湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口が脳の働きに悪影響を与えるって本当?

受け口は集中力の欠如などの影響を脳に与えるといわれています


歯が持っている役割というのは、咀嚼する機能だけではなく、脳の働きを活性化させる役割まであると考えられています。

噛むという動作が歯根膜を刺激し、脳に伝達されるといいます。

この刺激が脳の働きに関わっているため、噛み合わせの悪い受け口が脳の働きに悪影響を与えるといわれているのです。

脳の働きが悪いと、集中力の欠如や記憶力の低下などを引き起こします。

受け口が脳の働きに悪影響を与えるといわれています

受け口が脳の働きに悪影響を与えるという話を聞いたことがありませんか。

一見、噛み合わせと脳の働きには関連性がないように思えます。

しかし、実際は噛み合わせが脳の働きに大きな影響を与えているといいます。

歯には食べ物を噛むという咀嚼機能がありますが、噛むという動作は、食べ物を噛み切る役割だけではないと考えられています。

噛むことで歯の奥にある歯根膜を刺激し、それが脳に伝達されることで脳が活性化されるというのです。

つまり、反対咬合と呼ばれる受け口の状態では、噛む機能が正常に働かず、脳の働きに悪影響を与える可能性があるということです。

脳の働きが悪いと、集中力の欠如や記憶力の低下などを招くと考えられます。

また、受け口の人は頭が前傾になりがちなので、動脈が圧迫され、脳に血液や酸素が行き届かなくなってしまうといわれています。

すると脳が虚血症状を起こし、日中に眠気を感じることも多くなるといいます。

反対に、就寝時に不正な噛み合わせによる脳への刺激が起き、不眠症に陥ることもあるといいます。

このことからも、噛み合わせと脳の働きには深い関係があることが分かります。

脳の働きが悪いことで、からだが様々な不調を起こす可能性があります


噛み合わせの状態が脳の働きに大きく関係していることがお分かり頂けたことでしょう。

受け口を放置しておき、脳の働きが悪くなることでからだにどのような症状を起こしてしまうのでしょうか。

満腹感が得られず肥満になる

咀嚼機能が不十分ということは、物をきちんと噛まないうちに胃の中に流し込んでしまうことになります。

すると、唾液の分泌が減るだけでなく、消化不良を起こすことがあります。

噛むという動作で、脳の大脳皮質に「満腹感」を伝達させますが、噛む回数が少ないと、満腹感が得られず肥満の原因になる可能性があります。

血行悪化により高血圧になる

受け口の人は奥歯で物を噛む習慣がつきやすく、その噛み癖が首周辺の筋肉を緊張させてしまいます。

筋肉が緊張すると血行が悪化し、心臓の働きが激しいものに変わり、最終的に高血圧の原因になってしまうことがあります。

イライラが募り自律神経失調症になる

受け口の噛み癖が強ければ強いほどその刺激が脳に伝達されていき、脳は常に活性化された状態になります。

そのため、精神的に不安定になったり、イライラしたりしてしまい、ひどい場合は自律神経失調症になってしまうケースもあります。

受け口の改善方法には様々な方法があります

脳はからだの全ての機能を司る臓器といっても過言ではありません。

噛み合わせの悪さにより脳の機能が悪化してしまうと、心身ともに不健康になってしまいかねません。

実際に、受け口を改善しただけでそれまで悩んでいた心身の症状から解放されたというケースも少なくありません。

それほどまでに、歯並びは心身の健康に大きな影響を与えているということでしょう。

では、受け口を改善するにはどのような方法があるのでしょうか。

歯科クリニックで受けられる「セラミック矯正」が代表的な受け口の改善方法です。

審美性の高いセラミッククラウンを用いることで、自然に、且つ美しい歯並びに変えることが可能です。

施術にかかる期間も短いため、多くの芸能人やモデルなどがセラミック矯正の施術を受けているといいます。

他にも、中~重度の受け口を改善できる「セットバック術」などが挙げられます。

抜歯してスペースを空け、その分歯茎ごと下顎を下げる施術になります。

この方法で多くの方が受け口の悩みを解消しています。

(まとめ)受け口が脳の働きに悪影響を与えるって本当?

1.受け口は集中力の欠如などの影響を脳に与えるといわれています

歯には咀嚼機能以外にも、噛むという刺激により脳の働きを活性化させる働きがあるといわれています。

噛み合わせに問題がある受け口の状態では、脳の働きが悪くなり、集中力や記憶力に悪影響を与えかねません。

2.受け口が脳の働きに悪影響を与えるといわれています

受け口は「反対咬合」と呼ばれており、噛み合わせが悪い状態のことをいいます。

噛むことには咀嚼だけでなく、脳を活性化させる機能も持っているといいますから、噛む動作が正常に行えない受け口の場合、脳の働きが悪くなってしまう可能性があります。

3.脳の働きが悪いことで、からだが様々な不調を起こす可能性があります

受け口を放置しておくことで、脳の働きは悪くなり、からだの様々な不調の原因になると考えられています。

例えば、満腹感が得られず肥満になる・血行が悪化し高血圧になる・イライラが募り自律神経失調症になるなどの症状が挙げられます。

4.受け口の改善方法には様々な方法があります
歯並びは心身の健康に大きな影響を与えるといいます。

受け口を改善しただけでからだの不調がなくなったというケースも少なくありません。

受け口の改善にはセラミック矯正やセットバック術などが効果的です。

830
Return Top