湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口や乱杭歯とは何なの?

受け口は下の顎が前方に出ており乱杭歯は歯並びが悪い状態のことです


受け口は下の顎や歯が前方に突出している状態で、乱杭歯はひどい歯並びになっている状態のことです。

受け口の場合、顔が縦に長く見えることも多く、乱杭歯も見た目だけではなく虫歯や歯周病のリスクがあります。

共に歯並びの悪さから顎関節症が引き起こされる可能性もあります。

また、受け口と乱杭歯が同時にあることにコンプレックスを抱える人もいるようです。

さらに虫歯や歯周病の施術時に、施術が難しくなるという問題もありますから、改善を検討してみましょう。

受け口と乱杭歯は共に歯並びが悪いです

受け口だけではなく同時に乱杭歯も発生している人も居ます。

2つの問題があることで口元の美しさ以外にも、複数の弊害に悩まされる可能性も否定できません。

受け口は下顎や下の歯が前方に突出している状態です。

軽度でしたら一見、見た目に問題はありませんが、口を開くと歯が前方に飛び出していることがあるようです。

過剰に下顎が発達し、縦に長い顔になってしまっている人も居ます。

一方の乱杭歯は、専門用語で叢生と呼ばれています。

簡単に言えば、歯並びが悪い状態のことです。

歯と歯が重なりあう、ねじれている、ひどい凹凸が生じて乱れているような歯と言えます。

原因としては、顎と比較をした時、歯が大きくなり過ぎている、あるいは、顎が小さいことが原因として考えられているようです。

歯と顎の大きさについてバランスが取れておらず、歯並びに必要なスペースが確保できないまま乳歯から永久歯に生え変わったことが主な原因と考えられています。

つまり子どもの頃に主な原因があると考えられるのです。

大人になってから受け口や乱杭歯を改善するためには、医療による施術が必要となることも多いです。

虫歯や歯周病になりやすいです


受け口だけではなく乱杭歯まであると見た目的な問題だけではなく、口内トラブルに発展する可能性があります。

受け口は歯並びが悪い状態であることが多いです。

そうなると、歯磨きの問題が浮上して来ます。

歯と歯が重なりあっている状態では、普通に歯磨きをしても、隙間までブラシの先が入ってくれません。

歯と歯の隙間が空いていればそこに食べかすが入り込んでしまう可能性もあります。

そのため日常的に歯磨きをしているのに、なぜか虫歯や歯周病になってしまうのでしたら、受け口や乱杭歯のような歯並びの問題が可能性として考えられるでしょう。

歯だけではなく歯茎まできちんと歯磨きができなければ、歯周ポケットができやすくなり、歯周病に発展してしまうのです。

そうなると見た目だけではなく、口臭の問題が発生することもあります。

さらに乱杭歯では、噛み合わせの悪さから顎への負担が大きくかかり顎関節症になる、歯がすり減りやすくなるなどの問題も生じる可能性があるようです。

見た目の問題も大きいです

受け口や乱杭歯は虫歯などの口内トラブルの原因にもなるのですが、やはり見た目を気にされる方も多いようです。

悪い歯並びだと、他人に悪い印象を与えてしまうため、人の前で口を開けて笑えないという人も居るでしょう。

そこに受け口まで加わったら、人に自分の顔を見られたくないと感じてしまう人も居るかもしれません。

受け口や乱杭歯によって子どもの頃からコンプレックスを抱えて悩み続けるのはとてもつらいものです。

心理的な負担が大きくなり、精神的な疾患を抱えてしまう人も少なくありません。

「あまり気にする必要はない」「それも個性」と言われて、受け口や乱杭歯が必要以上に気にならなくなったという人も世の中には居るでしょう。

しかしそのような言葉では納得できず、悩み続けているなら改善も必要ではないでしょうか。

他にも虫歯や歯周病になった時、受け口や乱杭歯でしたら歯並びの悪さによって施術が困難になる場合もあるようです。

ですから、セットバック法のと呼ばれる受け口を治す外科的な施術や、セラミッククラウンによる乱杭歯の矯正施術を検討してみても良いでしょう。

歯並びや顎骨を改善することは、人生を好転させる良い選択になるはずです。

(まとめ)受け口や乱杭歯とは何なの?

1.受け口は下の顎が前方に出ており乱杭歯は歯並びが悪い状態のことです

受け口は下の顎や歯が前方に飛び出しており、乱杭歯はひどい歯並びが特徴です。

どちらも見た目の問題があり、コンプレックスを抱えている人も少なくありません。

虫歯や歯周病、顎関節症のような問題もあるので、改善した方が良いでしょう。

2.受け口と乱杭歯は共に歯並びが悪いです

受け口と乱杭歯が同時に発生している人も居ます。

2つとも口元の美しさという面では問題があると言えるでしょう。

受け口は下の顎や下の歯が前方に突き出している状態で、乱杭歯は歯並びが悪い状態のことです。

3.虫歯や歯周病になりやすいです

受け口や乱杭歯では見た目だけの問題以外にも、口内トラブルを引き起こしやすいです。

歯並びの悪さからきちんと歯磨きが出来ません。

虫歯や歯周病だけではなく、口臭や、顎関節症のリスクも考えられます。

4.見た目の問題も大きいです

受け口や乱杭歯が原因で、見た目に対するコンプレックスを抱えている人も居ます。

虫歯や歯周病になった場合、施術が困難になる場合もありますから、セットバック法やセラミック矯正などの施術を利用して改善すると良いでしょう。

2737
Return Top