湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

虫歯の治療でもオールセラミックが使えるって本当?

虫歯の5段階のうち、4段階まではオールセラミックでの施術が可能です


虫歯は医学的には「カリエス」と言われ、C0~C4までの5段階に分けられています。

虫歯の進行状況に応じて治療法は異なります。

C0では必ずしも治療を必要とはしませんが、C1~C4では何等かの施術が必要になります。

C1~C4の虫歯の場合、オールセラミックを用いた施術が可能となります。

虫歯は進行度合いによって自覚症状が違います

歯は表面がエナメル質でできており、その深層に象牙質、さらに深いところには神経や血管が通った歯髄があります。

虫歯がどこまで達しているかによって、虫歯の程度は5段階に分けられます。

C0

エナメル質の表面に小さな穴があいた程度の虫歯です。

C1

C0よりもエナメル質内で深めの穴が開いている状態です。

自覚症状がないため気づかれないことも多く、放置すると虫歯が進行してしまう危険性があります。

C2

虫歯が象牙質まで進行した状態です。

神経や血管が通っている歯髄には達していないので、酷い痛みというのはありませんが、冷たいものや甘いものが染みることがあります。

C3

虫歯が歯髄に達してしまった状態です。

歯髄に炎症を起こすため、耐えることができない程激しい痛みを感じます。

C4

エナメル質はほぼ崩れ去り、虫歯は歯髄深くまで達して神経が壊死してしまった状態です。

神経が壊死しているのでここまでくると痛みは感じませんが、神経のそばを通る血管の中に虫歯菌が入り込んで全身を回り、他臓器の病気の原因になることがあります。

虫歯は段階によって治療法が異なります


虫歯は、進行度合いによって施術法が異なります。

C0の場合は、キシリトールやフッ素を用いて歯の再石灰化を促すことで、修復できる場合があります。

C1の場合は、虫歯になっている部分のみを削り、多くの場合は詰め物(インレー)を装着します。

C2では、虫歯部分を取り去るために象牙質まで削る必要があり、痛みを伴うこともあるため麻酔が必要になります。

また、もし1本の歯で2箇所以上虫歯になっている場合には歯を大きく削る必要があるので、インレーではなくクラウンが必要になります。

C3と、C4の一部では、神経の処置をする根管治療が必要になります。

そのため、麻酔は必須となります。

根管治療を行った歯は脆く割れたり折れたりしやすいため、歯髄部分に土台を埋め込み、その上からクラウンを被せます。

C4でも酷い場合には、抜歯が必要となります。

抜歯した場合、反対側に噛み合わせの歯がある場合には、抜歯した部分にも歯が必要となるため、部分入れ歯やインプラント、ブリッジが必要となります。

オールセラミックでの虫歯治療にはインレーやクラウン、ブリッジを用います

虫歯治療で削った部分の補修(インレー)やクラウンを被せる場合、保険がきくのは前歯ではレジン(プラスチック)、奥歯では銀歯(金銀パラジウム合金)になります。

ですが、耐用年数や美観の面を考慮すると、セラミックの方が断然良いといえるでしょう。

オールセラミックでは、インレーやクラウンが可能であることはもちろんですが、C4の虫歯の治療後に必要となるブリッジを作ることも可能です。

ブリッジをつくる場合の方法をご紹介しましょう。

抜歯した歯の両隣各1~2本ずつの歯を削ります。

抜歯した部分に装着する歯の両脇にクラウンのような形の歯をつなげ、抜歯部分と削った両隣の歯にそのクラウンを被せる形でブリッジを装着する方法です。

義歯も両脇のクラウンもオールセラミックでできていますから、歯の美しさは保つことができます。

また、セラミックは虫歯になりにくく変色しにくい素材ですから、長い期間きれいな歯を保つことができます。

ただし、クラウンを装着した部分は、特に歯茎周辺ではきちんと歯磨きをすることが、元の歯を維持するためにも大切なことになります。

(まとめ)虫歯の治療でもオールセラミックが使えるって本当?

1.虫歯の5段階のうち、4段階まではオールセラミックでの施術が可能です

虫歯はC0~C4までの5段階に分かれ、C1~C4では何らかの施術が必要になります。

そして、そのC1~C4の虫歯では、詰め物(インレー)やかぶせ物(クラウン)にオールセラミックを用いた施術が可能となります。

2.虫歯は進行度合いによって自覚症状が違います

虫歯は、5段階に分けられます。

エナメル質でとどまっているC0とC1、象牙質に達したC2、神経が通る歯髄に達したC3、そして神経が壊死してしまったC4では虫歯菌が血管内に侵入することもあり、別な病気の原因となることもあります。

3.虫歯は段階によって治療法が異なります

虫歯の進行状況に応じて、施術法は異なります。C2で歯を大きく削る必要がある場合やC3では、クラウンを被せる必要があります。

C4で抜歯した場合、噛み合わせの歯があるときは部分入れ歯やインプラント、ブリッジによる施術が必要となります。

4.オールセラミックでの虫歯治療にはインレーやクラウン、ブリッジを用います

C4段階の虫歯で抜歯をした場合、オールセラミックでブリッジを作ることも可能です。

この場合、抜歯した歯の両隣にある1~2本の歯を削る必要はありますが、ある程度の強度ときれいで虫歯になりにくい歯を手に入れることができます。

3395
Return Top