湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口の最短治療ってどんなもの?

受け口の最短治療はセラミック矯正です


受け口の最短治療はセラミック矯正だと考えられています。

従来の歯科矯正法であるワイヤー矯正は、2年~3年程度の期間を必要としますが、セラミック矯正であれば数か月単位で受け口を治すことが可能で、早い場合は2か月以内で矯正が終わることもあります。

また、治療の期間中も見た目を気にする必要はありませんし、審美性の高さも魅力的です。

セラミック矯正が受け口の最短治療だと考えられています

受け口がその人に与える悪影響には様々なものが考えられます。

そのため、受け口はなるべく早く治すことが望ましいといえるでしょう。

では、受け口の最短治療とはいったいどのようなものなのでしょうか?

受け口の最短治療として挙げられるのは、セラミッククラウンと呼ばれる審美性の高い歯を用いる「セラミック矯正」です。

セラミック矯正では、歯並びを改善したい箇所や周辺の歯を削り、その上からセラミッククラウンを被せることになります。

場合によっては抜歯をしなければならないこともありますが、施術にかかる期間が非常に短いことがメリットといえます。

従来のワイヤー矯正の場合、2年~3年程度かかることがあるといいます。

それに比べ、セラミック矯正は数か月以内で受け口を治すことが可能で、早ければ2か月以内で施術を終えることができます。

ワイヤー矯正では、治療期間中にワイヤーやブラケットを装着する必要がありますが、セラミック矯正は見た目に影響を与えることなく受け口を改善することが可能です。

短期間で審美性の高い歯並びを実現することができるおすすめの施術法です。

受け口は日常生活において様々な悪影響を及ぼす可能性があります


受け口は早い段階で改善することが望ましいといわれていますが、それにはきちんとした理由があります。

ここでは、受け口が日常生活に与える悪影響を挙げていきたいと思います。

外見に自信が持てない

受け口は上の歯列よりも下の歯列の方が前に突き出している状態のため、しゃくれたような横顔である場合が多いです。

口元にコンプレックスを抱く方が多く、外見に自信が持てないという審美的な問題が挙げられます。

消化不良を起こす

受け口は「反対咬合」ともいわれており、上下の歯の噛み合わせが悪い状態だといえます。

噛み合わせが悪いと、食事の際に食べ物を咀嚼する能力が劣り、唾液の分泌量も通常より少なくなってしまいます。

結果、胃や腸に負担がかかり消化不良を起こしてしまう可能性が出てきます。

精神的に不安定になる

受け口は外見に自信が持てないことはもちろん、身体の全体的なバランスにも悪影響を及ぼすといわれています。

自律神経が乱れることにより精神的に不安定になりやすく、頭痛や肩こりなどの症状を起こす可能性もあります。

セラミック矯正の施術後の痛みは痛み止めで抑えることが可能です

「歯の治療は痛い」というイメージから、歯医者が嫌い・苦手という人が少なくないでしょう。

では、実際、受け口の最短治療法であるセラミック矯正には痛みはあるのでしょうか?

セラミック矯正の施術においては、麻酔をかけて行うため、施術の最中に痛みを感じることはほとんどないと考えられます。

麻酔を打つ時には注射を使用するため、針を刺す時にチクリとした痛みを感じることがありますが、これも、事前に表面麻酔クリームを塗ったり、刺す場所を冷却しておいたりすることである程度防ぐことが可能です。

また、施術では歯を削りますから、それにより象牙質が痛みを感じてしまうことがあります。

麻酔が切れてからこの痛みを感じることがありますが、大体2週間前後でなくなっていくと考えられます。

施術の期間中は痛み止めを飲むことで痛みを抑えることが可能になりますから、我慢は禁物です。

2週間以上痛みが続く場合は、歯科医師に相談することをおすすめします。

(まとめ)受け口の最短治療ってどんなもの?

1.受け口の最短治療はセラミック矯正です

受け口の最短治療はセラミック矯正だと考えられており、平均2年以上かかるワイヤー矯正に比べ、早ければ2か月以内で受け口を治すことが可能だと言われています。

治療期間の短さだけでなく、審美性の高さもメリットです。

2.セラミック矯正が受け口の最短治療だと考えられています

受け口を早く治したい時の最短治療は「セラミック矯正」です。

歯を削り、審美性の高いセラミッククラウンを被せる施術になりますが、早ければ2か月以内に受け口を治すことが可能です。

短期間で美しい歯並びを実現できるためおすすめです。

3.受け口は日常生活において様々な悪影響を及ぼす可能性があります

受け口が日常生活において与える悪影響には様々な物が考えられています。

まず、外見に自信が持てないといった審美的な問題を起こすことが挙げられます。

また、消化不良を起こしたり、自律神経が乱れたりなど身体面、精神面への悪影響も考えられます。

4.セラミック矯正の施術後の痛みは痛み止めで抑えることが可能です

セラミック矯正の施術中は麻酔をかけるため痛みを感じることはほとんどないといえますが、施術後、麻酔が切れた時に象牙質が痛みを感じることがあります。

その場合、痛み止めを飲むことで痛みを抑えることができますから、我慢しないことが大切です。

842
Return Top