湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックで受け口は治せる?

オールセラミックで受け口を治せる可能性があります


受け口とは上下の歯の噛み合わせが逆になっている状態を指しています。

下顎前突や反対咬合と呼ばれることもあります。

歯の生え方によって嚙み合わせがずれてしまうことがあります。

その場合、オールセラミックによる人工の歯を被せる矯正方法によって歯並びを調整し、受け口を治せる可能性があります。

受け口は発音や噛み合わせに悪影響を及ぼします

反対咬合・下顎前突と呼ばれる症状を、一般的には受け口と呼ぶことがあります。

上の前歯が下の前歯を軽く覆っている状態が正しい嚙み合わせだとされていますが、これが反対になっている状態を指します。

噛み合わせの状態を指す咬合が反対の状態なので、反対咬合といいます。

歯の傾きや、顎のバランスが悪く下顎が出ていることなどが主な原因とされます。

受け口になってしまう原因ははっきりとはわかっていません。

考えられている原因としては、遺伝による骨格の成長バランスが悪くなることや、成長期の癖などが影響などがあります。

見た目としてはしゃくれている状態というとイメージしやすいでしょう。

受け口は見た目のほかにも影響があるとされます。

まず前歯で食べ物を噛みにくいことで、十分な咀嚼ができずに消化が悪くなる可能性があります。

滑舌にも影響すると考えられていて、特にサ行やタ行の発音が悪くなるといわれています。

歯並びをオールセラミックで調整することで受け口の改善が期待できます


歯の生え方によって受け口となっている場合、オールセラミックを用いた施術で受け口の状態を改善することも可能です。

セラミック矯正は、気になる歯並びを人工の歯を被せて調整する方法です。

受け口になってしまっている歯に対しても有効な方法のひとつとして用いられています。

前歯を治すとなると見た目が気になると思いますが、オールセラミックは自然な見た目を作ることができます。

施術後に歯が変色する心配や歯肉への影響もないとされている、審美性に優れた矯正方法です。

ただしセラミックで作った人工歯を被せるには、今ある自分の歯をある削る必要があります。

状況によっては歯を抜かなくてはいけない可能性もあります。

虫歯のない健康な歯を削ったり抜いたりしなくてはいけないのがデメリットとなりますが、メリットも十分にある方法です。

最初に歯を削ったあとに仮の歯を被せますが、この時点で見た目はきれいになります。

最終的に本番の歯を入れて施術を終わらせるまでの期間も長くて数カ月とされますし、なるべく早くきれいな歯並びを手に入れられるという大きなメリットがあります。

また、オールセラミックの場合は金属を使わないため、金属アレルギーがある人でも行えるのもメリットです。

外科的施術が必要になることもあります

下顎が大きく出ているなど、骨格そのものに問題がある場合はオールセラミックを用いた矯正だけで受け口を治すのは難しくなります。

オールセラミックによる矯正は、元の歯を削りその上に人工の歯を被せて歯並びを調整するという方法です。

歯の生える向きや形による問題はセラミック矯正で整えることができます。

しかしこの方法では骨格そのものの位置を変えることはできないからです。

顎の位置による要因が大きい場合は、外科的な施術で顎の位置を調整することになるでしょう。

上顎分節骨切り法、通称セットバック法と呼ばれる施術です。

骨格のバランスによる歯並びを治すには、歯が付いた骨を切り移動させるという方法が、最も効果的だと考えられています。

受け口を治すために外科的施術が必要かどうかは、人それぞれ状況によって異なります。

どのように進めていくかはお客様の状況を医師が診て判断することになります。

外科的施術を行う場合は、もちろん専門の医師がしっかりとしたカウンセリングを行ったうえで行います。

(まとめ)オールセラミックで受け口は治せる?

1.オールセラミックで受け口を治せる可能性があります

上下の嚙み合わせが逆になっている受け口は、オールセラミックで治せることもあります。

歯並びをオールセラミックの人工歯を被せて整えることで、受け口の状態を解消します。

2.受け口は発音や噛み合わせに悪影響を及ぼします

一般的に受け口と呼ばれる症状では、は上下の歯の噛み合わせが逆になってしまっています。

見た目としては下顎が出て見えやすく、発音や咀嚼に影響がでる可能性もあります。

3.歯並びをオールセラミックで調整することで受け口の改善が期待できます

歯の生え方に受け口となる主な原因がある場合、オールセラミックを用いた矯正によって受け口を治すことが可能です。

セラミック矯正は見た目の美しさや施術期間の短さなど、多くのメリットがある矯正方法になります。

4.外科的施術が必要になることもあります

受け口を治すためには、矯正だけでは対応できないこともあります。

骨格を動かす必要がある場合は、外科処置を用いた施術を行い受け口を治していくこともあります。

専門医によってセットバック法と呼ばれる処置を行います。

3377
Return Top