湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックの寿命はどれくらい?

オールセラミックの寿命は保険適用の材質よりも長いようです


一般的には、オールセラミックの寿命は10年ほどと言われていますが、20年使用し続けている人が8割程度いらっしゃることを考えると、保険適用の材質よりも長く使用可能なようです。

ただし、歯ぎしりや食いしばりといった癖がある方の場合、セラミックに強い力が加わることから、これよりも短くなる可能性は否定できません。

オールセラミックの寿命は、ジルコニアに次いで長いと言われています

虫歯の治療などで歯を削らなければならない場合に、詰め物(インレー)やかぶせ物(クラウン)に使用する素材は色々とあります。

保険適用になるレジンや金属、保険適用外のジルコニアやセラミックがあります。

その中で、すべてセラミックを使用するオールセラミックはジルコニアに次いで高い強度があり、寿命も長めです。

一般的にオールセラミックの場合、寿命は10年程度と言われてはいるものの、20年使用し続けている人も8割程度いることを考えると、寿命は非常に長いといえるでしょう。

変色することがなく、最近のオールセラミックは強度も高くなってきているので割れにくくなってきています。

加えて、汚れなどが付着してもクリーニングで元の白さを取り戻すことができるので日々のお手入れ、歯磨きさえきちんとしていれば、非常に長い期間使用することのできる素材と言えます。

オールセラミックの寿命をどのように考えるかもポイントになります


高い強度を持ち寿命が長いオールセラミックですが、その寿命を左右する要因があります。

一つは、力の加わり方です。

例えば、歯ぎしりや日常的に歯を食いしばる癖がある方の場合、歯に強い力が加わることになります。

人は安静の状態であれば、上下の唇は閉じていても、上下の歯は離れているのが正常です。

天然の歯であっても歯ぎしりや食いしばりがあると歯が削れてしまいますから、強度が高いと言われるオールセラミックであっても同様のことが起こる可能性があります。

覚醒時の食いしばりであれば、上下の歯を離すよう意識することが大切になります。

また、就寝中に歯ぎしりがある場合には、マウスピースを用いるなどして、歯に強い力が加わらないようウニすることが重要になります。

それから、特にオールセラミックのクラウンの場合ですが、普段のお手入れ、すなわち歯磨きが不十分だと歯周病になり、歯茎が炎症を起こして痩せてくることがあります。

また、年を取ると歯茎が痩せてくることもありますが、この場合には歯茎が下がってくることでクラウンと土台の境目が露わになってしまうことがあります。

これは、どのような材質のものを使用しても起こり得るものですが、この境目が見えることで見た目に悪影響を及ぼすようになった場合に、『寿命』を感じる方もいらっしゃるでしょう。

こう考えると、普段の歯磨きで歯周病を予防することや食いしばりを意識して解消することが、オールセラミックの寿命を左右する要因になるともいえるかもしれません。

オールセラミック以外の素材の寿命についても見てみましょう

オールセラミックは、保険適用外の施術法ですが、保険適用の範囲で用いられるクラウンやインレーの素材では、その寿命はどれくらいなのでしょうか。

まず、プラスチック素材であるレジンですが、耐用年数自体は7年ほどと言われていますが、実際には2~3年程度で変色することが多いようです。

口の中に出る唾液や、食べ物の水分を吸収することが変色を起こす主な原因です。

素材自体の耐用年数は7年ほどあるものの、徐々に周囲の歯と色が異なっていくため、見た目に影響をおよぼすので、見た目を気にする方であればその寿命は2~3年程度ということになるでしょう。

また、金属の場合ですが、耐用年数は7~10年程度です。

しかし、レジンのところでもお話ししたとおり口の中は水分が多い環境です。

水分の影響で金属が溶けだし、その色が歯茎につくことで歯茎が黒ずむことがあります。

また、金属アレルギーを持っている方では、アレルギーの症状を引き起こす可能性があります。

(まとめ)オールセラミックの寿命はどれくらい?

1.オールセラミックの寿命は保険適用の材質よりも長いようです

耐久年数10年ほどといわれるオールセラミックですが、20年程度使用し続けている人もいらっしゃるようです。

ただ、強い力が加わればどんな歯でも傷みますので、食いしばりや歯ぎしりがある方ではオールセラミックでも耐久性が下がる可能性があります。

2.オールセラミックの寿命は、ジルコニアに次いで長いと言われています

オールセラミックは、ジルコニアに次いで高い強度をもつ素材です。

割れにくく変色しにくいことに加えて、汚れが付着したときはクリーニングで元の白さを取り戻せるので、寿命が長い素材ということができます。

3.オールセラミックの寿命をどのように考えるかもポイントになります

歯ぎしりや食いしばりの癖がある方では、歯に強い力が加わる機会が多いために、オールセラミックの寿命を縮めてしまう危険性があります。

また、歯茎が痩せて下がり、クラウンと土台の境目が見えることも、寿命を決める要因になるかもしれません。

4.オールセラミック以外の素材の寿命についても見てみましょう

レジンの耐用年数は7年程とされていますが、唾液や食べ物の水分を吸収して2~3年程で変色します。

また、金属の場合は7~10年ほどの寿命があるものの、金属が溶け出して歯茎が黒っぽくなったり金属アレルギーの症状を引き起こしたりする危険性があります。

59281
Return Top