湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ジルコニアを使ったオールセラミックの価格は?

ジルコニアを使うオールセラミックの価格はやや高めです


ジルコニアはオールセラミックの人工歯を作るのに、欠かせないものとなってきています。

強度があり見た目の良い歯を作ることができるからです。

ただし、ジルコニアを使った人工歯による施術は、保険適用外です。

特に見た目に優れたジルコニアセラミックはやや価格は高めになってしまいます。

その価格に見合った価値があるということもできます。

ジルコニアは強度と見た目を兼ね備えた素材です

セラミックで人工の歯を作る場合、今まではセラミックの強度の問題から金属を用いたり、ブリッジを作れなかったりすることがありました。

セラミックは見た目にきれいな歯を作れますが、強い力がかかるとかけてしまう可能性があるからです。

内側に金属を使っては、オールセラミックとはいえません。

そこで注目したいのが、ジルコニアです。

ジルコニアは人工ダイヤとしても知られるもので、強度や透明性のある素材です。

強度が高いジルコニアを用いることで、内側に金属の補強をしなくてもセラミックの人工歯を作ることができます。

ジルコニアのおかげで従来作れなかったブリッジなどを、オールセラミックで作ることが可能になりました。

金属アレルギーによって矯正できなかったという場合でも、安心して取り入れることができるのもメリットです。

ただし保険適用内で歯を作ることができません。

良い素材である反面、ジルコニアを使った人工歯はやや価格が高くなる傾向があります。

ジルコニアを使った人工歯、ジルコニアセラミック


ジルコニアを用いた人工歯には、ジルコニアをフレームしてその上にセラミックを焼き付けて作られたジルコニアセラミックがあります。

ジルコニアセラミックの歯は、見た目の良さと耐久性を併せ持っています。

従来の金属フレームに変わってジルコニアをフレームに用い、表面は見た目の良いセラミックを被せたことで、見た目と耐久性のどちらをも実現したものです。

高品質な新しい人工歯として人気があります。見た目を自分の歯に近づけて作ることが可能なので、前歯に使っても周りにバレにくいといわれています。

ジルコニアセラミックは1本10万円程度の価格帯です

セラミックを使う人工歯の価格は、素材によって価格が変わってきます。

オールセラミックではないですが、金属を用いたメタルボンドの場合は1本あたりおよそ7万円で作ることができます。

それに対してジルコニアセラミックの場合は、1本あたりおよそ10万円と、やや高い価格になってしまいます。

実際の施術では仮歯の価格や、必要に応じた抜歯などにかかる費用も必要になります。

歯並びの状況などに応じて変わってくるため、事前に医師ときちんと相談しましょう。

ジルコニアセラミックは性能に優れた反面、価格はほかのものと比べるとどうしても高めになってしまいます。

少しでも価格を抑えたい場合、1本ずつ治すよりも思い切ってまとめて何本か施術したほうがセットでお得に行うことも可能です。

また一度に支払えないというときは、分割で料金を支払うこともできます。

まずは一度相談してみることをおすすめします。

(まとめ)ジルコニアを使ったオールセラミックの価格は?

1.ジルコニアを使うオールセラミックの価格はやや高めです

オールセラミックの歯のなかで、ジルコニアセラミックの価格はやや高めになります。

ただし、その価格に見合う見た目の良さと強度を兼ね備えたているものになっています。

2.ジルコニアは強度と見た目を兼ね備えた素材です

ジルコニアは人工ダイヤとしても知られる、強度の高い素材です。

従来は金属を使って強度を高めていたのに対して、ジルコニアを使うことでオールセラミックで人工歯を作ることも可能になりました。

3.ジルコニアを使った人工歯、ジルコニアセラミック

ジルコニアを使ったものには、ジルコニアの上にセラミックを焼き付けたジルコニアセラミックがあります。

ジルコニアセラミックは強度と見た目の自然さを兼ね備えており、前歯に使っても周りにバレにくいといわれています。

4.ジルコニアセラミックは1本10万円程度の価格帯です

セラミックによる人工歯はその素材で価格が変わり、ジルコニアセラミックはほかのものよりもやや高い傾向があります。

金属を用いたものと比べて1本2万円ほど高くなりますが、その分見た目の良さに優れています。

2748
Return Top