湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口は食べる時にくちゃくちゃ音が立つ原因になる?

受け口は食べるときにくちゃくちゃ音が立つ原因になると考えられています


受け口は「反対咬合」「下顎前突」などとも呼ばれており、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態です。

そのため、食べ物を咀嚼するときに唇がしっかりと閉じることができず、くちゃくちゃと音が漏れてしまう可能性が高いと考えられます。

くちゃくちゃと音を立ててしまう原因は、受け口が原因とは限らず、口呼吸や幼少からの癖なども挙げられます。

受け口が食べる時にくちゃくちゃ音が立つ原因になることがあります

受け口は下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態であり、他に「反対咬合」「下顎前突」などと呼ばれることがあります。

つまり、受け口は歯並びや咬み合わせに問題があると考えられ、しっかりと口を閉じることができない場合があるのです。

それは食事の際にも言えることであり、食べ物を咀嚼する時に上唇と下唇の間に隙間が空いている可能性が高く、くちゃくちゃという音が立つ原因になり得ると考えられます。

受け口と似たような症状の「出っ歯」でも同様のことが言えます。

ただ、受け口でない人が必ずしも食事の際にくちゃくちゃと音を立てないかというと、そうではありません。

食べる時にくちゃくちゃと音が出てしまう原因は、受け口だけではないからです。

例えば、花粉症や鼻炎、アレルギーを持っている方も、食べる時に音を立ててしまう傾向にあるといいます。

これは、鼻づまりからくる口呼吸が原因だと考えられています。

また、口周辺の筋肉が弱い場合も、鼻呼吸がし辛く口呼吸の習慣になってしまいがちだといわれています。

普段から口呼吸をしていると、食事の際も自然に口を開けてしまい、咀嚼音が漏れてしまうのです。

他にも、幼少からの食べ方の癖などもくちゃくちゃと音が立つ原因と考えられています。

音を立てて食べる人はマナーが悪いという印象を与えてしまいます


たとえわざとでなくても、食べる時にくちゃくちゃと音を立ててしまうのは、一緒に食事をする相手に対し「マナーが悪い」という印象を与えてしまいかねません。

食事の際にくちゃくちゃと音を立てて食べる人は、別名で「クチャラー」と呼ばれていたりもしますが、これは、食事マナーが悪い人への皮肉の意味が込められた俗称だといえます。

つまり、「クチャラー」は多くの人から苦手とされていると考えてよいでしょう。

実際、あるアンケート調査によると、「食事のマナーで気になることは?」という質問に対し、「音を立てて食べること」と回答した人が30代以下の世代では圧倒的に多かったといいます。

実に半数近くの方が食事中のくちゃくちゃという音を気にしているという結果となっており、「大声でしゃべること」や「箸の持ち方が違っていること」、「食前食後の挨拶をしないこと」よりも上位にランクインしているという事実は見逃せません。

特に、初対面の相手や大切な商談の場などでは食事のマナーは非常に重要なポイントとなるでしょう。

「クチャラー」であることは、相手に不快感を与えてしまう可能性があるということを覚えておきましょう。

受け口を改善することで咀嚼音が気にならなくなる可能性があります

食べる時にくちゃくちゃと音を立てて食べる「クチャラー」が、マイナスイメージであることはお分かり頂けたと思います。

では、「クチャラー」でなくなるためには、どのような方法をとればよいのでしょうか?

受け口を改善する

咬み合わせの問題は、食事の際の咀嚼音と密接な繋がりがあるといえます。

歯列矯正や外科的な施術を行うことで受け口を改善する必要があるでしょう。

「セラミック矯正」や「セットバック法」などが代表的な施術となります。

口呼吸を改善する

花粉症や鼻炎、アレルギーなどが原因の口呼吸である場合、原因である症状を緩和させることを考えた方がよさそうです。

口周りの筋肉が弱いことが原因である場合、「口輪筋」をトレーニングして鍛えることで口呼吸が改善される可能性があります。

食べ方を改善する

幼少の頃からの癖が原因でクチャラーになっている場合、今から食べ方を改善していきましょう。

ポイントは、一気に多くの量を食べようとしないこと、ゆっくりと丁寧に噛むことなどです。

(まとめ)受け口は食べる時にくちゃくちゃ音が立つ原因になる?

1.受け口は食べる時にくちゃくちゃ音が立つ原因になると考えられています

受け口というのは、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態のことを指しますから、食べ物を咀嚼する時に唇をしっかりと閉じることができない場合があります。

そのため、食べる時にくちゃくちゃ音が立つ原因になってしまうことがあります。

2.受け口が食べる時にくちゃくちゃ音が立つ原因になることがあります

受け口は歯並びや咬み合せに問題があると考えられており、食べ物を咀嚼する際に上下の唇をしっかりと閉じることができない場合があります。

そのため、くちゃくちゃという音が立ってしまう可能性が高いのです。

3.音を立てて食べる人はマナーが悪いという印象を与えてしまいます

食べる時にくちゃくちゃと音を立てて食べる人は、皮肉の意味を込めて「クチャラー」と呼ばれています。

30代以下の世代ほど「クチャラー」を苦手とする傾向が強く、大声を出すことや箸の持ち方などのマナー以上に気にしている人が多いといわれています。

4.受け口を改善することで咀嚼音が気にならなくなる可能性があります

くちゃくちゃと音を立てて食べる「クチャラー」でなくなるためには、受け口を治すことや口呼吸を鼻呼吸に変えること、食べ方の癖を改善することなどの方法が挙げられます。

974
Return Top