湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口の症状に度合いはあるの?

受け口の度合いには軽度から重度までさまざまです


受け口の度合いは軽いものから重度まであります。

軽いものなら一見受け口に見えないですが、歯を見ると分かるケースもあるのです。

重度の度合いでしたら、少々の矯正では改善されないことも少なくありません。

受け口の原因として、先天的な遺伝性のものもあるのですが、子供のころからの悪癖なども挙げられます。

重度の受け口を改善したいなら、外科的な施術を行う必要もあるといえます。

症状は軽いものから重度までさまざまです

受け口の症状は、軽いものから重いものまであるといえます。

症状の度合いが重い場合、改善には医療機関で外科的な施術が必要になることもあります。

受け口は下顎前突症や、不正咬合、しゃくれと呼ばれるのですが、症状について、すべて同じではありません。

軽い受け口では、一見、受け口に見えない場合もあります。

しかし歯をチェックすると、下の前歯が通常より前に出ており受け口だったということもあるのです。

特に症状の度合いが重い受け口は、見た目的にもすぐ分かります。

多くの場合、下顎が極端に出て、顔面の中央部分がへこんでいるようにも見える症状です。

受け口の原因は歯並びの悪さもありますが、重度になると、骨に問題が生じているケースもあります。

矯正器具を使用して解消できるものなら、まだ症状は軽度、中程度といえるかもしれませんが、重度になると、外科的な施術が必要にもなっていきます。

基本的に、子供の内から受け口の傾向にあるなら、早めに対処をした方が良いのですが、特に何もせず大人になってからひどい受け口になるという人も少なくありません。

大人になると、受け口の矯正はできないという人もいますが、実は大人になっても受け口の改善はできるようです。

しかし症状の度合いが重ければ、それだけ施術も困難と考えなければならないでしょう。

受け口の度合いが悪くなる原因も複数あります


受け口の度合いが重度になる原因は多数あります。

そのため何かひとつ注意すれば、受け口にならなくて済むという類のものではないのです。

先天的な原因として考えられるのが遺伝です。

受け口では下顎が大きい、あるいは上顎が小さいという骨格的な問題があります。

その骨格的な問題が何か探ると、遺伝が関係しているケースがあるのです。

しかし遺伝と言っても、親族全員が受け口ということもありません。

遺伝が関係していると言っても、親が受け口だから子供も必ずなるということもないようです。

受け口は後天的な問題によって起きていることも少なくありません。

そのひとつの原因が癖です。

下顎を前に突き出すような癖、子供の頃、指しゃぶりがなかなかやめられなかった人や上下の前歯だけで食べ物を噛む癖がある人に、受け口が見られるようです。

他にも、頬付をつく癖が受け口につながる場合もあります。

受け口の度合いが悪化しないよう、悪癖があるなら意識して止めておいた方が良いでしょう。

度合いが重度なら日常生活も不便になります

度合いが重度の受け口の場合、見た目だけではなく、日常生活にもさまざまな弊害が引き起こされます。

受け口により、きちんと食べ物を噛むことができず、胃腸に負担がかかり過剰に胃酸が出て、胃腸の調子がいつも悪いという人もいるのです。

他にも肩こりや腰痛が、受け口の原因でもある歯並びの悪さによって引き起こされるケースもあります。

自然に改善されることはないため、やはり専門的な施術が必要になるでしょう。

一般的な施術として、ブラケット矯正などがあります。

ワイヤーを固定することで、歯を移動させる施術法です。

数本の歯が問題となって受け口になっているなら、マウスピースによる矯正が行われることもあります。

他にも、オールセラミックの人工歯を使用し受け口を改善する施術もあるようです。

しかし重度の受け口では、矯正ではなかなか改善されない場合も少なくありません。

その場合、セットバックという施術などがあります。

これは外科的な施術であり、特定の歯を抜き、前歯を歯茎ごと後方へ押し下げるという施術です。

このような施術をすることで、受け口の問題を改善できると考えられています。

あまりに重度の受け口でずっと悩んでいるなら、このような外科的施術を行うのも悪くないでしょう。

(まとめ)受け口の症状に度合いはあるの?

1.受け口の度合いには軽度から重度までさまざまです

受け口には症状の度合いがあり、軽いものなら矯正器具を使用したものでも改善できる可能性があります。

しかし重度のもの、顎の骨などに問題があるのでしたら、外科的な施術を行い改善をしなければならないといえます。

2.症状は軽いものから重度までさまざまです

受け口の症状には軽度から重度まで度合いはさまざまです。

特に重度の受け口では、医療機関で外科的な施術が必要になることもあります。

基本的に重度の受け口では、施術も困難と考えなければならないでしょう。

3.受け口の度合いが悪くなる原因も複数あります

受け口の度合いが重度になる原因は多数あり、何かひとつを注意すれば良いものではありません。

遺伝のような先天的なものもあるのですが、日常的な癖も原因となるのです。

そのため受け口になる悪癖があるなら、意識して止めるようにした方が良いでしょう。

4.度合いが重度なら日常生活も不便になります

度合いが重度の受け口では見た目だけではなく、日常生活でも不都合が生じます。

肩こりや胃腸障害なども引き起こされる可能性があります。

軽度から中度なら矯正器具でも改善できるといえますが、重度ならセットバックのような外科的施術が必要となります。

876
Return Top