湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口を治すのに保険や費用はどうなっているの?

受け口の施術にかかる費用は医院によって異なり、保険は基本的には効きません


受け口の施術ですが、基本的に保険が利くことはありません。

骨格に原因のある場合や、病気を原因としている場合などには、医師の判断で保険が利くという場合があります。

ただ、保険の範囲外の場合、保険で利用可能な施術よりも審美的な施術を施してくれる場合が多いため、メリットがないわけではないというのは踏まえておきましょう。

また、自由診療の範囲になるため、医師側が自由に診療価格を設定することができます。

そのため、医院によって価格も異なりますから、徹底したリサーチが重要ともいえるでしょう。

骨格や病気に原因があれば保険の対象となるケースもあります

通常、審美歯科などで行われているような審美を追求する施術には、保険は適用されません。

審美的な要素を持つ受け口の施術では、自由診療という形が取られています。

しかし、その中でも保険が適用されるという場合も存在します。

受け口には歯列の乱れを原因とするものと、顎などの骨格を原因とするものがあり、骨格を原因としたものの場合、顎変形症と認められると保険の対象になるケースがあるのです。

外科的な施術を伴うため、自費だとおよそ250~300万かかるとされていますが、保険が適用されれば負担額を60~50万にまで抑えることが可能です。

ちなみに通常の受け口の施術で、セラミック矯正を行うと、その相場は1歯あたり8万円ほどです。

仮歯代が別途かかるところも多く、1歯あたり3000円ほどが相場とされています。

例えば、上顎の前歯4本のセラミック矯正を行う場合には、1歯あたり8万円×4本で32万円ほどになるでしょう。

それに加えて、仮歯代や虫歯になっていた場合それを治す費用も別途かかります。

保険の適用範囲外の場合、1歯あたりの費用はそれなりにかかりますが、長期間変色せずに使用できるセラミック製のクラウンを被せることができますので、審美的には優れた施術方法を得ることができるといえるでしょう。

保険診療では扱えない人工歯で審美性を追求できます


人口歯に使われる素材は様々なものがあります。

保険診療で主に扱われる人工歯は、金属で強度を出してあるプラスチック製の人工歯です。

このプラスチック製の人工歯は、比較的安価な材料であるため、少しずつ変わる人間の白い歯を忠実に再現することがとても難しいと言われています。

これに対して、審美歯科で行われる受け口の矯正施術の場合は、より人の歯に近い見た目の人工歯を利用することができます。

セラミック矯正と呼ばれる施術ではセラミッククラウンと呼ばれるセラミックで作られたかぶせものを使用します。

このセラミックには、ジルコニアという人工ダイアモンドを使われることがあります。

このジルコニアを使うことによって、人体の歯の持つ輝きとの融合性を高めることが可能になり、歯と歯茎の境目も違和感がほとんどないという施術結果を期待することができます。

また、その白さも自然に保つことが可能ですから、通常の差し歯では実現することのない美しい歯並びを手に入れることができるでしょう。

保険の対象外ではありますが、その分得られる結果は大きいと言えるでしょう。

人生イベントの直前でもスピーディーに治せます

ワイヤーやブランケットを使った矯正は、大人も受けることができます。

しかし、顎の成長が既に止まっている大人の矯正スピードは、それほど早くありません。

受け口の矯正は、ワイヤー矯正などの場合およそ2年間の期間がかかるものだと言われています。

また、歯茎が歯周炎になっていたりすると、思うように歯の矯正が進まなくなります。

これに対して、審美歯科などで利用することの出来るセラミック矯正の場合、自分の歯を部分的に削っていき、そこにセラミック製のクラウンを被せていくことで処置を施すため、短期間の診療で施術を終わることができます。

セラミック矯正は、歯の白さへのこだわりも表現できますし、顔や表情のバランスを見ながら、歯の土台形成やクラウンの大きさや向きを決定していきますので、顔や顎との調和が取れやすいといえます。

短期間で改善を期待できるということから、結婚式や就職の面接といった大切な人生イベントの前に、セラミック矯正を受けるという方も増えているといいます。

(まとめ)受け口を治すのに保険や費用はどうなっているの?

1.受け口の施術にかかる費用は医院によって異なり、保険は基本的には効きません

受け口の施術は、骨格や病気を原因としている場合に限り、保険が利くケースがあります。

しかし、審美的な効果を期待する場合にはあまり関係のない部分ともいえるかもしれません。

自由診療のためかかる費用は医院によって異なります。

2.骨格や病気に原因があれば保険の対象となるケースもあります

顎変形症と診断された場合、保険の適用範囲内となり大幅に負担額を抑えることができます。

また、保険の適用範囲外であった場合、セラミック矯正を行った際の診療費用は1歯あたり8万円が相場だとされています。

3.保険診療では扱えない人工歯で審美性を追求できます

セラミック矯正で使われるセラミックには、ジルコニアという人工ダイヤモンドを使用しています。

強度が強く、透明感や審美性に優れており、保険適応の人工歯には出せない色やツヤを持っています。

保険適用外ではありますが、その価値は申し分ありません。

4.人生イベントの直前でもスピーディーに治せます

セラミック矯正であれば、施術期間が短くて済みます。

保険が適用される人工歯と比べると、その白さや潤いは審美性に溢れる逸品です。

人生の大きなイベント控えている方は、セラミック矯正を受けてみてはいかがでしょうか。

712
Return Top