湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

顎の発達障害で受け口になるの?

上の顎の発達障害で受け口になることがあります


上の顎の発達障害は、受け口のような見た目を作る原因です。

大人が矯正する場合、外科的な施術またはブラケット矯正、セラミックの歯を差して施術を行います。

受け口は、かみ合わせが悪くなったり、下の顎が出た三日月顔になってしまったりと、見た目や心身の健康に悪影響を及ぼすことは少なくありません。

健康な心と身体を保つため早めに改善するとよいでしょう。

受け口の矯正をしましょう

大人が受け口を矯正する場合、永久歯が生えそろい、顎の発達が止まってから行います。

主な施術法は外科的な施術またはブラケット矯正です。

上の顎の成長が不十分な場合、顎の位置を整える矯正の外科的な施術をしましょう。

相対的に下の顎が前に出ていると考えられるため、バランスのよい位置に整える施術を行います。

下の顎の位置を後ろにひっこめるだけでなく、状態によっては大きく成長してしまった下の顎の骨を切らなければなりません。

なお、受け口の外科的な施術は、受け口が健康に影響するため保険医療の適用範囲内です。

骨格に問題がない場合、ブラケット矯正を行います。

1本1本の歯にブラケットを装着し、ワイヤーで少しずつ歯を動かし、歯の傾きやねじれを矯正して受け口を解消する方法です。

ただし、上の顎の成長が遅れている場合、ブラケット矯正では不十分かもしれません。

プラケット矯正による施術可否については医療機関で確認しましょう。

なお、受け口がひどくない場合、セラミック矯正でも改善できる可能性があります。

セラミック矯正とは、歯を部分的に削ってセラミックの歯にする方法です。

ブラケット矯正より時間や費用はかかりませんが、歯を削るため歯の根に負担がかかります。

また、症状がひどい受け口の場合、歯を動かすだけでは根本的に改善するのは難しいでしょう。

虫歯や歯周病はあらかじめ改善しましょう


受け口の矯正をするにあたって、施術が口内環境に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

歯の見た目の美しさだけを考えていると、将来の歯や口内環境を傷つけてしまうかもしれません。

主に考えられることは、虫歯や歯周病を放置して矯正の施術を始めてしまうケースです。

まず、虫歯があると施術が開始できません。

虫歯を放置したまま矯正を始めた結果、虫歯の症状がひどくなってしまうことがあるからです。

虫歯は初期症状がないため、本人でも気付かないこともあるでしょう。

受け口の矯正を決めたら、まずは虫歯がないかを診察してもらうようにしてください。

歯周病がある場合も同様に改善が必要です。

矯正期間中は歯周病の施術ができません。

自分では気づかないことも多いですが、歯磨きをしているときに血が出たり食事中に痛みを感じたりしたら、まずは歯周病の施術をするようにしましょう。

虫歯や歯周病がないことを確認し、もし症状が見受けられる場合は治してから受け口の施術を開始してください。

心身の影響を考えて早めに施術することをおすすめします

受け口は心身の健康に影響を与える症状です。

まず、受け口のままでは食べ物をうまく噛み切れず、消化器に負担をかけてしまいます。

前歯が使えないため奥歯のすり減りが早くなりがちな点も不安です。

さらに、顎関節の痛みや顎関節症を招いてしまいます。

また、上の顎の発達障害が原因の場合、極度に下の顎が突き出た三日月顔を気にする人もいるかもしれません。

上の顎が十分に発達しない受け口は、見た目のコンプレックスの原因になりやすいです。

自分のチャームポイントと考えて生活する人もいるかもしれませんが、三日月顔を気にしすぎてしまい、人前に出ることが怖いという人もいるでしょう。

受け口は発音障害の原因になりやすいため、滑舌が悪く、人とのコミュニケーションに抵抗が出てしまうケースも考えられます。

これらのことから、受け口は身体の健康だけでなく、心にも影響を及ぼすのです。

受け口を施術できるのは子どもだけではありません。

大人になってからも施術できるため、心身の健康を考えるなら早めに施術するのがよいでしょう。

(まとめ)顎の発達障害で受け口になるの?

1.上の顎の発達障害で受け口になることがあります
上の顎の発達障害は受け口の原因です。

下の顎が成長しているため相対的に受け口に見えてしまうからですが、ブラケット矯正でワイヤーを取り付けたり外科的な施術をしたりして改善しましょう。

2.受け口の矯正をしましょう

上の顎の発達障害による受け口は、外科的な施術またはブラケット・セラミックによる矯正で改善します。

症状の程度によって効果が変わるため、医療機関に確認するようにしてください。

3.虫歯や歯周病はあらかじめ改善しましょう

受け口の矯正時、虫歯や歯周病があると施術が開始できません。

これらを放置したままの矯正施術は将来の歯や口内環境に大きな影響を及ぼします。

矯正をする前に必ず虫歯や歯周病を治しておきましょう。

4.心身の影響を考えて早めに施術することをおすすめします

受け口は奥歯や消化器、顎への負担が大きいです。

また、発音障害や見た目のコンプレックスを生みやすく、心身の健康にもよくありません。

大人でも施術できるため早めに改善することをおすすめします。

792
Return Top