湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口と不眠には関係があるの?

受け口の歯の噛み合わせが不眠と関係するようです


不眠症は上手く眠れない障害です。

受け口の歯の噛み合わせが眠りを邪魔する腰痛や頭痛の原因になっている可能性があります。

他にも低位舌なら睡眠時無呼吸症候群の原因にもなるようです。

歯の噛み合わせによる不快感が刺激となり脳へ伝わってイライラすることもあります。

イライラのストレスや体のバランスの歪みが自律神経の乱れや不定愁訴などの原因ともなるので、不眠と関係があると考えられているようです。

受け口の歯の噛み合わせが不眠を引き起こします

受け口と不眠症に大きな関係があるのをご存知だったでしょうか。

不眠症は上手く眠れない障害とも言えます。

寝付きが悪いだけではなく、眠ってもすぐに目が覚める、目覚める予定時間ではないのに起きてしまう、眠ったけれど寝た感じがしないなど、その症状は複数です。

不眠症は小児期や10代頃にはあまりないと考えられています。

しかし20~30代になると、睡眠障害になる人も出て来て、年齢を重ねるとその数は増えるようです。

そんな不眠症が、どうして受け口と関係するのでしょうか?
受け口の場合、歯の噛み合わせが影響しているせいと考えられています。

歯の噛み合わせは、ただ物を噛む際のスムーズさだけではなく、体のバランスを保つために重要な働きを持っています。

しかし受け口の場合、歯の噛み合わせが悪いことで体のバランスに歪みが生じて、肩こりや頭痛や腰痛などを引き起こす可能性が指摘されているようです。

この体の歪みによる不調が、不眠症につながる原因の一つとも考えられています。

他にも、受け口では低位舌や顎の形によって睡眠時無呼吸症候群が引き起こされる可能性も指摘されているようです。

睡眠中に呼吸がストップすれば、睡眠の質を悪くするとも考えられています。

そのため、日頃から急に目覚めてしまったり、眠ったのにきちんと眠った気がしなかったりするのでしたら、睡眠時無呼吸症候群を疑っても良いかもしれません。

ただ、その根本原因の可能性として、受け口のような不正咬合も考えなければならないのです。

体の歪みで自律神経の乱れにつながります


受け口による歯の噛み合わせの悪さは、体のゆがみの原因の一つとして考えられます。

体のゆがみが生じれば腰痛や頭痛なども引き起こされます。

その痛みが睡眠時でもあればイライラするのもしかたないでしょう。

しかし、歯の噛み合わせが直接的にイライラを引き起こす可能性も考えられるのです。

なぜかと言うと、歯の噛み合わせや顎が左右に大きくずれているような状態では神経に影響を与える可能性が考えられるからと言えます。

噛み合わせにより起きる刺激は脳に伝わります。

この時、その刺激が過剰に伝わることがあって脳の働きに大きな影響を与えてしまうのです。

そのため過剰にイライラにつながってしまいます。

しかし、イライラだけならまだしも、体のゆがみによって頭痛や腰痛などもあれば、なかなか眠ることもできません。

眠いのにきちんと眠れない時が続けば、結果、自律神経の乱れにもつながります。

自律神経はホルモンの分泌や血流など体の重要器官をコントロールしている神経です。

睡眠にも影響を与えますから、自律神経失調症になると不眠症にもつながります。

そのため余計にイライラして、自律神経が乱れるという負の連鎖が続くことになるようです。

受け口の歯並びが不定愁訴にもつながります

自律神経の乱れと同じように、不定愁訴にも気をつけなければなりません。

体が痛い、なかなか眠れない、イライラする、いつも疲れているなどさまざまな症状があるのに、人間ドックや診察をしても、特に悪い所はないのが不定愁訴の特徴です。

女性に多く、ストレスや更年期障害などが原因として考えられていますが、その中に、歯の噛み合わせが問題ではないかという話もあります。

噛み合わせが悪いと、体のバランスが乱れるため、過剰に体の一部分に負担がかかるケースがあるようです。

例えば首の筋肉に負担が生じ、自律神経に悪影響を与えていることで、不定勝訴になっている可能性も考えられます。

このような理由から、受け口のような不正咬合と不眠症は大きく関係しているのではないかと考えられているようです。

あまりにひどい歯並びの悪さで受け口となり、不眠などが引き起こされているのでしたら、外科的な施術やオールセラミックのような人工歯を使用した施術をご検討してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)受け口と不眠には関係があるの?

1.受け口の歯の噛み合わせが不眠と関係するようです

受け口の歯の噛み合わせで体のバランスが崩れるために、腰痛や頭痛を引き起こす可能性が考えられています。

他にも自律神経が乱れることや、不定愁訴になる可能性につながるとも考えられているようです。

2.受け口の歯の噛み合わせが不眠を引き起こします

受け口と不眠症には大きな関係があると言われています。

歯の噛み合わせにより体のバランスが崩れることで、腰痛や頭痛などを引き起こします。

他にも低位舌になっている場合、睡眠時無呼吸症候群も関係して来るようです。

3.体の歪みで自律神経の乱れにつながります

歯の噛み合わせは、間接的だけではなく直接的に脳を刺激することもあるようです。

そのためイライラしてしまい、なかなか眠れない状態を作り出します。

不眠症になれば自律神経の乱れにもつながって、余計にイライラし、眠れないという負の連鎖を生みます。

4.受け口の歯並びが不定愁訴にもつながります

受け口は自律神経の乱れと同じように、不定愁訴の原因にもなるようです。

体のバランスが崩れることで体の一部分に過剰な負担がかかり、自律神経に悪影響を与えることも考えられています。

そのため自律神経の乱れや不定愁訴にもつながるようです。

533
Return Top