湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口は不正咬合の一種なの?

受け口は不正咬合で下の顎や歯が前方に突出している状態です


受け口は不正咬合の一種となります。

下の顎や歯が前方へ突出している状態のことです。

歯槽性や骨格性でタイプ分けをすることができます。

複数の弊害があり、代表的なのは虫歯や歯周病などです。

不正咬合は受け口以外にも、出っ歯などがあり、他にも乱杭歯や八重歯が不正咬合と判断されるようです。

ひどい不正咬合では外科的な施術で改善が期待できます。

受け口は歯槽性と骨格性に分けられます

受け口は不正咬合の一種です。

簡単に言うと、下の顎(歯)が全体的に、前方へ突出している状態となります。

受け口は、不正咬合以外にも下顎前突症という言葉もありますが、一般的には「しゃくれ」と言えば通じるでしょう。

受け口は歯に問題が生じて起きている歯槽性タイプや、下の顎が大きく前へ飛び出ている骨格性タイプに分けることができるようです。

歯槽性の受け口では歯槽性反対咬合とも言われていますが、下の前歯が前方に傾いている状態と考えてください。

そのため、受け口になっているというわけです。

歯槽性と骨格性、どちらが原因だとしても受け口なのですが、どちらが症状として大きいのかと言えば、やはり骨格性反対咬合による受け口の方と言えます。

骨格性は顎骨に異常が生じて起きているため施術が難しくなりやすいのがその理由です。

一方、歯が問題であるなら矯正器具を使用した施術などがあります。

数本の歯だけ問題で受け口が生じているなら、セラミックの人口歯に変えるという施術も考えられるようです。

しかし骨に問題がありひどい受け口になっているならば、セットバックのような外科的な施術も考えられるでしょう。

不正咬合では虫歯や歯周病になりやすいです


不正咬合の受け口は、さまざまな弊害が指摘されています。

その中でも良くあるのが、虫歯や歯周病になりやすいことでしょう。

受け口の人は通常より歯並びが悪いことが多く、歯と歯の間に隙間もできています。

そのような歯で食事をした時、歯と歯の隙間に食べ物が入ったらどうなるでしょうか。

歯磨きをしても隣り合った歯が邪魔をすることで、隙間まで十分綺麗にできない可能性があります。

このような理由で虫歯や歯周病になりやすいと考えられているのです。

歯並びが悪いのはきちんと食べ物を噛めないことにもつながります。

しっかりと噛んで小さくなった食べ物は、胃に入っても消化しやすい状態です。

しかし飲み込んだ食物が大きいと、それだけ胃酸なども多く必要になりますし、胃に負担がかかるのも必然でしょう。

結果として、胃腸の不調につながるとも考えられています。

言葉の発音が悪くなることも無視できません。

特にさ行やた行などがきちんと発音できないため、言葉を聞き取ってもらえない、からかわれるなどのリスクも考えなければならないでしょう。

実際、ひどい受け口により日常生活で不都合を感じた人も居るのではないでしょうか。

受け口にはさまざまなデメリットがあります。

だからこそ専門的な施術できちんと改善した方が良いのです。

受け口以外にもさまざまな不正咬合があります

受け口は不正咬合の一種に過ぎず、他にもさまざまな不正咬合が存在しています。

受け口以外に一般的な不正咬合としては出っ歯が有名でしょう。

上の顎が前方に突出している、あるいは、下顎が通常より後ろへ下がっていることが特徴として挙げられます。

つまり、受け口の真逆と言える症状でしょう。

交叉咬合では、上下の顎の奥歯で噛み合わせが悪い状態のようです。

噛み合わせで出て来る問題は歯並びのみにとどまらず、顔が曲がってしまうと言った症状もあります。

他にも、一般的に乱杭歯や、八重歯と呼ばれる叢生(そうせい)も良くある不正咬合です。

このように受け口以外にもさまざまな不正咬合があります。

日常生活においても、虫歯や歯周病になりやすいだけでなく、見た目の問題は無視できません。

このままずっと受け口などの不正咬合で悩まされるぐらいなら、きちんと施術を行った方が良いでしょう。

こういった矯正施術は子どもの内でなければ、と思ってしまうかもしれません。

しかし実際は、大人になってもセットバック法のような外科的施術によって改善することができます。

これまで受け口のような不正咬合にずっと悩まされて来た人は、専門的な施術を受けて解消することで、笑顔で日々を過ごせるようになるのではないでしょうか。

(まとめ)受け口は不正咬合の一種なの?

1.受け口は不正咬合で下の顎や歯が前方に突出している状態です

受け口は不正咬合の一種であり、歯槽性や骨格性でタイプを分けることが出来ます。

主な弊害としては虫歯や歯周病が挙げられるようです。

不正咬合として、他にも乱杭歯や八重歯があり、ひどい場合は外科的な施術が必要になるようです。

2.受け口は歯槽性と骨格性に分けられます

受け口は不正咬合の一種で、下顎や下の歯が前方に突出している状態です。

歯に問題がある歯槽性タイプや、骨に問題がある骨格性タイプに分けることが出来ます。

骨格性タイプの方が施術は難しいと考えられているようです。

3.不正咬合では虫歯や歯周病になりやすいです

受け口にはさまざまな弊害があります。

代表的なのが虫歯や歯周病になりやすいことです。

他にも胃腸が不調になる原因になったり、言葉の発音が悪くなったりすることが挙げられます。

4.受け口以外にもさまざまな不正咬合があります

不正咬合と呼ばれる状態は受け口以外にも複数存在しています。

代表的なのが受け口と真逆の出っ歯があるようです。

他にも乱杭歯や八重歯も不正咬合に含まれます。

ひどい不正咬合では、セットバックのような外科的な施術で改善が可能のようです。

340
Return Top