湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口には軽度や重度など症状の程度はある?

受け口の症状には程度があります


受け口には症状の程度があります。

軽いのは歯や歯列が変形している程度ですが、中程度となれば不正咬合があり、重度ですと顔の下半分だけが長くなるケースも見られます。

これには歯が主な要因になっているものと、顎骨が要因になっているものがあります。

特に程度が重いのは、顎など骨格が要因となっているものです。

この場合、改善のためには外科的な施術を行わなければならないケースもあります。

受け口には軽度から重度まで症状に程度があります

受け口は軽度から重度の程度があります。

一番軽いのは、歯や、歯列が変形している状態です。

中程度の症状だと、不正咬合が見られます。

不正咬合になれば、明らかに歯並びが悪い状態と言えるでしょう。

土台が変形しているような顎変形症となれば、重度の受け口と判断されます。

重度の受け口では、顔の中央部が陥没しており、顔の下半分が長くなってまるで三日月のようだと揶揄されることもあります。

特に日本人で多く見られる症状で、歯性と骨格性に分けられているようです。

歯性のものは歯の位置が適切な場所とずれていることや、傾きの悪さが要因となり、受け口が生じている可能性が考えられます。

一方、骨格性は、上顎の骨が小さい、下顎の骨が大きいというように、骨の問題によって生じている可能性が考えられるのです。

歯性と骨格性では、一般的に骨格性の方が難しい施術が必要となります。

他にも、歯を噛み合わせても前歯に隙間ができる開咬症、下顎が左右非対称のため顔が非対称になる下顎非対称など、受け口と共にそれぞれの症状が複合的に混ざり合っているケースもあります。

軽度や重度なら矯正でも改善できる可能性があります


受け口がどれぐらいの症状か、程度によってその施術も変わって来ます。

軽度から中程度でしたら、一般的には上顎の前歯に変化をつけるような施術が行われます。

歯など抜かないことも多いので、そこまで大変な施術とはなりません。

良く行われる施術として、ブラケット矯正が挙げられます。

ワイヤーを使用し、引っ張る力などを利用し歯を移動させる施術です。

他にも、マウスピースを使用した矯正が行われることもあります。

歯並びが悪いことで生じているなら、セラミックによる施術も選択肢としてあるでしょう。

しかし要因が骨格性で重度の受け口となっている大人の場合では、外科的な施術が必要になることが多いようです。

子供の頃はまだ成長期にあるので顎の骨も成長し変化をします。

しかし大人になると成長が止まっているため、矯正器具ではなかなか改善が見込めない場合も少なくありません。

そのような理由で、改善するために外科的な施術が必要となることが多いのです。

重度だとセットバックなどの外科的施術で改善できます

重度の受け口に対する外科的な施術として、セットバックがあります。

重度の受け口だと歯を移動するぐらいではなかなか改善できないため、顎自体を動かさなければなりません。

セットバックという施術ですが、まず上下左右4番目の歯である第一小臼歯を抜きます。

抜歯した場所にはスペースができるのですが、そこを利用し、6本の前歯だけではなく、歯茎の骨ごと後方に押して下げ、その後、前歯の傾斜などを調整します。

この施術の場合、顎先であるオトガイ部分が出てしまうのですが、その骨を切り落とす施術を行ってくれる医療機関もあります。

セットバックは口角などの変化も生じるため、ほうれい線の深さの悩みも改善できる可能性があります。

子供の頃に問題があったけれどあまり深く考えず、大人になってからひどい受け口に悩み改善したいと考える人も多いでしょう。

見た目だけではなく、日常生活で問題があるのならば余計に考えるはずです。

重度の受け口の場合、外科的な施術を行うことで、受け口の悩みを解消できる可能性があります。

外科的な施術を行いたいなら、カウンセリングを通して医師ときちんと相談し、納得したうえで行いましょう。

(まとめ)受け口には軽度や重度など症状の程度はある?

1.受け口の症状には程度があります

受け口には程度があります。

軽度でしたら目立たない場合も多いですが、重度となると明らかに受け口と分かります。

重度の受け口を改善したいなら、外科的な施術が必要になることも多いといえます。

2.受け口には軽度から重度まで症状に程度があります

受け口の症状にも軽度から重度までの程度があります。

土台が変形しているような顎変形症レベルなら、重度の受け口と判断されます。

基本的に骨が要因で受け口になっている場合は、重度と判断されることが多いといえます。

3.軽度や重度なら矯正でも改善できる可能性があります

受け口の症状がどの程度かで、施術方法も変わって来ます。

軽度から重度なら歯に変化を作るような施術が行われます。

例えば矯正器具やセラミックを使った施術もあるようです。

しかし骨格性の問題なら、外科的な施術も必要になることも少なくありません

4.重度だとセットバックなどの外科的施術で改善できます

重度の受け口に対する外科的な施術ではセットバックがあります。

第一小臼歯を抜いて、歯茎ごと移動する施術です。

このような施術を行うことで、子供の頃からの悩みを解消することが期待できます。

1417
Return Top