湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口は顔の輪郭にどんな問題を生み出すの?

受け口ではEラインからずれるので輪郭の審美性に問題が生じます


一般的な横顔の美しさには、ある基準があります。

それはEラインというもので、受け口だと下唇がそのラインからとび出てしまうのです。

受け口はEラインからずれるだけではなく、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。

Eラインからずれないためには、セラミック矯正という施術もあるようです。

受け口による顔の輪郭の問題を改善したいなら、試してみても良いでしょう。

セラミック矯正ですと、歯の審美性の面でも改善が期待できるようです。

受け口だと顔の輪郭が不自然になることがあります

受け口は輪郭の悪さという部分で見た目の問題があります。

一般的に横顔が美しいと言われる顔の輪郭を示す基準はご存知でしょうか?

Eラインというもので、鼻と顎の先を結んだ線の中に、上下の唇が収まっている状態なら美しいとされているようです。

そのためこのEラインからずれると、美しい横顔と思われなくなる可能性があります。

受け口の場合、Eラインから下唇だけが飛び出ている状態です。

そのため受け口の人は見た目的な問題でコンプレックスを抱えている人も少なくありません。

そもそも受け口は、下顎や下の歯が前方に突出している状態です。

このような受け口になる原因として、考えられているのは、成長期で下顎が異常に発達したためと考えられています。

ただ、受け口になるのはそれだけが原因ではないという話も出て来ているようです。

基本的に下顎はしっかり固定されているようなものではありません。

関節により頭蓋骨とつながっている状態なのです。

同時に靭帯や筋肉もつながっており、ぶら下がっているような状態と考えてください。

つまりしっかり固定されていないということは、日常的な生活習慣や上下の歯次第では簡単にずれてしまうという話があるようです。

つまり誰にでも受け口となり、輪郭に不自然さが生じる可能性はあると考える方が自然と言えるでしょう。

受け口は見た目以外に虫歯のなりやすさも問題です


受け口には複数の特徴が存在しています。

これも下顎が出ているという顔の輪郭にも関係しているようです。

例えば自分では普通にしているのに、いつのまにか、自然と唇が開いていることが挙げられます。

これも下顎が前方に飛び出ているため、自然と口が開いてしまうことが理由のようです。

単純に口が開くだけだから問題はないと考える人も居るかもしれません。

しかしいつも口が開いている状態ですと、口内が乾燥しやすくなります。

いわゆるドライマウスですが、その状態だと、虫歯や歯周病のリスクを高めることになるようです。

口を閉じようとしても、ある程度力が必要になりますので、口を閉じることができても口角が下がってしまうという特徴も見られます。

口角が下がると少し怖そうに見られたり、不機嫌そうに感じられたりしてしまうことや、怒っているのではないかと誤解を生じさせる可能性があるので良いことではありません。

顔の輪郭という点では、ひどい受け口の場合だと、顎だけが非常に長くなっている人も多いようです。

受け口はEラインに収まらないという見た目の問題以外にも、虫歯になりやすいと言った複数の弊害を引き起こす原因となります。

受け口を改善すれば輪郭も良くなります

受け口を改善するためには、医療による施術があります。

下顎の骨、つまり骨格の問題でなく、歯並びによって受け口が生じているのでしたら、セラミック矯正と呼ばれる歯並びに対する施術もあるようです。

セラミック矯正は、歪んだ歯を削り、セラミッククラウンとよばれるものを歯にかぶせることで矯正を行う施術です。

セラミックは銀歯のような明らかに詰め物をしていると言った感じではありません。

どちらかと言えば天然歯のような自然な白い歯のように見せることができます。

セラミックであれば色が変わるということも少ないため、長期間、白い歯を保つことが可能です。

他にも銀歯のように、経年劣化をしてすき間から食べかすが入り虫歯や歯周病につながるリスクが低いのもメリットと言えるでしょう。

さらに金属アレルギーの人の場合、銀歯では、口内炎や歯茎の炎症などさまざまな問題を引き起こす可能性が指摘されています。

しかしセラミックについては、アレルギーに対してもリスクが少ないと言われているようです。

歯並びによって受け口となり、顔の輪郭に問題が生じているのでしたらこのようなセラミッククラウンによる施術もあります。

輪郭もEラインに収めるだけではなく歯の美しさも得たいと考えるのでしたら検討する価値は十分にあるはずです。

(まとめ)受け口は顔の輪郭にどんな問題を生み出すの?

1.受け口ではEラインからずれるので輪郭の審美性に問題が生じます
顔の輪郭の美しさについては、Eラインという基準があります。

受け口ですと、下唇がラインから飛び出てしまうことが問題です。

受け口は顔の輪郭だけではなく、虫歯や歯周病の問題も生じさせます。

セラミック矯正という施術で、改善が期待出来るようです。

2.受け口だと顔の輪郭が不自然になることがあります

受け口では顔の輪郭が悪くなります。

一般的な顔の輪郭の、美しさの基準にEラインがあります。

受け口の場合、下唇がEラインから飛び出てしまいます。

また、日常生活や上下の歯並びによっては、誰でも後天的に受け口になる可能性があるのです。

3.受け口は見た目以外に虫歯のなりやすさも問題です

受け口は自然と口を開いてしまうので、ドライマウスにつながり虫歯や歯周病につながる可能性があるようです。

他にも口角が下がるので不機嫌に見られる可能性があります。

顔の輪郭で言えば、顎だけが長くなるのも問題と言えるでしょう。

4.受け口を改善すれば輪郭も良くなります

受け口を改善するためには、医療的な施術があります。

セラミック矯正によって、歯並びを改善することが出来るようです。

天然歯のような白い歯や、金属アレルギーのリスクが低いのもメリットと言えます。

4827
Return Top