湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックは歯を削る量が多い?

クラウンをオールセラミックにする場合、歯を削る量は多くなります


セラミックは割れやすいという弱点があるため、クラウンをオールセラミックにする場合は、ある程度の厚みが必要になります。

そのため、その分土台とする天然の歯を、大きく削らなければなりません。

また、神経を抜いてしまった歯は非常に脆いため、歯の代わりに土台を埋めることがあります。

オールセラミックは厚みがないと耐久性が低くなるため、もとの歯を削らなければなりません

虫歯などで大きく歯を削りかぶせ物(クラウン)を付ける場合、その素材をセラミックにすると、周辺の歯と同じ色合いにすることができ、また虫歯にもなりにくいので、歯磨きさえきちんとしていれば長い間、綺麗な歯を維持することができます。

ただ、セラミックは元は陶器と同じ素材です。

陶器の食器は、落としたりすると容易に割れてしまいます。

セラミックでできたクラウンも同じように、割れやすいという弱点を持っています。

そのため、クラウンすべてをセラミックで作ろうとする場合には、クラウン自体にある程度の厚みが必要になります。

クラウンを付けることで元の歯よりも大きくなってしまうことは、周辺の歯を傷めるほか、噛み合わせの歯に悪影響を及ぼすことになります。

ですから、クラウンを付けるとしても、元の歯と同じ大きさにすることが不可欠となります。

これらの条件を満たしてオールセラミックでクラウンを作ろうと思うと、どうしても元の歯を大きく削る必要が出てきてしまうのです。

オールセラミッククラウンにするために歯を削るとしても神経は残します


以前に虫歯の治療を受け、その際に神経を抜く治療(根管治療)を受けたことがある人もいらっしゃるかもしれません。

そのような歯の場合は、残念ながらそのまま大きく削ってオールセラミッククラウンを付けるということはできません。

天然の歯についてご説明しましょう。

歯の表面はエナメル質でできており、それより深いところは象牙質、そして神経が通る歯髄という構成になっています。

根管治療ではこの神経を抜く治療ですが、この歯髄には神経以外にも、血管やリンパが通っています。

この血管やリンパがあることで歯に栄養が供給され、歯は強度を保っていられるのです。

神経を抜く治療を行うということは、この血管やリンパも除去することになってしまいます。

そのため、根管治療を受けた歯は栄養素が供給されないため歯が脆くなってしまい、オールセラミッククラウンを付けたとしても、クラウンが傷むよりも前に土台とした元の歯が先に折れてしまうことになるのです。

このような場合には歯を抜き、ファイバーやメタルでできたコア(土台)を装着し、その上にオールセラミッククラウンを付けるという方法を用いることがあります。

素材を考慮することでセラミックの美しさを残して丈夫なクラウンを作れます

オールセラミックでクラウンを作る場合には、クラウンの強度を保つためにも元の歯を大きく削らなくてはなりません。

では、元の歯をあまり削ることなくセラミックでクラウンを作ることはできないものでしょうか。

実は、方法があります。

それは、クラウンの表面はセラミックにして、別の素材を裏打ちするという方法です。

裏打ちに使用する素材には、2つの種類があります。

一つは、保険が適用になる金属を使用する方法です。

この場合、確かにクラウンの強度は保てますが、7年前後経過すると金属が溶けだして歯茎が黒ずんでしまったり、金属の内側で虫歯になってしまったりする危険性があります。

金属アレルギーをお持ちの方では、アレルギー症状を引き起こす可能性もあります。

また、歯を光に当てた時、クラウンを付けている歯だけが黒っぽく見えてしまいます。

もう一つの方法は、裏打ちの素材にジルコニアを使う方法です。

ジルコニアはダイヤモンドに次いで硬い素材と言われ、時間が経過しても傷んだり溶けたりする心配がありません。

また、綺麗な白い素材のため、歯を光にかざしたときに、周囲の歯と同じように見えるのも利点です。

(まとめ)オールセラミックは歯を削る量が多い?

1.クラウンをオールセラミックにする場合、歯を削る量は多くなります

クラウンをオールセラミックにする場合は、クラウンに厚みが必要になるため、土台となる歯を大きく削る必要があります。

また、場合によっては、天然の歯の代わりに土台を埋めることもあります。

2.オールセラミックは厚みがないと耐久性が低くなるため、もとの歯を削らなければなりません

セラミックは割れやすいという弱点を持っているため、クラウンをオールセラミックにする場合には、クラウンにある程度の厚みが必要となります。

そのため、その分元の歯を比較的大きく削る必要が出てきます。

3.オールセラミッククラウンにするために歯を削るとしても神経は残します

クラウンを付けようとする歯が根管治療を受けたものである場合、歯が脆いためにオールセラミッククラウンが傷むよりも前に土台とした歯が折れてしまうことがあります。

そのような場合、ファイバーやメタルでできたコアを装着する場合があります。

4.素材を考慮することでセラミックの美しさを残して丈夫なクラウンを作れます

セラミックでクラウンをつくりその強度を高めるためには、金属やジルコニアで裏打ちする方法があります。

金属は溶けやすく歯茎が黒っぽくなることがありますが、ジルコニアは高い強度を保ち、かつ周囲の歯と違和感ない色合いを維持することができます。

14959
Return Top