湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

顎関節の歪みと受け口は関係があるの?

顎関節の歪みで受け口が生じます


顔の歪みと受け口の二つの原因に、顎変形症があります。

例えば顎変形症が進行すると顔の歪みを生じさせるのですが、同時に極端な受け口にもなりやすいようです。

顎関節は体全体の骨格にも影響を与えます。

顎変形症による歪みによって、受け口だけではなく、顔の非左右対称などの問題を生じさせるようです。

審美的な問題だけではなく、歯の噛み合わせの問題による虫歯や歯周病なども考えなければなりません。

改善方法としては、セットバック法による外科的な施術が挙げられます。

顎変形症が関係しています

顔が歪んだり、受け口になったりするのは、顎関節が大きく関係していると考えられています。

顎変形症だと、受け口や顔の歪みなどが生じやすいようです。

他にも顎関節の痛みや口を開くことができないなど、受け口や顔の歪み以外にもさまざまな症状の原因となります。

症状が進行する場合もあり、ひどくなった時、顔が左右非対称になるケースもあるようです。顎関節は頭蓋骨と下顎をつないでおり、食べ物を噛みしめる時に重要な役割を持っています。

他にも、顎関節は体全体に影響しており、骨格のバランスにも大きく関係していることは無視できません。

なぜならば、顎関節が歪むことで食事をする際、左と右でバランス良く噛むことができず、頚椎への影響で傾きが生まれ、顔が歪んでしまうこともあると考えられているからです。

このように、顎関節に問題が生じることで口元だけではなくさまざまな不調が出て来ますから注意しなければなりません。

顎変形症の場合では、極端な受け口だけではなく、逆に上の歯が前方へ出て来る出っ歯など、噛み合わせ全般で悪い影響が出やすいようです。

極端な受け口になっている人は、顎関節症になっていないかどうかチェックした方が良いでしょう。

受け口では審美的な面において精神的な負担が生じます


顎変形症は、体にさまざまな悪影響を与えてしまいます。

例えば、受け口や顔の歪みは、審美的観点から問題があると考えられるでしょう。

軽い受け口ぐらいなら、目立ちませんのであまり気にならないかもしれません。

しかし顎が変形することで生じる受け口は、かなり極端になる傾向があります。

見た目の問題なんてたいしたことがないと考える人も居る一方、極度の受け口に対して、大きなコンプレックスを抱えている人は少なくないようです。

コンプレックスを抱えていることによって、内向的になり、外出や人に見られることを怖がるケースもあります。

審美的な問題以外にも、機能的な障害なども考えなければなりません。

歯の噛み合わせの問題もありますから、虫歯や歯周病が生じやすくなる可能性もあるようです。

さらに極度の受け口で噛み合わせが悪い場合では、発音にも問題が生じます。

このように顎関節症からの受け口、歯並びの悪さは多くの弊害をもたらすことになるのです。

そのため、顎変形症を甘く見てはいけないでしょう。

セットバック法と呼ばれる外科的施術で改善が期待できます

顎変形症によって顔が歪んでいる場合、単純な矯正施術では矯正できないという話もあります。

歯の問題だけなら、例えば、セラミッククラウンなど人口歯に変えることで解決できる時もあるようです。

しかし顎が変形していることで、受け口や、歯の噛み合わせ、顔の歪みが生じているならば、顎の問題を解決しなければなりません。

そのための施術として、セットバック法という外科的な施術があります。

セットバック法は外科的な施術を行うことで、下顎を後方へ移動させるという方法です。

単純な歯列矯正では問題が解決できそうにないケースや、顎骨が原因による受け口でも、このセットバック法であれば、改善する可能性が高くなります。

これまで受け口や顔の歪みについて悩んでいた人も居るのではないでしょうか。

コンプレックスをずっと抱えたまま生活してきた方も居るでしょう。

そのような問題を解決できる方法は0ではありません。

顔の歪みなどで歯の噛み合わせが悪ければ、見た目、虫歯や歯周病などのリスクも高くなります。

年齢が上がった時に、改善をしようとしても、体力面、金銭面で、施術自体が困難になる場合もあるかもしれません。

そういった問題も加味すると、早めに外科的な施術を受けることはけして悪い選択ではないでしょう。

(まとめ)顎関節の歪みと受け口は関係があるの?

1.顎関節の歪みで受け口が生じます

顎変形症が原因で、顔の歪みや受け口が生じることがあります。

顎変形症が進行すると、極端な受け口になってしまうのです。

改善方法として、セットバック法のような外科的な施術が挙げられます。

2.顎変形症が関係しています

顎変形症によって、顎関節が歪むと、受け口や顔の歪みにつながるようです。

また、それだけではなく、出っ歯にも大いに関係があると考えられています。

ですから受け口の人は、顎関節症になっていないかどうかチェックする必要があるでしょう。

3.受け口では審美的な面において精神的な負担が生じます

顎変形症になると、顔の歪みや受け口になりやすいのですが、審美的な面でも問題があります。

コンプレックスが精神的な負担となるのです。

顎変形症になるだけで、歯並びの悪さ、虫歯、歯周病を引き起こしてしまいます。

4.セットバック法と呼ばれる外科的施術で改善が期待できます

歯だけの問題なら、セラミッククラウンを使った施術法もあります。

しかし顎変形症のような顎骨の問題は、それだけでは足りません。

セットバック法のような外科的施術で、改善を期待することができるでしょう。

636
Return Top