちさせたいというひとは、オールセラミックのメリットを感じられるでしょう。

(まとめ)オールセラミックなら金属アレルギーでも使える?

1.オールセラミックは金属アレルギーの方も安心です

金属を用いないオールセラミックによる施術は、金属アレルギーがあるひとでも行うことができます。

見た目を自然に仕上げることも可能なため、歯並びを整えるなど審美性を良くするのにも使えます。

2.オールセラミックで行える施術にはいくつか種類があります

セラミックを用いた施術にはいくつかの種類があります。

その中には金属を使うオールセラミックではないものもあります。

オールセラミックで行えるものは、主にセラミッククラウンやインレー、ラミネートベニアなどです。

3.レジンアレルギーの方にもおすすめです

金属アレルギーだけでなく、レジンに対してもアレルギー症状が出る場合があります。

その場合も金属アレルギーと同様、オールセラミックを用いることで代用することが可能です。

4.オールセラミックは審美性にすぐれた施術です

従来の金属を用いたものに比べると、オールセラミックは見た目が良くなるというメリットがあります。

周りの歯となじむ自然な仕上がりを目指したい、きれいな見た目を長続きさせたいひとにおすすめです。

1562
Return Top