湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口を悪化させないための対策はある?

受け口になる癖に注意し医療機関に相談することが対策です


受け口を悪化させるのは何気ない癖が関係していることが多いです。

たとえば、頬杖や顎を突き出した形が、受け口の悪化に繋がります。

食事をするとき、片側だけで食べる、口呼吸ばかりを行うことも原因になるのです。

受け口になると見た目以外にも、噛み合わせの悪さによる弊害も無視できません。

そのため対策を行なう必要があるのです。

まず癖を治すだけではなく、早めに医療機関で相談して適切な対策を行わなければなりません。

受け口の対策は癖を治すことです

受け口対策を行いたいなら、何気なくしている癖に注意をしてください。

例えば食事をする時、猫背のような悪い姿勢でいるのは歯並びに影響するため受け口になる可能性があります。

先天的なものではなく後天的に受け口となってしまうのは、多くの場合、生活習慣の影響を受けている可能性があります。

退屈な時など、座っている時、頬杖をつく方も多いかもしれません。

ただ、頬付をしている時、顎を突き出した形を取っている人もいるでしょう。

しかしそのような体勢を続けていると、下手をすれば顎がその状態の形となってしまうため受け口になるとも考えられています。

頬杖以外にも、食べ物を食べる時、いつも口の片側だけで食べてはいないでしょうか?
そのような食べ方についても、片側だけに負担が行くために歯並びが悪くなり、受け口になってしまうようです。

他に、睡眠時、左なら左、右なら右ばかり向いて寝ている人も、同じように片側へ負担が行き過ぎているので歯並びの悪化を招きます。

また、口呼吸にも、注意をしなければなりません。

口呼吸ばかりすると、鼻の働きが悪くなるため、舌の位置が下がることがあるといいます。

下がった舌が舌の歯の裏にあると、日常的に自分の舌で下の前歯を押す形になります。

そのことで受け口になりやすいと考えられているのです。

このように、普段、何も考えず行っている生活習慣や癖にも受け口になる原因が潜んでいます。

受け口にならないためには、この悪癖を意識して注意することが大きな対策となるのです。

不便な生活にならないよう受け口の対策が必要です


受け口の対策をしなければならないのは、どうしてなのでしょうか?
簡単に言うと、受け口では日常生活が不便になることが多くあるからです。

そのため適切な対策を行う必要があります。

そもそも受け口は下の前歯が上の前歯より前方へ出ている状態です。

この状態はかみ合わせが悪いので、日常生活でも不都合なことが生じます。

一般的に受け口が嫌われる理由は、その見た目です。

それ以外にも、食べ物を食べようとしても上手く噛めないことが挙げられます。

言葉を発しようとしても、適切な発音ができないこともあるといいます。

これは子供でも大人という違いでも関係なくある受け口の弊害と言えます。

無視できないのは、下の顎は体全体のバランスを保つうえでも重要な働きをしていることです。

受け口の場合、体のバランスが上手く取れず、普通に歩いているだけでふらついたり、肩こりや腰痛が引き起こされたりするケースもあります。

受け口は見た目の問題だけではなく、快適な日常生活を送るという意味でも対策をしなければなりません。

そのひとつの方法が医療機関での治療です。

例えば軽い受け口でしたら、ブランケットやワイヤーを使用して歯を引っ張ることで矯正できます。

他にもセラミックのような人工歯を使用し、歯並びを矯正することで受け口対策ができるのです。

それが受け口を悪化させないための対策となります。

先天的な受け口も医療機関で対策できます

生活習慣や癖だけではなく、顎の骨格や舌に問題があって受け口になっているケースもあります。

例えば舌小帯という筋が短い場合、受け口になりやすいと考えられているのです。

舌の裏側を見ると筋があります。

これは舌小帯と呼ばれる筋なのですが、短い場合、舌をきちんと持ち上げることができません。

そうすると下の前歯を押し続けることになるので、受け口になりやすいと考えられています。

他にも上顎が狭い場合も、受け口になりやすいといえます。

このようなことが原因となって受け口になっているなら、医療機関での施術が必要かもしれません。

子供の頃から受け口をそのままにしている人のなかには、原因がはっきりと分かっていない人もいます。

紹介した舌小帯が短い、上顎が狭いなどもそうですが、例えば生まれつき唇や上顎に亀裂が入っている人がいます。

このような人も上顎が狭くなる傾向にあるといえます。

しかし、医療知識がない場合、なかなか例に挙げた問題は自分で特定するのは難しいでしょう。

受け口が悪化しないよう、医療機関へ早めに相談し処置することが対策となるのです。

そのことによりひどい受け口をストップすることもできます。

早めに対処をする、それが一番の対策と言えるのです。

(まとめ)受け口を悪化させないための対策はある?

1.受け口になる癖に注意し医療機関に相談することが対策です

受け口を悪化させる癖を止めることが、受け口対策となります。

例えば頬杖や顎を突き出す形、口呼吸なども問題です。

癖を注意することが対策となります。

そして早めに医療機関へ相談することも対策になるのです。

2.受け口の対策は癖を治すことです

受け口を悪化させないために大切なことは、悪化する癖を治すことです。

何気なく行っている頬杖や、口呼吸などが悪化につながるので意識することが大切となります。

癖を治すだけではなく、早めに医療機関へ相談することが対策となるのです。

3.不便な生活にならないよう受け口の対策が必要です

受け口の対策をしなければならない理由は、生活に不便が出るからです。

受け口の根本原因である歯の噛み合わせの問題は、食事や発音など多岐にわたります。

そのために対策を行った方が良いのです。

4.先天的な受け口も医療機関で対策できます

生活習慣や癖ではなく、先天的に顎の骨格や舌に問題があって受け口になっていることも多いです。

このような問題に関しては、受け口が悪化しないよう、医療機関で治療をすることが大切となります。

557
Return Top