湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口の定義とは?

受け口の定義は上顎(上歯)に対し下顎(下歯)が前方へ突出した状態のことです


受け口の定義は上顎に対して下顎が前方へ突出した状態となります。

受け口以外の言葉として、下顎前突症や反対咬合、しゃくれと呼ばれることも多いです。

歯や顎に問題があるために、このような症状が引き起こされています。

見た目の問題だけではなく、虫歯や歯周病になりやすく、他にも、発音の問題などがあります。

ひどい受け口で、日常生活にも支障をきたしているならば、外科的施術を含めて対策をした方が良いでしょう。

受け口の定義は上顎より下顎が前へ突出していることです

受け口は、しゃくれや下顎前突、反対咬合と呼ばれることもあります。

定義として、上顎(上歯)に対し下顎(下歯)が前方へ突出した状態のことです。

日本において、顎の変形である顎変形症の中で一番多いという話もあります。

ではこの受け口はどうしてなってしまうのでしょうか?
多くの場合、12~15歳頃、成長時期において下顎が突出することが多いといいます。

多くの人が問題にするのはその見た目でしょう。

ひどい受け口だと、子供の頃からからかわれ、大人になってもコンプレックスを抱えている人も多いものです。

しかし受け口と言っても、少し見ただけでは分からないケースもあります。

表面的に受け口には見えないけれど、歯を見ると受け口だったというケースもあるのです。

この場合、歯よりも顎の骨格に問題があることが多いようです。

下の前歯が上の前歯より前方に出ているため受け口となっています。

下顎がひどく前方へ飛び出ていると、顔の中央がへこんでいるように見えるだけではなく、食事が上手くできないこともあります。

受け口は見た目以外にも、さまざまな問題点があることを理解しておいた方が良いでしょう。

肩こりや頭痛や虫歯の原因にもなるといえます


受け口は見た目以外にも多くのデメリットがあります。

例えば肩こりや頭痛に悩まされている人も多いといわれています。

受け口から起きる肩こりや腰痛や頭痛は、マッサージを受けたり、頭痛薬を飲んだりしてもなかなか改善されないことも少なくありません。

調べてみると受け口が問題だったということもあるほどです。

この理由は歯のかみ合わせが体全体のバランスに影響を与えていることが考えられます。

受け口の歯並びの悪さにより骨格的な体のバランスが崩れて肩こりや腰痛、頭痛などが引き起こされている可能性が考えられるのです。

他にも虫歯や歯周病などの問題は無視できません。

歯並びが悪いと、歯と歯の間に隙間ができていることや、歯磨きをしても隣り合う歯が邪魔をすることで隅まで綺麗にできないケースがあります。

そのため、毎日歯磨きをしても、虫歯になるリスクが高くなるのです。

他にも歯周病や歯肉炎になりやすいため、口臭といった問題も生じます。

歯磨きだけではなく、口を上手く閉じることができず、口内が乾きやすい環境になってしまうのです。

口内が乾燥をしやすい環境であれば、唾液が不足しますので、これも同じように虫歯や歯周病などの問題を引き起こす可能性が考えられます。

受け口の改善では外科的な施術も良いでしょう

見た目や虫歯や歯周病以外にも受け口の問題は多数あります。

受け口の場合、かみ合わせの悪さによって普通とは異なる所に力がかかるため、顎や顎関節への負担が大きくなります。

上手く発音ができないことも多いようです。

特に、さ行やた行などが上手く発音できないため、コミュニケーションに大きな問題点が生じることもあります。

歯のかみ合わせによる問題は受け口だけではありません。

例えば出っ歯でも受け口のような問題が出て来ます。

受け口は下顎が前に突出している状態ですが、出っ歯は上の前歯が前方へ傾斜している状態です。

歯並びがでこぼこしているなら乱杭歯です。

受け口と同じく隅から隅まで歯磨きをきちんと行えないため、虫歯や歯周病リスクが高くなります。

しかし歯並びのような問題は、自然と改善できるものではありません。

施術としては部分的な歯の矯正を行うセラミック治療などが挙げられます。

歯の形や歯並びだけではなく、白い見た目にすることも可能なので、治療を検討してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)受け口の定義とは?

1.受け口の定義は上顎(上歯)に対し下顎(下歯)が前方へ突出した状態のことです

受け口は上顎に対し下顎が前方へ飛び出ているような状態です。

見た目以外にも、日常生活でさまざまな問題を引き起こします。

あまりにひどいなら、専門的な外科施術などを受けることもひとつの選択肢と言えるでしょう。

2.受け口の定義は上顎より下顎が前へ突出していることです

受け口は上顎に対して下顎が前方へ突き出している状態です。

軽い受け口ならば、表面的に分からないこともありますが、歯を見ると、受け口だったというケースもあります。

受け口は見た目以外にも食事が上手くできないなど、さまざまな問題を生じさせます。

3.肩こりや頭痛や虫歯の原因にもなるといえます

受け口では歯並びの悪さが全身の骨格バランスに悪影響を与えます。

そのため肩こりや頭痛を引き起こすケースがあるのです。

歯並びが悪く、きちんと口を閉じられないため虫歯になりやすいという問題もあります。

4.受け口の改善では外科的な施術も良いでしょう

受け口ではかみ合わせの問題で、顎関節への負担が大きくなります。

他にも発音の問題が生じることもあるのです。

かみ合わせの問題は、受け口だけではなく、出っ歯や乱ぐい歯でも生じます。

516
Return Top