湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口だと老後に困ることがあるの?

受け口は老後の総入れ歯や病気につながります


老後になってから受け口による弊害を経験して、若い頃にきちんと治せば良かったと思う人も多いようです。

受け口の場合、歯並びが悪いことで虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

総入れ歯になることも多いでしょう。

さらに、歯周病が糖尿病の原因にもなるという話もあるようです。

他にも老後になり、受け口を原因とした症状を治すためにお金がかかってしまうのも問題といえます。

若いうちにきちんと施術を行った方が良いでしょう。

歯並びが悪いと老後に総入れ歯の可能性もあります

若い頃は良いのですが、受け口の状態で年齢を重ねた時、老後になってから後悔することも少なくありません。

実際に、歯の定期検診に通っていれば良かったと言うシニア世代は非常に多いのです。

どんなに年齢を重ねても、自分の歯で食事ができるのは幸せなことでしょう。

受け口では歯並びが悪いことが多いです。

そのため、老後に弊害が出て来ることが少なくありません。

歯並びが悪い場合、見た目だけではなく虫歯や歯周病のリスクを高めることになります。

老後、自分の歯で食べ物を噛むどころではなく、総入れ歯になるという可能性も否定できません。

総入れ歯になると、食事も楽しいものではなくなります。

せっかくの老後を笑顔で過ごすためにも、歯の健康を意識しなければならないでしょう。

受け口は見た目の問題もありますが、他にも、病気の原因になる可能性も否定できません。

年齢が若い頃ならまだ元気もありますし、歯による弊害は少ないため、受け口のせいで病気を含めたさまざまな弊害についてもピンと来ない人も居るのではないでしょうか。

しかし受け口のような歯並びの悪さによる歯周病が重大な病気につながるという話もあるようです。

老後に受け口や歯並びの悪さを改善しようと思っても、人によっては体力や金銭的なことで難しくなるケースもあります。

だからこそ年齢が若い内から歯を大切にすることはもちろん、受け口や歯並びの悪さについて改善しておくのは大切と言えるのではないでしょうか。

歯周病が糖尿病の原因になります


受け口だと虫歯や歯周病になりやすいのはどうしてなのでしょうか。

それは、歯並びが悪い場合、歯磨きをしても十分に汚れを取り除くことができないからです。

例えば、歯が重なりあっていたら、歯を磨こうとしても異なる歯に邪魔をされて綺麗にすることができません。

そのため、虫歯になりやすいと考えられているのです。

他にも食事をする際、歯並びが悪いと奥歯だけで噛むことも多くなるようです。

そうなると奥歯にだけ負担がかかることになります。

そのため奥歯などある特定の歯だけがすり減ったり、問題が生じたりすることになるようです。

しかし歯を失うだけなら、まだ入れ歯などの選択肢はあります。

ただ、歯周病が糖尿病の原因にもなるという話もあるようです。

歯周病を引き起こす菌が、内蔵に入り込むことで引き起こされると考えられています。

そうなるとインスリンの活動にトラブルが生じて、糖尿病の原因になると言われているのです。

このような病気はともかく、虫歯や歯周病は単純に歯を失うことにつながります。

老後のことを考えると、やはり受け口など不正咬合の原因となっている歯の噛み合わせの問題は、若い頃に解決した方が良いでしょう。

外科的な施術で改善できます

老後のために受け口の施術を行うのは悪くありません。

ただ、簡単な矯正器具では、なかなか歯並びが治らないというケースもあるようです。

子どもは成長過程にありますから、骨の成長を利用した矯正が行われます。

しかし大人になると、骨の成長も期待できません。

そのため多くの場合、外科的な施術が中心となることも多いようです。

例えば、セットバック法と呼ばれる施術は、特定の歯を抜いたスペースを利用し、前歯や歯茎を後ろへ押し下げて受け口を改善することができます。

セットバック法では、美しい顔のラインの基準とも言われるEラインに口元を収めることができるのです。

虫歯や歯周病のリスクだけではなく、美しい口元という側面に対しても、改善が期待できます。

受け口は見た目の問題を気にされる人も少なくありません。

老後でも若々しく見られたいなら、若い内から受け口の施術を行った方が良いという考え方もあるはずです。

外科的施術に対して抵抗があるという人は、セラミッククラウンを使用した施術もあります。

銀歯と違い、セラミック素材を使っており自然な白い歯を演出できる人口歯です。

ひどい受け口ではなく数本の歯並びが悪いという程度でしたら、セラミッククラウンのような施術も悪くはありません。

老後のことを考えて、受け口を改善してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)受け口だと老後に困ることがあるの?

1.受け口は老後の総入れ歯や病気につながります

受け口のまま老後になると、虫歯や歯周病になった時、困ったことになります。

総入れ歯だけではなく、歯周病による糖尿病リスクも無視出来ません。

そのため若い内に施術を行った方が良いと言えるでしょう。

2.歯並びが悪いと老後に総入れ歯の可能性もあります

受け口では老後に困ることが多くなる可能性があります。

たとえば、受け口の歯並びの悪さにより、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

総入れ歯になってしまうと食事も楽しくなくなってしまうのです。

3.歯周病が糖尿病の原因になります

受け口だと虫歯や歯周病になりやすいのは、十分に歯磨きが出来ないからです。

他にも歯周病が糖尿病の原因になるという話もあるようです。

そのため老後のことを考えると、受け口や歯並びを早めに改善した方が良いでしょう。

4.外科的な施術で改善できます

大人の受け口の場合、矯正器具ではうまく改善できない場合もあります。

そういった際には、外科的な施術を行うのも良いでしょう。

セットバック法という施術を行うと、虫歯や歯周病リスクが減り、美しい口元も作ることが出来ます。

2952
Return Top