湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口を治すのに抜歯はするの?

抜歯をしなくても受け口を治す方法があります


審美歯科が行っている受け口の施術では、ご自身の歯を最大限に活かした処置を行っています。

たとえば、歯を削ってセラミックの冠を被せる方法などがそうでしょう。

このような施術方法はクイック矯正とも呼ばれており、気になる箇所の噛み合わせを部分的に矯正する方法となっています。

ご自身の歯を活かした矯正方法を取り入れているために、抜歯を行うことはほとんどないといわれています。

まれに、歯列形成がどうしても上手くいかない場合などは、抜歯を行う場合もあるとされています。

抜歯をしなくても受け口を治せる場合が多いです

下顎と上顎の噛み合わせが正常の咬合とは逆の症状である下顎前突と言われる症状は、俗に受け口と呼ばれています。

受け口は、複雑な歯列形成であるために清潔な口腔に保つことも難しいとされています。

この受け口を治す方法として、美容歯科ではセラミックを被せる方法を取り入れています。

この方法は自前の歯の神経を残しながら削っていき、綺麗な歯列が表現できるようにセラミッククラウンというものを被せていく処置を行うというものです。

元々の歯列が大きく反れている場合、抜歯をしなくてはならないときもありますが、基本的には歯を抜かなくても歯並びが美しく綺麗になる方法であると知られています。

また、このセラミッククラウンには、文字通り金属が使用されていません。

ですから、金属アレルギーの方にも安心して使用することができます。

さらに、プラスチック性の人工歯とは光沢や色彩感が異なるために、より自然な歯の色をお好みで再現することができます。

ご自身の歯の色を白くしたいという希望にも対応することが可能です。

抜歯をしないので施術への恐怖心はほとんどありません


審美歯科における受け口の矯正ですが、歯を削ってセラミッククラウンを装着するという施術を行う時には、歯を削ってそのための土台を作っていきます。

神経のある生活歯を削る必要があるのですが、その際には麻酔を使用しますので痛みの心配はいりません。

抜歯などの外科処置を行う場合もほとんどありませんから、あまり恐怖心を感じることがなく施術に臨むことができるでしょう。

またセラミッククラウンを使用した矯正では、目的の部位だけを施術することも可能です。

歯並びの気になる部分だけのセラミック矯正を行うこともできますので、簡易的な矯正方法としてお客様から支持されています。

くわえて、審美歯科の場合、下顎骨の出っ張りが気になる方は骨格形成を行うことも可能です。

いわゆる「しゃくれ」の状態を改善するために下顎骨を削ることによって、骨格が問題となっている受け口の施術も対応可能です。

この場合であっても、全身麻酔などの麻酔を施すため痛みを心配する必要はないと言えるでしょう。

審美歯科での施術なら短期間で終わることができます

ワイヤーやブランケットを使用した通常の矯正は、大人の方であっても受けることが可能ですが、歯槽膿漏などを患っていると、歯の健康的な矯正が行えません。

歯茎の健康状態や虫歯の有無などが、矯正の仕上がりに大きな影響を与えてしまうといわれているからです。

また、大人は骨格の成長が止まっていても歯の移動に時間がかかるため、施術期間が2年間以上かかってしまうという症例も数多くあります。

それに対して、審美歯科で行われるセラミッククラウンを使用した施術なら、数日から数ヶ月で終了することが可能です
結婚式の直前や人前に出る機会が出来たために、受け口の矯正にいらっしゃるという方も多いといわれています。

長期的な施術にならないという点は、特に大人の方へのおすすめすることができるでしょう。

また、この施術法であれば、お客様自身の歯を削ってセラミッククラウンの土台にしているために、咀嚼力などもあまり低下することもないといえます。

さらに、セラミック製のクラウンであるために、自然の歯と変わらない色ツヤ感が再現できるとあって自然な色味で歯を白く魅せたい方にも評判です。

気になる部分だけを治すことも可能ですから、審美的な施術方法としても好まれています。

(まとめ)受け口を治すのに抜歯はするの?

1.抜歯をしなくても受け口を治す方法があります

受け口を治すために美容歯科が行っている方法でしたら、抜歯をする必要はほとんどないといわれています。

抜歯をせずにセラミックのクラウンを用いて、受け口の施術を行います

2.抜歯をしなくても受け口を治せる場合が多いです

下顎の歯列が上顎よりも出ているのが受け口です。

審美歯科で用いられている受け口の矯正方法は、ご自身の歯を土台に使用して、セラミックのクラウンを被せて歯列を美しく見せるための矯正が行われています。

よって、抜歯する必要がほとんどありません。

3.抜歯をしないので施術への恐怖心はほとんどありません

受け口の矯正施術を審美歯科で行うには、歯を削ってセラミッククラウンを装着する方法があります。

抜歯などの外科的な施術を行う必要がなく、恐怖心を感じずに施術へ専念することができるでしょう。

4.審美歯科での施術なら短期間で終わることができます

短期間で施術が終わるとされているセラミッククラウンを使用した施術法ですが、ほとんどの場合は、ほんの数日間で終了するともいわれています。

結婚式などの人生の大切なイベントの前に、この矯正施術を受ける方も多くいらっしゃいます。

448
Return Top