湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口や出っ歯は遺伝するの?

受け口や出っ歯などの歯並びは遺伝も関係しています


親と子の顔が似ているように、受け口や出っ歯など歯並びは遺伝も大きく関係しているため、ご両親のどちらかが受け口、もしくは出っ歯であればお子さまも受け口、もしくは出っ歯になる可能性が高くなります。

しかし、受け口や出っ歯などの歯並びは遺伝だけが影響するわけではなく、小さい頃からの習慣や癖など後天的要因の方が強いといわれています。

歯並びに遺伝が影響するのは、3割程度だと言われています

受け口や出っ歯などの歯並びはそのまま遺伝するというわけではありません。

顎の形や大きさ、位置、歯や舌の位置などが遺伝するため、それにより歯並びに影響を与えていくとされています。

このような歯並びの遺伝的要素は、3割程度だと言われています。

歯並びの遺伝的要素自体はそれほど高くないと言えるでしょう。

残りの7割は普段の習慣や癖などが影響してきます。

子どもの歯並びは、乳歯が生え揃う7歳頃にほぼ決定されると言われていますが、その後大人になってからでも歯並びを悪化させるような習慣や癖などがあれば、その影響を受け歯並びは変わっていくでしょう。

また、子どもの頃の家庭環境や、保護者の歯並びに関する意識の高さなども歯並びを左右します。

歯並びを悪化させてしまう習慣や癖にどれだけ気付けるているか、きちんと治すことができるかということが重要なポイントになります。

普段の習慣や癖などが歯並びを悪化させてしまう原因になります


受け口や出っ歯は遺伝だけでなく、生活習慣や癖などが原因で起こることが多いです。

次のような習慣や癖があると、受け口や出っ歯などの不正咬合の原因になります。

当てはまるものはできるだけ早くやめることが大切です。

口呼吸

口をポカンと開けて口呼吸をする習慣があると、唇の筋肉が弱くなって出っ歯になったり、反対にたくさん息を吸うために舌の位置が下がって顎を突き出す癖がつき、受け口になったりすることがあります。

口呼吸は鼻炎などが関係していることもあるため、その場合は耳鼻咽喉科などの受診が必要になります。

舌癖

歯を押すような舌癖があると歯並びを悪化させてしまいます。

舌で下の前歯を押す癖がある場合は受け口に、反対に上の前歯を押す癖があると出っ歯になります。

このような癖は無意識のうちにやっている場合が多いため、一度意識してチェックしてみましょう。

そのほか、うつ伏せで寝たり頬杖をついたりといった習慣があると、歯並びを悪化させてしまいます。

受け口や出っ歯は早めに改善しましょう

受け口や出っ歯などの歯並びはデメリットがたくさんあるため、できるだけ早めに矯正などを行って歯並びを改善していくことをおすすめします。

早めに歯並びを改善することで多くのメリットを得ることができ、受け口や出っ歯などの不正咬合のデメリットを防ぐことにつながります。

笑顔に自信が持てるようになる

歯並びを改善するメリットとして、「見た目の改善」が一番大きいのではないでしょうか。

見た目が改善されることでコンプレックスが解消され、人と話したり笑ったりすることに抵抗がなくなり、精神的なストレスからも解放され笑顔に自信が持てるようになるでしょう。

お口の健康の向上

歯並びや噛み合わせが悪いと食べ物が詰まりやすく、歯のお掃除もしにくいため虫歯や歯周病になりやすいというデメリットがあります。

歯並びを整えることでお口の中を清潔に保ちやすくなります。

また、噛み合わせが悪いと特定の歯に大きな力がかかり、その歯を支えている骨がダメージを受け溶けやすい傾向にあります。

身体の不調の改善・軽減

噛み合わせが悪いと慢性的な頭痛や肩こりが起こりやすいですが、矯正することで噛み合わせも整い、これらの症状の改善・軽減につながります。

また、歯並びや噛み合わせが悪いと食べ物をうまく噛み砕けないまま飲み込んでしまい、胃腸に負担がかかり消化不良などの原因になります。

矯正することで噛みやすくなり、しっかりと食べ物を噛み砕くことができるようになるでしょう。

(まとめ)受け口や出っ歯は遺伝するの?

1.受け口や出っ歯などの歯並びは遺伝も関係しています

受け口や出っ歯などの歯並びは遺伝も関係がありますが、遺伝だけでなく普段の習慣や癖なども歯並びを悪くしてしまうことがあります。

不正咬合を治すためには施術するだけでなく、歯並びを悪化させる習慣や癖も改善することが大切です。

2.歯並びに遺伝が影響するのは、3割程度だと言われています

受け口や出っ歯などの歯並びそのものが子供に遺伝するのではなく、顎の大きさや形、骨格や歯の大きさなどが遺伝することで、歯並びが親と似てきます。

しかし、遺伝的要素は3割程度で、残りの7割は子供の頃の習慣や癖などの後天的要素です。

3.普段の習慣や癖などが歯並びを悪化させてしまう原因になります

受け口や出っ歯などの歯並びの原因は後天的要素の方が強いため、習慣や癖に注意しましょう。

口呼吸や舌癖、うつ伏せ寝や頬杖などは歯並びの悪化につながり、顎関節症にもなりやすくなります。

そのような習慣や癖がないかチェックしてみましょう。

4.受け口や出っ歯は早めに改善しましょう

受け口や出っ歯などの歯並びを矯正で治すと、コンプレックスの解消や慢性的な肩こりなどの改善、歯の寿命を延ばすことにもつながります。

不正咬合は虫歯や歯周病になりやすく、全身の健康にもかかわるため早めに治すことをおすすめします。

2390
Return Top