湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口で虫歯治療が難しくなることがある?

受け口では虫歯治療や予防が難しくなることがあります


受け口の人は虫歯治療が難しくなることが多いです。

それは、受け口になっている人は、歯並びが悪いことが多いからです。

歯並びの悪さは虫歯治療だけではなく、虫歯予防の邪魔をすることもあります。

歯並びが悪いと、他の歯が邪魔して、歯を綺麗に磨くことができないからです。

虫歯だけではなく、歯周病などの問題も引き起こしてしまいます。

だから受け口の治療を行った方が、虫歯治療もやりやすくなるのです。

虫歯治療が難しくなるといえます

受け口では、虫歯治療が難しくなる場合も多いといえます。

虫歯を治療するためには、歯の患部をしっかりケアしなければなりません。

しかし、受け口の人は歯並びが悪いことが多いので、虫歯になった部位を治療したくても、他の歯によって邪魔されるケースが出てきます。

そのため虫歯治療をする際、削る必要の無い歯まで削らなければならないことも出てきてしまうのです。

そもそも歯並びの悪さで受け口になっている状態は、虫歯予防という観点から考えてみても良いものではありません。

受け口は虫歯や歯周炎になりやすいからです。

かみ合わせが悪いと、口が半開きの状態になることが多くなってしまいます。

口が半開き状態では口内が乾燥しやすいため、雑菌が繁殖しやすい口内環境になるのです。

そのため虫歯や歯周炎のような口内トラブルに発展しやすいと考えられています。

他にも、受け口だと歯と歯の間に隙間ができることが多いです。

そのため、食事をすると隙間に食べかすが入り込み、虫歯になりやすくなります。

すべての歯を均等に使って食べ物を噛むのが困難なため、どうしても決まった歯で噛むことが多くなるのも問題です。

いつも使う歯に負担がかかり汚れるため、虫歯になりやすいからです。

歯磨きが不十分になるので虫歯になりやすいです


受け口は歯並びの悪さから、虫歯や歯周病になるリスクが高いです。

どうして歯並びが悪いと、虫歯や歯周病のリスクを高めることになるのでしょうか?
虫歯はミュータンス菌の働きによって起きるとされています。

人間の口の中には多種多様な菌が住み着いているのですが、ミュータンス菌は、好物である糖分を餌にして活発化し、その際、歯垢を作ります。

その歯垢の中で酸が生成されると考えられています。

歯は酸にとても弱いため、その影響により溶けてしまうのです。

歯は一番表の部分にエナメル質、次に象牙質、そして一番奥に歯髄という構成になっています。

歯髄には多くの神経や血管があり、徐々に歯を溶かし、虫歯が到達すると、あの虫歯特有の痛みが発生するというわけです。

他にも受け口は虫歯だけではなく、歯周病のリスクも高めることにもなります。

歯周病は虫歯と同じく菌により引き起こされ、歯肉が腫れたりもする炎症疾患です。

症状が進行をすれば、歯と歯肉の境目にある歯周ポケットが深くなり、歯の土台が溶けてしまうことで歯が抜けたり抜歯しなければならなくなったりします。

このような状態を引き起こさないためにも、きちんと歯を磨かなければなりません。

しかし歯の治療も難しくなるような歯並びでは、日常的な歯磨きでもきちんと汚れを取り除くことが困難となります。

そのような理由で受け口の人は虫歯になりやすいと考えられるのです。

受け口を改善することで虫歯予防もできるのです

虫歯により発熱や嘔吐が生じるケースもあるといえます。

例えば虫歯が進み骨髄まで虫歯菌に侵食されたとします。

そうなると顎の骨で骨髄炎が引き起こされることがあるのです。

この骨髄炎によって発熱や嘔吐が引き起こされるケースがあります。

虫歯が進行した場合、自然治癒することがないのも注意しなければなりません。

初期症状なら自然治癒はありえますが、骨髄まで進行することにより口内だけではなく、さまざまな不調を引き起こすきっかけになります。

例えば虫歯菌が血液に侵入すると、健康上重大な疾患につながるケースもあるといえます。

このような観点で考えると、虫歯にならないよう、受け口や歯並びといった根本的な原因をまずは解決した方が良いと言えるでしょう。

日常的な歯磨きがしやすくなりますし、虫歯になった時でも治療をしやすいからです。

(まとめ)受け口で虫歯治療が難しくなることがある?

1.受け口では虫歯治療や予防が難しくなることがあります

受け口の人は虫歯治療が困難になることが少なくありません。

なぜかというと、受け口の人は、歯並びが悪いことが多いからです。

虫歯治療だけではなく、虫歯予防という面からも難しくなります。

だから受け口の治療は行った方が良いのです。

2.虫歯治療が難しくなるといえます

受け口では虫歯治療も困難になることがあります。

歯並びが悪いため、削る必要のない歯まで削るケースもあるようです。

歯並びが悪いと、虫歯や歯周炎にもなりやすいです。

受け口だと、口内が乾燥しやすいのも原因となります。

3.歯磨きが不十分になるので虫歯になりやすいです

受け口では歯並びの悪さから虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

虫歯はミュータンス菌によって引き起こされます。

虫歯だけではなく歯周病などの問題にもつながるのです。

受け口は歯並びの悪さから日常的な歯磨きも不十分なため虫歯になりやすいといえます。

4.受け口を改善することで虫歯予防もできるのです

虫歯が骨髄まで進むと骨髄炎が起きて発熱や嘔吐することもあるようです。

虫歯菌がもし血液まで侵入すると、生命に関わる重大な疾患にもつながります。

受け口の施術を行うことで、虫歯を予防でき、もしなっても治療がしやすいのです。

328
Return Top