湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

抜歯なしで施術できる受け口の矯正の方法はあるの?

抜歯なしで受けられる「受け口」の矯正施術はあります


抜歯を行わずにすむ受け口の矯正施術は、審美歯科で受けることができます。

痛みの少ない方法で自分の歯を削って小さくしてから、セラミッククラウンを被せるという施術を行うので、ほとんどの場合は抜歯なしで矯正をすることが可能になるでしょう。

また一般的な施術とは違って、ワイヤーやブランケットといった矯正器具を歯に装着する必要もありません。

抜歯をしないで受け口の歯並びを治すのがセラミック矯正です

自分の歯を活かして受け口の歯並びを治していくのが、セラミッククラウンを利用した「セラミック矯正」と呼ばれる施術です。

これは、顔や表情からバランスを取った上で、土台となる歯を削り、歯並びを審美的に仕上げるためにセラミッククラウンをかぶせるという方法です。

この自分の歯を削って造る土台の大きさは、人それぞれ異なります。

歯並びが極度に悪い場合は、抜歯をする場合もありますが、ほとんどの症例では抜歯をしないで矯正をすることが可能だといわれています。

今ある自分の歯を活かして矯正をしていくというのが、審美歯科の矯正スタイルです。

とくに、このセラミック矯正には通常の矯正施術とは違う利点があります。

ゆっくりと歯列を移動させながら行う矯正法は、大人も適応可能ではありますが、歯槽膿漏を罹っていたり、虫歯があったりすると思うように矯正の施術が進みません。

セラミック矯正では、受け口の気になる箇所だけを矯正するということも可能ですから、施術を急いている場合にも対応することができるでしょう。

痛みに弱い方でも少ない負担で施術を受けることができるでしょう


受け口は、下顎の歯列が上顎の歯列に突出してしまう噛み合わせのことをいい、下顎前突ともいいます。

通常、矯正と聞くとブランケットやワイヤーを使用した矯正を思い浮かべると思いますが、審美歯科でよく行われているのは、短期間で施術を終えることができるセラミック矯正でしょう。

セラミック矯正は、抜歯なしで歯並びを良くしていくことができるため、歯が成長しなくなった大人の方であっても自分の歯を活かして施術を行うことができます。

また、この矯正方法は、抜歯などの外科的な施術に及ぶ場合が比較的少ないとされています。

歯を削る際には麻酔をかけますから、歯科の施術が苦手な方や痛みに弱い方なども、あまり恐れることなく施術に入ることができる場合が多いです。

処置の回数が少なく済むというのも魅力のひとつでしょう。

虫歯などといった日数を要する歯科的な施術期間がない場合、仮歯の装着までが施術開始日に完了することも多いとされています。

だいたい、数回でセラミッククラウンを装着して施術を終えることができると言われており、痛みに弱い方にとっては特に嬉しいことなのではないでしょうか。

審美歯科ならではの美しさが引き立つ矯正方法です

審美歯科で行われる矯正方法であるセラミック矯正とは、お客様自身の歯を削って土台を作り、そこにセラミッククラウンを被せて接着させるという方法です。

削られる歯は、その方の顔や歯の状態を考慮して非常に細かく調整していくものです。

セラミッククラウンは、ジルコニアと呼ばれる材質のものを使用しています。

金属は使われていないため、金属アレルギーのある方にも使用することができるでしょう。

それに、内面に人工ダイヤモンドであるジルコニアが使われているので、透明感があり、変色することがほとんどないとされています。

歯茎との境目も違和感が少なく、天然歯と比べてみても違和感のない状態で再現できます。

また、一般的に歯の色は白く艶のあるものが好まれますが、セラミッククラウンの外側のセラミックはとても美しく作られており、審美的に優れています。

また、セラミッククラウンの他にも審美性のあるかぶせものはいくつかあります。

内側が金属で強度があり外側がセラミックで出来ているメタルボンドや、歯の周りを0.5cm削って貼り付けるラミネートベニアなどもおすすめでしょう。

(まとめ)抜歯なしで施術できる受け口の矯正の方法はあるの?

1.抜歯なしで受けられる「受け口」の矯正施術はあります

抜歯なしで行うことができる受け口の矯正施術とは、歯を小さく削ってからセラミッククラウンを被せるという施術方法です。

一般的な施術で使用するワイヤーやブランケットなどの器具の装着がないので、煩わしさを感じることも少ないでしょう。

2.抜歯をしないで受け口の歯並びを治すのがセラミック矯正です

セラミッククラウンを利用した受け口の矯正は、自分の歯を土台として使って、セラミックでできたクラウンを被せるという矯正方法です。

自分の歯を利用するため、ほとんどの場合では抜歯せずに施術を行うことができます。

3.痛みに弱い方でも少ない負担で施術を受けることができるでしょう

受け口に悩む大人の方に向いている矯正方法は、基本的には抜歯をせずに受診回数をなるべく減らすことができるセラミック矯正でしょう。

痛みをあまり感じなくて済むので、痛みに弱い方にも向いている矯正方法だといえます

4.審美歯科ならではの美しさが引き立つ矯正方法です

セラミック矯正は、セラミックのクラウンを被せ、歯並びに審美性と機能性を持たせるというものです。

セラミック製のクラウンには、ジルコニアと呼ばれる人工ダイヤモンドが使われています。

416
Return Top