湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口が咀嚼音の原因になるの?

受け口の歯の噛み合わせや舌小帯の問題で咀嚼音が出やすくなります


受け口は歯の噛み合わせが悪く、自然と口が開いてしまうことで咀嚼音が聞こえてしまうようです。

他の原因として、舌小帯短縮症が原因の場合もあります。

舌小帯短縮症は受け口の原因ともなるようです。

咀嚼音の問題は、自分で気づいていない人も少なくありません。

そのため歯の噛み合わせが悪い、受け口の人は特に注意が必要です。

咀嚼音を予防するだけではなく、歯もきれいにしたいならセラミック矯正という施術法もあります。

舌小帯短縮症の場合も、医療的なアプローチが必要でしょう。

歯の噛み合わせや舌が短いと咀嚼音が出やすいのです

受け口は咀嚼音の原因となります。

咀嚼音と言われても、ピンと来ないかもしれませんが、クチャラーと言われると分かる人も多いでしょう。

「クッチャ」「ネッチャ」と音を立てて食べる人が周りに居ませんか?
自分の家族や恋人がクチャラーだと、一緒に食事をしたくないと感じる人も少なくありません。

また、咀嚼音が離婚原因につながるという話もあるようです。

「クチャクチャ」という咀嚼音が出る原因は、唇を開けた状態で食べ物を噛んでいるからと考えられています。

唇が開いてしまう原因として、受け口や出っ歯が関係しているようです。

受け口などの場合、歯の噛み合わせが悪いため、自分でも気づかない内に口が開いてしまいます。

他にも受け口になっている場合、舌についている舌小帯が短い場合もあるようです。

これは舌小帯短縮症というもので、咀嚼音だけではなく、受け口の原因になります。

そのため咀嚼音を指摘されたら、食事中、音が出ないよう意識して口を閉じたり、舌小帯短縮症の改善を行ったりする必要性も出て来るでしょう。

舌が短いと前歯で噛むために出やすくなります


通常、人が食べ物を食べる時は、奥歯で噛む人が多いようです。

しかし舌小帯短縮症のような、舌が短い人や、あるいは、舌の筋力が弱い人の場合、食べ物を奥に移動することが難しい場合も少なくありません。

そのため食べ物を噛む際には、前歯などで噛むことになります。

そうなると、あのクチャクチャとした、咀嚼音が出やすいようです。

さらにやっかいなのが、自分ではそんな咀嚼音が出ているとは気づいていない、問題だと考えていない人も居ると言うことでしょう。

咀嚼音を誰かに指摘されたことがない、食べる時に音が出るのは普通だと考えている人も居ます。

特に、成長過程で家族全員がそこまで気にしなかったような家庭環境だと、気づかないことは多いでしょう。

その場合、周囲が不快だと感じていることが分かりません。

みなさんの周囲に、クチャラーは居るでしょうか?

その人は、極端な受け口になってはいませんか?

あるいは自分がその受け口だったり、歯の噛み合わせが極端に悪かったりするなら、知らず知らずクチャラーになっている可能性も考えておいた方が良いでしょう。

受け口と舌の短さの改善が必要です

受け口の場合、極端に歯並びが悪いケースも少なくありません。

歯並びが悪いと、きちんと食べ物を噛むことが難しくなります。

自分でも知らない内に、噛むのに適した噛み合わせにするため、歯をずらすこともあるようです。

このような問題によって、咀嚼音が出やすくなると考えられています。

咀嚼音について自覚があるという場合には、歯列矯正などの施術で解決可能なケースも多いようです。

歯並びの悪さが原因となっているなら、改善することで自然と、咀嚼音の改善につながるかもしれません。

しかし歯並びだけではなく、受け口も解決したい、歯も綺麗にしたいなら、セラミッククラウンという人口歯のかぶせ物を使ったセラミック矯正と呼ばれる施術もあります。

もう一つの原因である舌小帯短縮症は、先天的な障害でも起こり、その場合、残念ながら予防することは難しいと考えられているようです。

ただ先天的なものばかりではなく、舌を傷つけたり、外科的施術によって癒着が起こったりなどで引き起こされるケースもあります。

どちらにしても、舌小帯短縮症の場合、やはり医療的なアプローチが必要となるでしょう。

基本的に、自分が咀嚼音を自覚無しに出していないかどうか、普段の食事からチェックしてみてください。

(まとめ)受け口が咀嚼音の原因になるの?

1.受け口の歯の噛み合わせや舌小帯の問題で咀嚼音が出やすくなります

受け口など歯の噛み合わせが良くない状態は、咀嚼音が出る原因の一つです。

受け口だと食事中、自然と口が開きます。

他にも舌小帯短縮症も咀嚼音の原因となるようです。

改善方法として、歯並びを治す施術があります。

2.歯の噛み合わせや舌が短いと咀嚼音が出やすいのです

受け口の場合、食べ物を噛む時、唇が開いてしまうので咀嚼音が出るようです。

他にも舌が通常より短い、舌小帯短縮症も関係しています。

そのため意識して口を閉じる、歯並びや舌小帯短縮症の改善も必要です。

3.舌が短いと前歯で噛むために出やすくなります

舌小帯短縮症では、奥歯で物を噛むことが難しく、自然と前歯などで咬みます。

そうなると咀嚼音が出やすいようです。

咀嚼音は、自分では気づいていないケースもあるので注意しなければなりません。

4.受け口と舌の短さの改善が必要です

受け口では極端に歯並びが悪い人も居ます。

歯並びが悪いと自然に歯をずらして噛む人もいるようです。

セラミック矯正などの施術を行うことによって、受け口を改善する方法もあります。

良い歯並びを手に入れて咀嚼音ともおさらばしましょう。

2683
Return Top