湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口だと老け顔に見られるの?

受け口で老け顔に見られるのは顔の対比に問題があるからです


受け口の人は老け顔に見られがちです。

その理由は、子供と大人の顔を比較してみるとすぐに分かります。

髪の生え際から顎までの縦横比が1:1.4という対比が標準と考えられています。

しかし受け口で顎が長くなっていると、顔が長く見えます。

長ければそれだけ大人に見られるので、老け顔と思われる可能性があるようです。

他にも、歯の噛み合わせがほうれい線を深くする可能性もあります。

顔の歪みも生じさせることから、受け口は老け顔に見られるようです。

顔が長いと老けて見られます

受け口だと老け顔に見られる可能性があります。

子どもと大人の顔を比較すればすぐに分かるのですが、異なる部分が複数あることに気づくはずです。

例えば幼児は顔の下半分が短く小さい傾向にあります。

これは咀嚼器官が十分に発達していないことが理由として考えられるようです。

年齢を重ねて成長をすると、顔の下半分はしっかりとして顔の輪郭も長くなります。

さらに中高年になると、顎のラインも若い頃と比べて変化するようです。

若いと感じられるのは、顔の長さも一つの要素として入っているのは無視できません。

標準的な顔の長さでは、ある説によると髪の生え際から顎の先までの縦横比が1:1.4と考えられています。

この比率を標準として短いか長いかで、大人っぽい顔か、童顔かイメージが変わる可能性があるようです。

そのことを踏まえて考えると、受け口の場合、どうしても老け顔に見られるリスクが高いと言えるかもしれません。

ただ、この比率の話は、あくまで一つの要因として考える必要があります。

老け顔に見られるのは顔の長さだけではなく、シワやたるみや、目、鼻、口などのパーツの位置なども関係しているからです。

受け口の原因ともなっている歯並びの悪さも、老け顔に見られる要因となります。

老け顔に見られやすい人は、自分が受け口で、顔が長くないかどうかチェックしてもよいかもしれません。

歯並びの悪さも老け顔の原因となります


基本的に大人になればなるほど丸っぽい顔の形は角張ったものになり、縦の比率も大きくなる傾向にあります。

しかしそれだけで受け口が老け顔に見られるすべての要因というわけではありません。

例えば、歯並びが老け顔を作っている可能性があるからです。

特に老け顔に見られる原因の一つとして、ほうれい線やシワが挙げられます。

ほうれい線ができる原因は、年齢によってコラーゲンが不足し、肌からハリが失われることが要因として考えられるのです。

肌からハリが失われれば、頬を支えられないため、ほうれい線ができると言われています。

ただ、受け口も含めた不正咬合、つまり歯の噛み合わせが原因としても考えられているようです。

噛み合わせが悪いと、歯と歯が接触する際、正常な噛み合わせではぶつからない歯同士が触れ合うことになります。

その不快感を避けようとすると、いつも同じ筋肉が使われることになるので筋肉にコリが生じるのです。

コリにより血流が停滞することで、筋肉の柔軟性が失われ、シミやくすみなどにつながるという説があります。

その結果、ほうれい線のシワが深くなるのではないかと考えられているようです。

顔のずれも老け顔に見られる要因になります

歯の噛み合わせが、顔のずれも生じさせるという話もあります。

顔が歪んでしまうと老け顔に見られる原因ともなりえるのです。

左右の目の大きさが異なったりすれば、人が感じるイメージはまったく違って来るでしょう。

噛み合わせが悪いと、食べ物を噛む時など、バランス良く左右に力が加わらないことが出て来ます。

こうなれば一方の筋肉は良く使われるのに、もう一方の筋肉はあまり使われないことが出て来るのです。

そうなると顔のゆがみにつながってしまいます。

しかし顔だけではなく全身の歪みにつながれば、慢性的な頭痛や肩こりなどが生じる可能性も否定できません。

つまり、歯並びの悪さは受け口だけではなく、老け顔を含めた多数の症状を引き起こす可能性があるようです。

いつまでも若々しく見られたいのなら、歯並びを良くすることを考えても良いでしょう。

選択肢として、例えばオールセラミックを使った人口歯による施術があります。

ただ、顎骨に問題があるような骨格性の受け口の場合だと、セットバックのような外科的施術も必要になるかもしれません。

ご検討されるならきちんと医師とカウンセリングを行ってみてください。

老け顔だけではなく、受け口であることのコンプレックスの解消にもつながります。

(まとめ)受け口だと老け顔に見られるの?

1.受け口で老け顔に見られるのは顔の対比に問題があるからです

受け口は老け顔に見られやすい傾向にありますが、それは顔の長さが要因になっているようです。

標準的な顔の縦横比は1:1.4と言われています。

受け口の場合顎が長く、より老けて見えるのです。

他にもほうれい線の深さや顔の歪みにも関係してきます。

2.顔が長いと老けて見られます

受け口の人が老け顔に見られる一つの可能性として、顔の長さがあります。

子どもの顔は短いのですが、大人になれば顔の輪郭がしっかりとして長くなります。

標準の比率は1:1.4ですが、縦に長ければ大人っぽくなり、老け顔に見られがちになるようです。

3.歯並びの悪さも老け顔の原因となります

大人になれば、丸みを帯びた顔の輪郭が角張ったものになります。

ただ、顔の輪郭だけではなく、受け口の歯並びも問題になるようです。

歯の噛み合わせが、ほうれい線を深くする要因になっているという説もあります。

4.顔のずれも老け顔に見られる要因になります

顔の歪みも老け顔に見られる可能性を高めます。

噛み合わせが悪いと、一方の歯ばかりで食物を噛む癖がつきます。

そのために顔の歪みや、顔の片側だけほうれい線が出来てしまうことにつながるのです。

2264
Return Top