湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックにメンテナンスは必要なの?

オールセラミックを長持ちさせるにはきちんとしたメンテナンスが必要です


オールセラミックによる人工の歯をきれいに長持ちさせるためには、メンテナンスが必要になります。

フロスで隙間の汚れを取り除く、歯茎との隙間をていねいにブラッシングするなど、毎日のメンテナンスにそれほど特別なことは必要ないでしょう。

口内の状態を確認するためにも、歯科医院での定期的なメンテナンスにも通うようにしましょう。

メンテナンスをしないと歯の寿命が短くなる可能性があります

セラミックは通常の歯と比べて、どちらかというと汚れは付きにくいとされます。

だからといって毎日のメンテナンスが必要ないわけではありません。

汚れがついたままにしておくと、せっかくのセラミックの歯が変色してしまう可能性があるからです。

しかし汚れ自体は付きにくいので、通常の歯磨きなどをきちんと行っていればそれほど神経質になる必要はありません。

さらに、日常のお手入れのほかに定期的に歯科医でのメンテナンスを受けるようにしましょう。

きちんとブラッシングをしているつもりでも、どうしても落としきれない汚れはあります。

そういった汚れのクリーニングを行うことでより長持ちさせることに繋がります。

また、歯茎の状態や虫歯があるかなどをチェックすることも大切です。

オールセラミックの歯は、土台となる自分の歯に被せてある状態です。

そのためそもそもの歯の健康が失われてしまっては、オールセラミックの歯もダメになってしまう可能性があります。

また、オールセラミックの歯はなんらかの衝撃でヒビが入ったり割れたりすることもあります。

気付かないでそのまま放置しておくと、汚れが入り込むなどして口内環境を悪くすることが考えられます。

そういった異常を発見するためにも、定期的なメンテナンスは欠かせないのです。

オールセラミックのメンテナンスはブラッシングが基本です


毎日のメンテナンスとしては、通常の歯と同様にブラッシングをして汚れを落としましょう。

ここでポイントとなるのは、強く磨きすぎないことです。

オールセラミックの歯は強くこすらなくても汚れを落とせます。

必要以上に強く磨いたり、硬すぎる毛のブラシで磨いたりしていると、歯茎が下がってしまうことが考えられます。

歯茎が下がってしまうと被せたオールセラミックの歯の境目が見えてしまうこともあり、せっかくきれいにした歯並びが台無しになってしまうので中止しましょう。

ていねいに優しく、歯茎とオールセラミックの歯との境をブラッシングしてください。

また、柔らかい毛の歯ブラシを使うことをおすすめします。

力を入れすぎないコツとしては、歯ブラシを握りしめるのではなく鉛筆を持つようにすることです。

ブラッシングのほかに、歯間ブラシやフロスを使い歯との隙間の汚れを落とすようにしましょう。

きちんと歯を磨いているつもりでも、歯の隙間には汚れが溜まりやすいです。

オールセラミックでブリッジを作っている場合は、根本の汚れにも注意が必要です。

ブリッジは隣り合う歯を土台にして作るので、3本の歯が繋がっている状態です。

歯と歯の隙間にY字型のフロスは通りません。

ブリッジは構造上、わずかな隙間や底の部分に汚れが溜まりやすいです。

放置しておくと口臭や虫歯などの原因になるので、歯間ブラシやブリッジの清掃に適したスーパーフロスなどを用いて汚れを取り除きましょう。

自分の歯の健康を維持することも大切です

オールセラミックで矯正を行ったあと、メンテナンスを行うことは大切です。

定期的な歯科医で受けるメンテナンスは、口内環境を健康に保つために特に大切なことです。

インプラントの場合は人工的な土台を作って被せものを作りますが、セラミッククラウンやラミネートベニアは今ある自分の歯を土台にして行います。

その歯が健康でなければ、人工の歯を被せることができなくなってしまいます。

特に施術の過程で神経を取ってしまった歯は、ほかの歯と比べて弱くなってしまうといいます。

神経を取るときに周辺の細かな血管も取り除くことで栄養が行き届かなくなるからと考えられています。

そのためセラミックで被せものを作るために神経を取ったときは、特に日ごろのお手入れに気を使う必要があります。

歯を削ることで寿命が短くなるからオールセラミックによる矯正はしない方が良いかというと、そうだとは限りません。

きちんとお手入れしないと寿命を短くしてしまいますが、メンテナンスをしてあげることでより長くきれいな歯並びを維持することができるでしょう。

(まとめ)オールセラミックにメンテナンスは必要なの?

1.オールセラミックを長持ちさせるにはきちんとしたメンテナンスが必要です

オールセラミックのは歯汚れが付きにくいですが、長持ちさせるためにはきちんと汚れを落としてきれいに保つことが大切です。

毎日のメンテナンス、定期的な歯科医でのメンテナンスを行うようにしましょう。

2.メンテナンスをしないと歯の寿命が短くなる可能性があります

オールセラミックの歯に汚れがついたまま放置することで、変色してしまう可能性があります。

毎日のお手入れをきちんと行いましょう。

定期的なメンテナンスで歯や口内環境の様子を確認することも大切です。

3.オールセラミックのメンテナンスはブラッシングが基本です

通常の歯磨きと合わせて、セラミックの歯もブラッシングしましょう。

強くこする必要はないので、柔らかい毛のブラシで優しく磨くのがポイントです。

また、フロスや歯間ブラシで隙間の汚れも取り除くようにしましょう。

4.自分の歯の健康を維持することも大切です

オールセラミックによる被せものを長く使い続けるためには、口内環境を健康に保つことが大切です。

土台となる自分の歯が健康でなければ、上から被せものをすることが難しくなるからです。

6517
Return Top