湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口は先に手術した方がいいの?

受け口は先に手術する前に虫歯、歯周病の施術と歯列矯正が必要です


受け口を治すときには、先に手術をする前もしくは手術した後に歯列矯正をする必要があります。

なぜならば、先に歯列矯正をすることであらかじめ歯を正しい位置に戻すからです。

虫歯や歯周病がある場合、歯列矯正の前にこれらを治す施術をすることになります。

虫歯や歯周病にならないためにも日頃からケアするように気をつけることが大事です。

受け口の症状によってベストな施術方法は違います

受け口だからといって、どの症状でも先に手術をするわけではありません。

症状によっては、大がかりな手術をしなくても治る場合もあるからです。

外科的矯正施術をする場合というのは、受け口の根本的な理由が歯並びだけではなく、顎骨にある場合です。

骨に問題のある場合、歯列矯正のみの施術では受け口を根本的に治すのが難しいです。

そのため、事前に歯列矯正をしてから外科的矯正施術をします。

例えば、外科的矯正施術のひとつであるセットバック法で施術をする場合、まずは下顎骨を歯がついたまま骨切りをします。

骨切りした下顎骨を後方に移動して、受け口を解消する施術をします。

下顎骨のみ施術をすることもありますが、上下顎のバランスを考えた場合に上顎も同様のことをする可能性があります。

外科的矯正施術では他にも下記の施術方法などもあります。

  • 下顎枝矢状分割法(SSRO)
  • 下顎枝垂直骨切り術(IVRO)

歯列矯正のみで受け口が改善される場合というのは、歯の噛み合わせのみが原因になっているときです。

そんな際には、歯列矯正のひとつであるセラミック矯正がおすすめです。

セラミック矯正の場合、まずは歯の根っこを残しながら削ります。

そして、人工歯のセラミックを削った歯に被せます。

その後、仮歯を外し本番の歯を被せて固定する施術です。

セラミック矯正は、短期間で施術が終わることや金属アレルギーを起こすことがないこと、自分好みの歯の色や素材を選べることなどのメリットがあります。

受け口を放置すると様々な影響があるため早期に施術を行いましょう


受け口のお客様で受け口を治した方がいいのか悩んでいる方もいますが、受け口は歯の他にも、身体全体に影響を与えている可能性があります。

受け口によって引き起こされるとされている症状とは、これらのものがあるでしょう。

  • ものを噛み切る動作が上手くできない
  • 顎関節症になりやすい
  • 「サ行」「タ行」の発音がしにくい
  • 聞き取りにくい話し方
  • 腰痛や肩こりになりやすい
  • 食べ物を上手く噛み砕いて食べることができないため消化不良を起こしやすい
  • 歩いている時にふらつきやすくなる
  • 虫歯になりやすい
  • 口が閉じにくい

現在そのような影響が出ていなくても今後、生活に支障が生じることになる可能性があります。

早期に受け口を治すことをおすすめします。

また、大人になっても受け口を悪化させるようなことをしていないか、自分の行動を振り返ることも大切です。

例えば、指しゃぶりをすることや、舌で下の前歯を押す癖をしているなどの場合は、その癖を治す努力が必要です。

外科的矯正施術をした場合は健康保険が適用できる場合があります

受け口は、条件を満たした場合、健康保険を適用することができます。

健康保険を適用できるのは、顎口腔機能診断施設と指定されている医療機関で顎変形症と認定され、歯科矯正と外科的矯正施術をした場合の両方を満たした方が対象になります。

歯列矯正のみでは対象から外れますので注意してください。

施術する前に自分の受け口は歯列矯正のみで治るのか外科的矯正施術も必要になるのか医師に事前に相談をすることが大切です。

健康保険が適用されない場合の費用は、おおよそ200万円かかることになります。

しかし、健康保険が適用される場合、歯科矯正の費用から外科的矯正施術、それに伴う入院費まで適用されることになります。

その場合は、健康保険の負担が3割の方はおおよそ40万円〜50万円に施術費を抑えることができるので覚えておくと施術する時に役立ちます。

外科的矯正施術をすれば、その後は歯列矯正で受け口を治すことができるようになります。

受け口で悩んでいた生活を良い方向へ改善することが可能になるでしょう。

(まとめ)受け口は先に手術した方がいいの?

1.受け口は先に手術する前に虫歯、歯周病の施術と歯列矯正が必要です

受け口の場合、先に手術をする前に虫歯や歯周病、歯列矯正を治す必要があります。

虫歯や歯周病を先に治さないと、矯正後に感染を起こす可能性があるためです。

また、歯を正しい位置に戻すためにも手術より先に歯列矯正を行う必要があります。

2.受け口の症状によってベストな施術方法は違います

先に手術をすればどの受け口にも効果的というわけではありません。

歯並びのみを矯正して受け口が治るとい場合もあります。

大がかりな施術が必要な場合とは、受け口の原因が歯並びだけではなく顎骨にも問題がある場合です。

3.受け口を放置すると様々な影響があるため早期に施術を行いましょう

受け口は、歯以外にも全身に悪影響を与える可能性があります。

例えば、顎関節症になりやすい、滑舌が悪い、肩こりや腰痛などになりやすいことです。

また、受け口を悪化させてしまうような癖をしていたら、止める努力をすることが大切です。

4.外科的矯正施術をした場合は健康保険が適用できる場合があります

受け口の施術で健康保険が適用される条件とは、顎口腔機能診断施設と指定されている医療機関で顎変形症と認定されることと、歯科矯正と外科的矯正施術をした場合です。

健康保険が利用すれば3割負担の場合、費用を40~50万円にまで抑えることができます。

947
Return Top